ベンチをDIY!座って良し、物を置いて良しの実例&アイデア

ちょっとした時に腰掛けたり、ゲストが来た時のサブチェアとして使ったり、グリーンや雑貨を置いたり。一家に一台あると、様々な場面で活躍する“ベンチ”。用途やインテリアに合わせて、自作してみませんか?

ベンチをDIY!座って良し、物を置いて良しの実例&アイデア

座って良し、物を置いて良しのベンチを、身近な材料で、意外と簡単に作り上げている実例をピックアップ。どれもアレンジが可能なレシピなので、リビングや玄関、ガレージや庭など、使う場所に合わせてサイズを変えたり、インテリアに合わせてカラーや質感をアレンジしたりしてみてくださいね!

2バイ材を活用!

だいたいどんなホームセンターでも扱っている2×4材を中心とした2バイ材。重量はあるものの、加工がしやすく、何よりリーズナブルなのが魅力。ここではねじ打ちで組み立てていますが、専用のコネクターなどを使えばさらに簡単になりますよ!

2×4材のみを組み合わせて

2×4材のみを組み合わせて
手に入れやすく、加工もしやすい2×4材を使った、ベンチの作り方。思いつきそうでつかなかった2×4材の使い方です!

シンプルな背もたれ付きベンチ

シンプルな背もたれ付きベンチ
2×4材だけで作ったガーデンベンチ。シンプルデザインなので、塗装次第でいろいろなインテリアにマッチしそうですね。

2×4材オンリーでここまでできる

2×4材オンリーでここまでできる
こちらも2×4材のみで作られていますが、肘置きや背もたれも付いたさらに本格的な造り。でも、意外と作り方は単純!

たっぷり収納付き! 2バイ材のみ

たっぷり収納付き! 2バイ材のみ
2×4材、2×6材などを使って、背もたれの上部と裏側に物置きスペースを設けたもの。見た目よりも難しくないですよ。

インダストリアル派は異素材をMIX

コンクリートやガス管など、クールな印象を与える工業用マテリアルと木材の組み合わせは、製作工程をラクにしてくれるだけでなく、見た目もかっこよく仕上がって一石二鳥。木材も、白木のままよりオイルやワックスで味を出してあげると相性がアップします。

ブロックと角材で簡単に!

ブロックと角材で簡単に!
ブロックを重ねて専用接着剤で固定し、穴の大きさに合う角材を差し込んだだけの簡単構造。カラーで個性を出して。

背もたれナシならさらに簡単

背もたれナシならさらに簡単
こちらはさらに簡単なバージョン。長さや奥行きを自由にアレンジできるのがいいですね。クッションを敷けば室内もイケそうです。

ガス管の脚でインダストリアルに

ガス管の脚でインダストリアルに
ガス管を組み立て、てこの原理で座面を固定するアイデア。無骨な雰囲気がかっこいいです。
座る目的がメインなら、素材に合う接着剤を使ってパーツ同士をしっかり接着しましょう。物置き目的だったり、しょっちゅう移動したり、必要な時だけ出して使いたい場合は、固定せずに解体できるようにしておくのもアリですね!

IKEA家具のアレンジが人気!

IKEAのDIYリメイクは人気ですが、ベンチにまつわるアイデアも豊富。別の用途の家具をベンチにアレンジしたり、もともとのベンチを素敵にカスタムするものなど、DIYer(s)で人気のアイデアはこちら。

IKEAの棚をベンチソファにリメイク

IKEAの棚をベンチソファにリメイク
本来はシンプルな棚ですが、ベンチとして活用。収納付きで、使い勝手もばっちりですね!

IKEAのソファクッションを活用

IKEAのソファクッションを活用
板材で骨組みを組んだら、IKEAのアウトドア用クッションを組み合わせて、ソファベンチの出来上がり!DIYとは思えない完成度ですね。

タッカー1つで編み込みレザーの座面をDIY

タッカー1つで編み込みレザーの座面をDIY
こちらもIKEAのリメイクアイデア。シンプルな白木のベンチの座面を、編み込みレザーの座面にイメチェンしています。使う道具はタッカー1つ。簡単です!
いかがでしたか?自分好みのベンチのDIY、ぜひトライしてみてください!
19 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!