お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!

「浴室のデザインを変えたい」「もっと使いやすくしたい」と、風呂場のリフォームを検討している方向けに、リフォームの相場や流れ、施工例を紹介します。コストを抑えた内装のDIY事例も併せて紹介するので、参考にしてみてください。

公開日 2020.08.04

更新日 2020.08.04

お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!

バスルームを快適にしたい!

お風呂場は体の汚れを落とし、リラックスできる時間を提供してくれる大切な場所です。しかし、ライフスタイルの変化や、より快適な空間を求めてリフォームを検討する方が増えています。
そこで、お風呂場のリフォームを考えている方向けに、浴室リフォームの費用相場や工事の種類、浴室リフォームの知識をまとめました。また、さまざまなリフォーム事例も紹介します。事例を参考にして理想の浴室をイメージしてみてください。

浴室リフォームの費用相場の目安

古くなったお風呂をリフォームする場合の相場は60万〜90万円程度です。さらに機能やデザイン性を求めるのであれば90万〜120万円程度、最新機能の付いたオリジナルのお風呂を目指すのであれば140万円程度の費用を見込んでおくと安心でしょう。ただし、住宅のタイプやお風呂の広さ、工事の種類によっても変化します。そこで、より具体的な相場を知っていただくために、施工内容別の相場をまとめました。

一戸建てのお風呂をリフォームする場合の費用相場【施工内容別】

ユニットバス自体の価格は20万~50万円がボリュームゾーンで、それに工事費用が加算されるため、一戸建て住宅でお風呂をリフォームする費用は100万~120万円が相場です。一戸建の場合、マンションや賃貸物件と比べて浴室が広いため、浴槽サイズが大きくなる傾向にあります。
一戸建てのリフォームでは、在来工法とユニットバスで相場に差が出ます。まず、在来工法は昔から採用されているお風呂場の建築手法で、レイアウトやリフォーム箇所を自由に決定できる点が特徴です。それに対してユニットバスは、最近開発された建築方法で、浴槽・床・天井のパーツを運び込んで組み立てます。素早くお風呂場を作るのに適していると言えるでしょう。

■ユニットバスにリフォームする場合の相場
既存のユニットバス(システムバス)からユニットバスへリフォームする場合、「在来工法→ユニットバス」の工程のうち、既存浴室の解体処分する費用が抑えられます。20万~30万円程度が基礎的な工事費用の相場です。ここに新しく設置されるユニットバスの費用が加算されます。
お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!
■在来工法でリフォームする場合の相場
一戸建ての浴槽を在来工法でリフォームする場合、約30万~400万円が相場です。在来工法はリフォームの自由度が高いため、浴槽の材質によって価格に幅が出ます。ユニットバスからユニットバスにリフォームする場合よりも一般的に高くなると考えておきましょう。「ひのき風呂」など特殊な内装を選択すると200万円以上かかることも珍しくありません。

■在来工法に使用する素材別の相場
浴室の素材も相場に影響します。たとえば、人工大理石であれば、ポリエステル系は40万円以下、アクリル系は50万〜100万円程度を見ておくと安心でしょう。鉄の強度とガラスの透明感を持つホーロー素材だと10万〜120万円、ステンレスは30万円以下など素材によって大きく差が出ます。

賃貸物件のお風呂をリフォームする場合の費用相場【施工内容別】

賃貸物件のお風呂をリフォームする場合、部分リフォームと全体リフォームで費用が異なります。
相場は10万~100万円と幅がありますが、これは備品単位のリフォームも含んでいるためです。ここではそれぞれの施工内容に分けて紹介します。

■全体リフォームの相場
全体リフォームの場合は、50万~100万円が相場です。ユニットバスの中心価格帯である50万~150万円に、浴槽交換の費用10万~50万円を加えることで計算できます。最高級のユニットバスに変更すると、費用が最も高い200万円前後かかるケースもあるなどユニットバスの価格に左右されることも珍しくありません。

■部分リフォームの相場
部分リフォームはお風呂の一部分を対象とするため、比較的リーズナブルな価格で施工できます。場所によって価格に差がありますし、素材や浴室の広さによっても費用が変化するケースがあるので、事前に導入する設備や素材の価格を調べておきましょう。各部分リフォームの相場は以下の通りです。
・浴室塗装 10万~25万円
・壁、床、天井の張り替え 10万~ 50万円

■備品単位でのリフォームの相場
賃貸であれば備品単位でのリフォームをすることも可能です。こちらは自分で対応できれば、工賃分リーズナブルにリフォームできます。備品単位のリフォーム内容も過去にご紹介しておりますので、ぜひ確認してみてください。

・浴室ドア交換 5万~15万円
・シャワーヘッド、水栓の交換 2万~5万円
お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!

お風呂のリフォームで補助金を利用するには?

浴室のリフォームは費用が高額になることもあります。高額なリフォームの負担を少しでも節約するためにも、活用できる補助金制度を検討してみてはいかがでしょうか。少なくとも介護リフォーム(介護保険)、自治体が独自に行っている制度は押さえておきましょう。ここではそれぞれの助成金について解説します。

介護保険の補助金

介護目的でお風呂をバリアフリーリフォームする場合、介護保険の補助金を利用できます。手すりの取り付けや段差の解消、滑りにくい床への変更や扉の交換など、上限20万円までのリフォームが対象です。利用者が介護認定を受けている、自宅で生活しているなどの条件がありますが、補助金制度の中では比較的利用しやすいと言われています。
お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!
利用方法は、リフォームを行う施工会社と契約した後、住宅改修費支給申請書や住宅改修理由書などの書類を市区町村に提出してください。工事が完了した後、市町村に支給申請書類を提出すると住宅改修費を受け取れます。

自治体のエコ・省エネ・断熱リフォーム助成金

自治体によって異なりますが、省エネ化や同居対応や子育て世帯に向けたリフォームなどを適用対象とする助成金を利用できる可能性があります。詳しい内容は地域自治体のウェブサイトで確認してください。その際には共通の注意点があるので、下記について留意しておきましょう。

・申請は工事が始まる前に行う。
・リフォーム業者によっては適用不可の場合がある。
・工事完了の報告をしなければならない補助金もある。

お風呂リフォームの施工事例

相場を確認し終えたところで、実際の施工事例を紹介します。実際にリフォームでどのような浴室が手に入るのかを想像しながら確認してください。

シックな雰囲気の壁パネルが魅力なお風呂リフォーム

在来浴室からユニットバス「スパージュ」に変更したLIXILの事例です。浴槽の広さが1.5倍になりゆとりが生まれました。また、従来の古めかしいタイルのお風呂から、タイルパネルと調光調色照明に変更することでシックな落ち着ける雰囲気を演出しています。戸建ての全体リフォームなので、相場よりも高い290万円のリフォームですが、使用しているユニットバスのグレードを考えると妥当でしょう。

コンテストにも入賞! 一戸建てのこだわりお風呂リフォーム

こちらはTOTOのリフォーム事例で、築37年の一戸建てのお風呂を近代的な作りに変更しました。漆喰の左官仕上げや、継ぎ目のない壁も特徴的です。一部の壁には天然の十和田石を使用するなど、強いこだわりが見えます。
このオシャレなデザイン性が評価され、コンテストにも入賞しました。一戸建てのため施工期間は70日、費用は160万円とこだわりのリフォーム例です。

エコを意識したお風呂リフォーム

こちらはエコを意識したTOTOの「サザナ」を使用していますが、掲載されているのはリフォームコンタクトのWebページです。工期は6日間、費用は120万でした。浴槽は2重断熱構造なので保温性に優れています。エコを意識した浴室というだけあってお財布にも優しいリフォーム事例です。

総予算40万円台のリーズナブルなお風呂リフォーム

LIXILの部分リフォーム事例です。マンションの浴室の壁を白から高級感のあるシックな光沢パネルに変更することで、お風呂の雰囲気が引き締まりました。また、シャワーも利便性の高い製品に交換することで、使用しやすさも高くなっています。工事日数2日で、総額費用は40万円とリーズナブルです。

在来工法のお風呂をユニットバスにフルリフォーム

こちらはパナソニックのオフローラを使用し、在来工法の浴室をユニットバスに変更した戸建てのリフォーム事例で、リノコに掲載されています。施行期間は21日間、費用は115万円でした。表面が硬くてなめらかながら光沢感もある素材を採用したことで、汚れやキズがつきにくいお風呂を実現しました。

お風呂のリフォームにかかる期間の目安、DIYや設備単位でのリフォーム方法【関連コンテンツ集】

お風呂のリフォームにかかる費用の相場がわかると、施工期間やほかの方法でリフォームができないかも気になるところです。そこで、最後に関連コンテンツについて紹介します。

浴室リフォームの施工期間について

既存のお風呂場がタイルを使用したものか、それともユニットバス(システムバス)なのかによって施工期間が変わってきます。ユニットバスにリフォームする場合の期間とスケジュール例の紹介がメインです。

お風呂をDIYでリフォームする方法

お風呂のタイルや床はDIYで張り替えられます。自力でリフォームをすると格安で済ませられる点がメリットです。リーズナブルながらもできることは意外と多いため、DYIでできるリフォーム事例をいくつか紹介します。
浴室のパネルをDIYでリフォームする方法を紹介しています。おすすめの浴室用壁パネルを紹介するなど、壁のリフォームに特化した内容となっているので、浴室の壁をDIYで挑戦したい人は一読してみてください。
お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!

設備単位でお風呂をリフォームする場合

開き戸、折り戸、引き戸、ご自身のお風呂場に合ったドアをもう一度考えてみませんか?
ドアをリフォームすると掃除のしやすさや、出入りのしやすさが改善されます。ドアのリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。
シャワーの蛇口など細部にもこだわりたい人は単水栓、サーモスタット混合栓がおすすめです。単水栓は見た目がシンプルで、サーモスタット混合栓は機能面も充実しています。蛇口のオシャレを求めている人は必見です。
窓ガラスを割れにくい防犯ガラスにしたり、内側にもうひとつ窓サッシを付けたりすることで、泥棒などが侵入しにくくなります。窓の目隠しに悩んでいる人向けのお役立ち情報が満載です。
お風呂のリフォーム費用の相場はいくら? 施工例やお役立ち情報をご紹介!
お風呂をリフォーム相場は決して安くはありません。まずは、全体リフォームをするのか部分リフォームをするのかを決めるところから始めましょう。リフォーム後のイメージがわかないという方は、「ここが不便だな」「こうだったらいいのにな」といった日常の不満を、優れたデザインで解決するカシワバラ・コーポレーションのリフォームサービスも検討してみてください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク