マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例

中古マンションや中古住宅を改修して、自分に合った快適な住まいに作り替えるリノベーション住宅が注目を集めています。この記事では、リノベーションについてリフォームとの違いも含めて詳しく解説します。また、具体的な施工例も紹介するので、リノベーションのイメージにも役立ちます。

公開日 2020.07.04

更新日 2022.01.07

マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例

住宅の改修を検討する際、大きく分けて2つの選択肢があります。「リフォーム」と「リノベーション」です。
住宅リフォームという言葉を耳にすることはあっても、住宅リノベーションという言葉は聞き慣れない方も多いかもしれません。そこでまず、リフォームとリノベーションの違いについて解説します。
さらに、実際にリノベーションや外構工事を行う上でのアイデアやポイントについて、さまざまな施工例を挙げながら紹介します。リノベーション住宅に興味のある人はぜひ参考にしてください。

リフォームじゃ物足りない!リノベーション住宅の魅力

「リフォーム」と「リノベーション」という言葉に厳密な線引きはありませんが、一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築同様の状態に修繕・補修することを指します。一方で「リノベーション」とは、建物に新たな付加価値を与えて利便性や機能性を高める工事を行うことです。
つまり、リフォームは建物の中で不具合のある個所に対処するのに対し、リノベーションは建物だけでなく暮らし自体の機能性や質を高めます。

では、具体的に両者でできることを比較してみます。リフォームでは、壁紙クロスの張り替えや設備交換、外壁の塗り替えなど、あくまでも原状の回復や修繕をします。一方、リノベーションは間取りの変更や内外装のデザインの一新、遮音性の向上など、ライフスタイルに応じて住まいを理想の空間に作り替えられます。
マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例
リノベーションはリフォームと比較して工事の規模も費用も大きくなりますが、その自在性の高さから近年非常に人気が高まっています。
>>「似ているけど違う?!リノベーションとリフォームの違いは何?」

リノベーションだからこそ叶えられる大胆な間取り

リフォームは費用を抑えられる反面、施工できる内容が限られています。その点、リノベーションなら水回りの位置を変更したり、使わない居室の一部を取り込んでリビングを広げたりなど、間取りの大胆な刷新ができます。

リノベーションの施工例については、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてください。
>>「おしゃれなリノベーション事例集!中古物件はココまで快適に!」

またリノベーションの利点は、理想的な住居に作り替えることだけではありません。中古物件を安く購入してリノベーションを実施すれば、物件の資産価値を高められます。売却時に購入時よりも価値が上がり、キャピタルゲイン(保有資産の売却時、購入価格が売却価格を上回ることで出る利益)にも期待できるでしょう。
理想の物件を見つけるのは簡単ではなく、こだわりが強ければ強いほど困難になります。例えば、隠れ家的なバーのようなカウンターキッチンを備えた物件を探しているとしたら、なかなか簡単には見つけられないでしょう。しかし、リノベーションならそんな理想を実現することも不可能ではありません。

中古物件選びのチェックポイント

中古物件を購入してリノベーションをすることで、注文住宅や建売住宅よりも費用を抑えつつ、理想的な住まいが実現できます。ここでは中古物件を選ぶ際にチェックすべきポイントについて見ていきましょう。

最初に確認すべき点は、日当たりの向きと風通しです。日当たりや風通しが悪いと、湿気が多くなり結露やカビの原因になります。窓を増設したり天窓を設けたりすることで、採光をより多く取り入れることも可能ですが、工事の規模も費用も大きくなります。

収納スペースが確保されているか、住宅設備の劣化具合はどうかといった点もチェックしましょう。開放感のある広々とした空間で暮らすためには、収納スペースは重要な要素です。そしてバスやトイレ、キッチンなどのビルトイン設備は、取り替えに多額の費用と時間がかかります。そのまま利用できるのか、それとも交換が必要なのかを必ず確認しておきましょう。

古民家だってリノベーションでこの通り!

現代の建築技術を使い、昭和の時代に建てられた古民家をリノベーションすることで、趣のある建造物へと生まれ変わります。例えば、こちらは築45年を超える古民家をリノベーションし、西海岸を彷彿とさせるオシャレなゲストハウス&カフェへと改修した実例です。
こちらは築50年ほどの古民家をリノベーションした事例です。改修前は廃墟のようだった物件が、まるで新築のように生まれ変わっています。
古民家をリノベーションする場合は、高額な費用が必要だと思われるかもしれませんが、施工内容や規模によって価格は大きく変わります。一例を挙げれば、住宅設備の刷新や内装といった小規模な変更であれば、500万円程度で済むことがあります。もちろん上限はなく、次世代に受け継いでいくために数千万円の費用をかけて大掛かりな変更を施すケースもあり、住む人の希望によって施工費用は大きく変動します。

ワクワク伝わる施工例!リノベーションには「セルフリノベ」の楽しさも!

近年のDIYブームも相まって、購入した中古物件をセルフリノベーションする人も増えています。世界に一つしかない理想の家を自分自身の手で作り上げることで、ほかでは味わえない充実感が得られるでしょう。

こちらは築45年を超える平屋の古民家を、約7ヶ月かけてセルフリノベーションで蘇らせ、さらにカフェを併設したゲストハウスです。
次もDIYで古民家をリノベーションしたケースです。築50年ほどの古民家を購入して、ご近所さんの力も借りながら工事に取り組み、自然素材だけを使用した魅力的な自然住宅へと生まれ変わっています。
美容室を彷彿とさせるスタイリッシュなこちらのお部屋も、数年間使われていなかった築40年超えの住宅をセルフリノベーションしたものです。モノトーンで統一され、非常に現代的で洗練されたお部屋となっています。
自分のアイデアと工夫によって、世界にたった一つしかない住宅を作り上げること。それがセルフリノベーションの醍醐味です。セルフリノベーションに興味があり、取り組んでみたいと思う方は、壁や床のアレンジ例が多数掲載されているこちらの記事が参考になるでしょう。

住宅の外にもこだわりたい!外構工事の必要性と効果

マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例
外構工事とは、塀やフェンス、門柱やアプローチ、駐車場やカーポートなど、建物の外観に関する工事を指し、エクステリア工事とも呼ばれます。外構は建物の印象を左右する重要な要素です。どれだけオシャレな建物でも、アプローチや駐車場が味気ない砂利だけでは魅力半減です。外構のデザイン性を高めることで、より洗練された印象になります。
外構工事は単に建物の印象をよくするだけではありません。例えばブロック塀は外からの視線を遮る目隠しとなると同時に、防犯性を高める効果もあります。照明は庭をスタイリッシュに演出するだけでなく、足元を照らして安全性を高めてくれます。カーポートは雨から愛車を守り、また車の乗り降りの際に体が濡れるのを防いでくれます。

外構工事と一口に言っても、その種類はさまざまであり、使う材料やデザインによって費用も大きく変わります。まずは外構工事に使える予算を決めてから業者と打ち合わせをするのがいいでしょう。外構工事について詳しくまとめた記事がありますので、そちらも参考にしてください。
>>「外構工事を成功させるポイントは?外構工事の施工例と注意点」

外構工事の施工例に学ぶスペースの活用アイデア

マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例
エクステリアをオシャレに彩るには、空いたスペースにも気を配ることです。例えば、さまざまな模様の入った美しい化粧砂利を敷くだけでも一気にオシャレな庭へと様変わりします。
>>「庭に砂利を敷く(化粧砂利)施工例とオシャレな庭作りのヒント」

オシャレな目隠しフェンスは庭を素敵に演出してくれるだけでなく、住居のプライバシーを守りながら防犯性を高めてくれます。
>>目隠しフェンスの活用でよりオシャレ・快適に「自慢の外観!庭の印象をつくる外構目隠しフェンスの施工例」

ウッドデッキを設置することでLDKの空間が広がり、晴れた日はデッキで読書をしたり、家族や友人とバーベキューを楽しめたりします。
マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例
>>「LDKの空間が広がる!ウッドデッキの施工例と気になる費用」

庭作りはセルフならではの魅力も!

新築の外構工事費用は100万〜200万円が相場とされており、目安としては建物工事価格の1割程度とされています。外構工事は予算をオーバーしがちなので、綿密な資金計画を立てて予算を確保しなければなりません。また、適正価格を把握するためにも、必ず2社以上に見積りを依頼しましょう。その際、ハウスメーカーや工務店だけでなく、外構工事の専門業者を探して相見積りを取ることをオススメします。

ちなみに、セルフでデザイン性の高い庭を作ることも不可能ではありません。DIYや日曜大工が好きな人なら、こちらの記事を参考にして、好きなものを詰め込んだ理想どおりの庭作りに取り組んでみてはいかがですか?
>>「休日DIYerが憧れを自分らしくDIYした話 https://diyers.co.jp/articles/353Sn

ホームセンターに行けば、オシャレなレンガやタイルが販売されています。こちらの記事では、塀などの外構だけでなく、コンクリートを使ったユニークな小物や雑貨の紹介をしていますので、参考にしてみてください。
マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例

大満足の家作りは頼れる施工業者との二人三脚

リノベーションや外構工事の施工業者は、当然プロフェッショナルではありますが、打ち合わせ不足や見解の相違が原因で、予想を下回る出来上がりになることもあります。とくに外構は失敗例が多い工事です。例えば、駐車場が思っていたよりも狭く不便だったり、目隠し塀やフェンスを設けなかったために、外からの視線が気になったり、といったことが起こり得ます。リノベーションについても、水回りの場所を移動させるために配管の増設が必要になり、結局大規模な工事になってしまったり、寝室の東側の窓を大きくしたところ、朝日がまぶしくなり過ぎてしまったり、といった失敗談を耳にすることがあります。

こういった失敗を防ぐためにも、施工業者との打ち合わせは綿密に行い、その内容を書面に記し、工事開始後も密にコミュニケーションを取る、といった工夫が大切です。
マネしたいアイデア満載!リノベーション住宅・外構工事の施工例

ライフスタイルに合わせた快適な家に作り替えるだけでなく、資産価値も与えられるリノベーション。自分の希望を細部にまで組み込めれば、喜びや満足感も大きいでしょう。中古物件を選ぶ際のポイントに注意し、庭作りや外構工事のアイデアも参考にして、理想の我が家を手に入れてください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク