【開運トイレの作り方】風水的によい色って?インテリアで運気を上げるコツ

トイレの風水にスポットを当て、運気をアップさせる色や方角などをまとめました。トイレマットや便座カバーなどはどのカラーにすべきか、取り入れるとよいインテリアはあるかなど、具体的な事例を用いて開運トイレの作り方を紹介します。

公開日 2021.03.20

更新日 2021.03.20

【開運トイレの作り方】風水的によい色って?インテリアで運気を上げるコツ

風水とは、中国で古くから伝えられている環境学のこと。住宅では、方角ごとに適切なカラーのインテリアを配置すると運気がアップすると言われており、水回りや玄関のデザインに風水の考え方を取り入れる人も多くいます。この記事では、方角に合った風水のカラーを解説しながら、運気のよいトイレを作るポイントを紹介します。これからトイレのリフォームをする人や、インテリアのデザインに悩んでいる人などは、ぜひ読んでみてください。

金運や健康運に影響あり?風水的によいトイレを作る3つのポイント

トイレは金運や健康運に影響を与える場所と、風水的には言われています。また、家の全体の運気を左右する大切な場所でもあるので、常に清潔に保っておくのが理想的です。ここでは、風水的によいトイレをつくるポイントを3つピックアップし、詳しく解説していきます。

できれば毎日やるのが理想。こまめな「掃除」と「換気」はマスト

トイレは風水で「不浄の場、不浄の空間」と呼ばれており、邪気の発生源であると言われています。汚れたままにしておくと家の運気を下げることにもつながるため、こまめに掃除をすることが大切です。

毎日ピカピカに掃除をする必要はありませんが、ホコリを拭き取る、床・壁・便座を拭く、便器を洗うなど、基本的な清掃は毎日行うのが理想的でしょう。窓がある場合はこまめに換気を行い、窓がない場合は常に換気扇を回しておくだけでも効果があります。トイレは陰の気が発生しやすいと言われているため、家中に悪い気が流れこまないよう、まめに空気を入れ換えるとよいでしょう。

方位・間取りは風水の基本!これから作るトイレは「鬼門」「裏鬼門」を避けよう

風水では、方角ごとに相性のよい部屋があり、適切な間取りにすることで運気をアップできると言われています。「東南にリビングを配置すると対人運がアップする」「南に子ども部屋を作ると集中力がダウンする可能性がある」など異なる特性があるため、それぞれの部屋の吉方位・凶方位をチェックするとよいでしょう。

ただトイレの配置については、吉方位がありません。これから家を建てる人は、なるべく凶方位を避けて、トイレを置ける間取りにしましょう。
鬼門と呼ばれる北東や、裏鬼門と呼ばれる南西にトイレを配置するのはあまりオススメできません。また、「トイレの正面に玄関やキッチンを配置する」「トイレのドアとほかの部屋のドアを向かい合わせにする」「トイレ付近に神棚や仏壇を置く」などの間取りも運気を下げやすいと言われており、注意が必要です。

トイレに使う色や照明は「明るい印象」で揃えるのが吉

トイレマットや便座カバーなど、トイレのインテリアに使うカラーは明るい色で揃えるのがオススメ。陰の気が溜まりやすいトイレで暗い雰囲気にしてしまうと、運気を下げる恐れがあるからです。ダークカラーのインテリアや壁紙などは避け、パステルカラーやホワイトなど、明るく温かみのあるカラーを選んでみてください。照明もムーディな暗めのものよりも、しっかりと照度のあるものがベターです。

また、部屋の方角や上昇を望む運気、どのパーツへ使用するかなどによって、取り入れるべきカラーは異なります。ここからは、具体的にどのカラーを選ぶべきか、方位や具体的なインテリアなどに注目して解説していきます。

うちは何色がベスト?トイレの方角別、「風水的オススメカラー」一覧

まずは間取り図などによって家の中心を探し、そこからトイレがどの方角に位置しているのか確認しましょう。方角と相性のよいカラーを取り入れれば効率よく運気をアップでき、悪い気が溜まるのを防いでくれます。
オススメは、床や壁紙など、広い面積を占める箇所に該当のカラーを使用すること。壁紙変更リフォームは、業者に依頼して行うだけでなくDIYでも施工は可能です。小物類などを、風水カラーに買い換える機会に合わせて、思い切って張り替えDIYを検討するのもよいでしょう。

【トイレの方角別オススメカラー】
・北:ピンク、白、アイボリー、ベージュなど。水の気を持つ方位で、北のトイレは冷えやすいと言われています。暖かい雰囲気のカラーが適しています。
・北東:白、グリーンなど安定した控えめな色、またはホワイトに差し色で赤など。北東は変化の方位とも呼ばれ、気を乱すと家全体の運気がダウンすることもあります。安定感のある明るいカラーをベースにするとよいでしょう。

・東:ライトグリーン、水色など。木の気をも持つ方位で、自然を表す薄めの色を取り入れるのがオススメです。観葉植物とも相性がよい方位です。
・南東:オレンジ、黄緑、オリーブなど。風を取り入れる方位と言われ、香りにも気を配るとベターです。こまめに掃除を行い、臭いが発生しないように注意しましょう。

・南:グリーン、ホワイト、黄色など。火の方位と言われ、水の気を持つトイレを設置すると、気のバランスが崩れやすくなることも。なるべく強い色は避け、ナチュラルなカラーを取り入れましょう。

・南西:黄色、黄緑、茶色など。地面を表す方位なので、ナチュラルなアースカラーが吉。南西は裏鬼門なので、観葉植物や花、盛り塩などのラッキーアイテムと組み合わせるのもオススメです。

・西:ピンク、パステルイエロー、白など。西は金の方位と呼ばれ、金運や健康運を司ります。明るいカラーを取り入れ、まめな掃除や換気で清潔に保つとよいでしょう。

・北西:ベージュ、淡いピンク、白など。北西は部屋の中でもくすみをなくしておくべき場所と言われており、クリアなカラーや、格式高いデザインなどと相性がよいものです。

小物の色使いでも運気アップを目指せる!パーツ別のオススメカラー&NGカラー

トイレのカラーを決める時は、方角だけでなくインテリアの種類にも気を配ると、より運気アップを目指せます。ここでは、小物や雑貨を選ぶ時に気をつけたい、パーツ別のオススメカラーを紹介します。

トイレカバーやトイレマット、スリッパなどの色・柄は「上げたい運気」で選ぶ

恋愛運や金運など、アップしたい運気が決まっている時は、それらに適したカラーをトイレカバーやマット、スリッパなどに取り入れてみてください。金運をアップしたい人はイエロー、パステルクリームなどの黄色系、紫などがオススメです。
健康運はグリーン・アイボリー、恋愛運はパステルピンク、オレンジなど。トイレカバー、トイレマット、スリッパ、タオルなどを同じカラーで合わせるとより効果を発揮しやすくなります。風水的には、トイレマットを使用した方が運気を上げやすいため、より風水の効果を得たい人は敷いておくのが望ましいでしょう。

絵を飾るなら「明るい暖色系」がオススメ

トイレに絵を飾り、空間を明るい雰囲気にするのも運気アップのポイントです。被写体やテイストは自分がよいと思ったもので構いません。ただなるべく明るい雰囲気で、暖色系の風景画を選ぶと運気を上げやすいでしょう。
なお、トイレに写真を飾ることは、運気を下げてしまう恐れがあるので避けましょう。写真ではなく、絵を飾るよう気を付けてください。

加えて、絵を飾る場所としては、気の通り道であるドア以外の箇所がベターです。
また、トイレの方角によっても相性のよい絵があります。例えば、東向きのトイレはマンガタッチのイラストや日の出の絵、南向きのトイレは自然豊かな風景などです。方角ごとのラッキーカラーを使った絵画を取り入れるのもよいでしょう。

便座カバーなど一部でもNG。トイレに「ブラックやグレー」はできれば避けよう

【開運トイレの作り方】風水的によい色って?インテリアで運気を上げるコツ
トイレにブラックやグレーの配色を使うことは、風水的にNGだとされています。これらのカラーは運気を停滞させる可能性があり、陰の気が溜まりやすいトイレに使用すると、悪い気が滞りやすくなるためです。
ブラック・グレーのクロスや床材は、シックで大人っぽい部屋を作りたい人に人気がありますが、風水の効果を期待するなら、トイレ以外の箇所に使用してください。便座カバー、タオルなど一部の使用も、できれば避けるのが望ましいでしょう。

合わせて対策!リフォームやインテリアの工夫で、もっと風水を改善するコツ

ここでは、インテリアや雑貨の配色以外にも取り入れられる、風水の工夫をまとめました。より部屋の運気を上げたい人や、ほかの対策を知りたい人はぜひ参考にしてください。

花や観葉植物を飾って、悪い気を中和

【開運トイレの作り方】風水的によい色って?インテリアで運気を上げるコツ
花や観葉植物には悪い気を浄化する効果があります。トイレが鬼門・裏鬼門にある場合や、よくない間取りに設置されている場合は、これらを飾ってみてください。窓がないトイレや、採光が悪いトイレでも世話がしやすいように、日陰でも育つ丈夫なものを選ぶとよいでしょう。
植木鉢はブラックやブラウンなどのダークカラーではなく、白の陶器製が風水的にはオススメです。

芳香剤や、天然のエッセンシャルオイルでニオイ対策を

【開運トイレの作り方】風水的によい色って?インテリアで運気を上げるコツ
見落としがちなのが、トイレの臭い対策です。臭いにはよくない運気が集まると言われ、まめな掃除や換気で臭いが発生しないように注意しましょう。
また、方位によっては香りが重要な役割を果たすこともあるので、芳香剤やエッシャンシャルオイルなどで消臭対策を行うとより運気を上げられます。もちろん古くなった芳香剤は放置せず、定期的な交換を心掛けましょう。

手軽にできる、壁紙や床材のプチリフォームもオススメ

風水的に運気のよいトイレを作るには、毎日のこまめな清掃が大切です。築年数が経ちトイレのリフォームを検討している場合は、風水効果が期待でき、かつ掃除しやすい壁や床への交換がオススメです。汚れがつきにくい壁紙・汚れを拭き取りやすい床材などを、風水カラーにこだわって導入してみましょう。トイレを清潔に保ちやすく、運気アップも見込めるでしょう。
水回りは10年ほどで設備交換やメンテナンスが必要だと言われているので、タイミングを見て一緒に施工してみてください。

【関連コンテンツ】家全体の風水についてはこちらの記事もチェック!

トイレ以外にも適用できる、風水活用術についてはこちらの記事をご覧ください。風水の効果を得られる間取りや部屋ごとのラッキーアイテムなど、住宅全体で使える風水知識を紹介します。

これからトイレの間取りを変更する人や、トイレのインテリアに悩んでいる人は、風水の考え方を上手に取り入れて、配置・カラー・デザインを決めてみてください。雑貨や小物を買い換えるだけでなく、壁紙や床材を風水効果のあるものに変更するプチリフォームも効果的です。

風水を意識した家を造りたい人は、ぜひ理想のイメージやデザインなどについて「カシワバラ・コーポレーション」へご相談ください。小規模な設備交換から大掛かりなリフォームまで、予算や希望に応じたプランをご提案します。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク