和室DIYのおしゃれアイデア集

世間でも注目が集まるセルフリノベーション。今回はそのセルフリノベーションの中でも和室をリメイクした実例をご紹介。和室を洋室に変えたい思っていた方、要チェックですよ!

公開日 2018.02.14

更新日 2018.12.28

和室DIYのおしゃれアイデア集

ファミリータイプの賃貸や中古マンションには「和室」がつきもの。リノベーション可能な物件でも、できる限り費用は抑えたいですよね。実は、和室から洋室へのリメイクは思ったよりも手軽にできる上に、おしゃれなDIYアイデアがたくさんあるんです!和室だからこそできる、憧れの北欧インテリアや塩系インテリアに挑戦してみませんか?さっそく、秀逸リメイクアイデア30選をご紹介します。

和室DIY:フローリングに変える

和室DIY:001

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

まずは、和室からフローリングに変身させられる「フロアシート」をご紹介。幅が広いタイプのフロアシートなら、広めの和室でも一気にイメージチェンジすることができます。落ち着いたインテリアが好みなら、ビンテージ風のフロアシートがおすすめ。ぬくもりを感じる、癒やしの空間を簡単に演出できます。

和室DIY:002

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

薄手のフロアシートを畳の上にそのまま敷くと、生活しているうちにずれてしまう心配もあるので、クッション性のある厚手の素材を選ぶようするのがベター。ホームセンターやネットショップなど、お手頃価格のものが豊富にそろっているので、探す価値アリですよ!

和室DIY:003

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

シートのデザインを変えれば、モノトーンが好みの方にもぴったりの和室リメイクが叶えられます。畳の上に敷くだけだから、賃貸でも原状回復できるのが嬉しいですよね。フロアシートをめくれば、畳にこもった湿気を乾燥させることができるので、定期的なお掃除もラクチンです。

和室DIY:004

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

ナチュラル感をつきつめるなら、白い木目のフロアシートを。すっきりシンプルなお部屋や、柔和な雰囲気などが得意なデザインです。また、縦ラインは配置する家具の存在感を引き立ててくれるので、お部屋全体のまとまりが欲しい時にもおすすめですよ。

和室DIY:005

A post shared by とも (@a.t.tomo0501) on

ペットと一緒に暮らしているなら、クッション性の高いフロアシートをチョイスすると◎。畳に傷をつけないように、またペットが和室に入らないように気を付ける心配もなくなります。さらには、歩く音が気にならなくなったり、ペットの足腰にも響きづらくなったりといいコト尽くし。ビニール性の素材なら、食べこぼしや粗相があった時にもラクに拭き取り掃除ができますよ。

和室DIY:006

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

こちらの、かわいい子ども部屋に敷かれているのは、ジョイントマットと呼ばれる正方形タイプのもの。片手で持てる扱いやすさが特徴です。凸凹になっているつなぎ目をはめ込み、好みのサイズに敷き詰めていきます。写真のように1色に統一したり、2色を互い違いにしてレトロな雰囲気を演出することができるので、自分好みの楽しみ方ができます。100円ショップでも購入できるので、気軽にリメイクしたい時にも便利!

和室DIY:007

持ち家の方なら、本格的に和室からフローリングへのDIYにチャレンジしてみては?畳を完全に取り去り、骨組みをして床の棟上げをし、床材を敷いていきます。写真のお部屋は、6畳のようですが、床材、木材、床材用接着剤、壁用のペンキ代を含めて3万円ほどだったそう。思った以上に安く仕上げることができるのもDIYの魅力のひとつですよね。

和室DIY:008

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

フローリングへのリメイクではなく、畳を布で貼る方法もオススメ!貼り替え方法は、畳全体を布で覆い、ガンタッカーで裏側に留めていくだけ。とてもシンプルですが、表面にたるみが出ないように布を引っ張りながら、細かい間隔で留めていくのがポイントだそう。四方の中央を仮止めし、その4点を始点にして角に向かって留めていくとキレイに仕上がりますよ。

和室DIY:ふすまを変える

和室DIY:009

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

畳と同様に、いかにも和室な雰囲気をかもし出してしまう「ふすま」。長く使っていれば、痛みや汚れが目だってくるし、賃貸などのふすまだと安っぽささえ感じてしまうことも。そんなふすまも、写真のようにガラリと変わった雰囲気に変えることができます。最初から、一般的なふすまのサイズで販売されている壁紙シートもあるので、初めてでも気軽に挑戦できますよ。

和室DIY:010

上品なカラーやデザインの壁紙で、英国風のお部屋にリメイク。ふすまを変えるだけで、お部屋全体が明るい雰囲気になります。壁紙に感熱式の接着剤が付いたアイロン貼りタイプやシールタイプなら、枠を外すことなくそのまま貼り付けることができますよ。

和室DIY:011

A post shared by yuko-story (@yuu.freesky) on

ふすまには、台紙となる部分が段ボールのものや発泡スチロールのものがあります。リメイクのポイントとして、この2つのタイプは糊を使ってシートを貼るのは難易度が高いので避けた方がベター。中子骨のあるものやベニヤ板に貼られている、持つと重いタイプのものなら、基本的には糊でも両面テープでもOKです。100円ショップで販売されているリメイクシートでも、ふすまのデザインチェンジは可能ですが、慣れてきたら、少しお高めでもお気に入りの壁紙にチャレンジしてみては。

和室DIY:012

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

和室の趣を残しつつ、モダンに攻めてみるのもおすすめ。写真のような大ぶりなデザインや深みのあるカラーを選んで、どこか北欧っぽい空気感を出すテクニックも参考になりそうです。シートを貼るときには、空気が入り込みにくくするために、ふすまを外して床に置いて横にした状態で行う方がいいそうですよ。

和室DIY:013

A post shared by YUKA (@__yuu_____) on

おしゃれなカフェやレストランなどの内装としても人気の高い、レンガ柄の壁紙をお部屋にも!ベーシックなテラコッタカラーはもちろん、写真のようにホワイトを選べばナチュラルな雰囲気に。お部屋にも自然と溶け込みますし、立体感のある柄なのでちょっとした失敗なら目立ちにくくカバーしやすそうです。初心者さんでも挑戦しやすく、おしゃれに仕上がります。

和室DIY:014

A post shared by @bigmountain_n on

和室DIY:015

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

写真の右側に移っている、大きな黒板。実はこれも、ふすまをリメイクしたものなんです!黒板塗料を塗るだけなので、想像以上に手軽なのにとってもおしゃれですよね。ふすまが貼られている上から塗ることができる専用のペンキや、黒だけでなく赤や黄色、紫色など多様なカラーなど、さまざまなタイプがそろっています。

和室DIY:016

そもそも、ふすまの開け閉めが面倒くさい…なんて感じている方は、思い切って取り外してしまうのもおすすめ。お気に入りのブランドの生地で目隠しをしている、こちらのアイデアなら、つっぱり棒などで取り付けるだけなので簡単です。中に入っている物の出し入れがしやすく、開け閉めもしやすそうですね。

DIY和室:壁を変える

和室DIY:017

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

思い切った和室リメイクに挑戦するなら、お部屋のイメージを一気に変えることができる壁を変えてみましょう。こちらのアイデアは、壁に青みがかった濃い緑色に塗り、さらにホワイトで擦れを出すことで、ぬくもりのある空気感を印象付けています。

和室DIY:018

A post shared by yuko-story (@yuu.freesky) on

立体感のあるクッションパネルを貼り付ければ、レンガデザインを手軽に楽しむことができます。はさみやカッターなどで簡単に切ることができるので、サイズも自由自在。壁の下半分だけをリメイクすることで、ぐっとあか抜けた印象に仕上げることができます。

和室DIY:019

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

落ち着いた雰囲気をかもし出してくれる「板壁」。写真右半分の白い板壁は、1×4材をつなぎ合わせてる作られています。ただ立てかけるだけでは倒れやすくなってしまうので、壁面に沿ってL字型に組み立てるという工夫も、DIYならでは!

和室DIY:020

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

元は和室だったなんて、まったく想像がつかない仕上がりのこちらのお部屋。これまでにも、レンガ柄やパステルカラーなど、さまざまな壁紙シートでリメイクを楽しんでいるそう。モノトーンに落ち着かせる時にも、シンプルな無地のものに木目柄を交えるなど、さりげなく変化を加えるのがおしゃれのポイントです。

和室DIY:021

A post shared by kumi (@nagi.kii_home) on

壁紙デザインの中には、コンクリートやストーンモチーフのものも豊富にあります。塩系インテリア、男前インテリアもご覧の通り。あっという間にストリートな空気感を漂わせることができちゃいますね。

和室DIY:022

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

夏の海や空をイメージさせるブルーと、白い天然木をミックスさせたヘルシーな西海岸インテリア。ビーチ感のあるモチーフは開放感を、ナチュラルなフレームに飾られた写真からはアットホームな雰囲気が感じ取れます。好きなものに囲まれて暮らしたいという方にとって、よいお手本になりそうなお部屋です。

和室DIY:障子を変える

和室DIY:023

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

木材や鉄材など、無骨なインテリアのお部屋に取り付けられているのは、リメイクされた障子。障子紙ではなく、透け感のある素材を用いたり、下半分には大胆に板材を取り付けたりしているので、もはやアンティークの引き戸にしか見えないデザインセンスに脱帽です。

和室DIY:024

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

腰窓の障子の木枠を、白でペイントすればナチュラルな仕上がりに。木枠の中が障子紙のままでも、和より洋の雰囲気が強く出るので、手軽にイメージチェンジしたい時におすすめです。

和室DIY:025

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

とてもスタイリッシュな、スケルトンデザインの障子。これ、実は100円ショップで購入した窓用バブルシートが貼られています。アイデアが秀逸なら、ここまでの変化を手ごろなお値段で楽しめるというのも、DIYの魅力の1つです。

和室DIY:026

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

こちらは、ポリカーボネートを貼ったスケルトンデザインの和室DIY。おしゃれなだけでなく、紙よりも有機ガラスの方が防寒にもなるそうで、暮らしやすいお部屋づくりにも一役買っています。

和室DIY:027

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

障子を取り外して、間仕切りを作ったアイデアです。DIYで棚を作る時に便利なディアウォールを使っています。部屋を明るい印象にする窓枠を取り付け、観葉植物や雑誌を飾ってお気に入りのスペースを増やせば、お部屋にいるのがますます楽しくなりそう。

和室DIY:028

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

生活していると、障子があることで「暗い」という印象を持ってしまう方も結構多い様子。こちらの写真の方のアイデアは、IKEAで購入したファブリックを貼り付けたもの。障子紙を外して、画鋲とタッカーで留めているそうです。障子紙の頃よりも明るさを感じられるそうなので、お部屋のイメージがかなり変わりそう!

和室DIY:029

和室DIYで北欧も塩系も叶える、秀逸アイデア集!

こちらも、障子に薄いカーテンを貼り付けたアイデア。マスキングテープと両面テープを木枠に貼り付けてから、カーテンをピンと張りながらくっつけて留めてあります。お子さまがいるお家なので、つい触ってしまい下の部分は何度か剥がれてしまったことがあるそう。その際は前述のようにタッカーを利用した方がよさそうです。

和室DIY:030

A post shared by baliumi (@baliumi) on

こちらのアイデアでは、白い生地に模様がデザインされている布を貼り、光に透けた幻想的な世界観を生み出しています。北欧系のデザインは、和室との相性が良いようでたくさんの方が取り入れています。初めての和室DIY、どんなデザインにするか迷ってしまう方は、北欧デザインから始めてみてはいかがでしょうか。

和室をリノベーションするメリット

日本人になじみがあり、落ち着いた和の空間が魅力の和室。どこか懐かしさのある雰囲気が心地良く感じさせる一方で、和室にはお手入れに手間がかかるというデメリットがあります。和室の畳や障子、ふすま、土壁などは劣化しやすく、傷みやすいのです。特に、子どもやペットのいる家庭では、どんなに気をつけていてもふすまに穴が開いたり障子が破れたりしてしまうかもしれません。DIYの和室リメイクでよくある、畳にフローリングシートを敷く、障子やふすまにインテリアシートや壁紙シートを貼るなどのアレンジは、どれもお部屋の補強になります。お部屋の傷みや劣化をそれほど気にせずに過ごせるようになるのは、和室DIYの大きなメリットと言えるでしょう。
和室のDIYでは、自分の好きな空間を自由に作り上げることができるのも魅力の一つです。和室の懐かしさのある雰囲気も良いものですが、スタイリッシュな現代的な空間や、洋風のアンティークな空間が好きな人などは、目指すイメージが違うと感じることでしょう。そんなときでもDIYをすれば、自分の好きな空間をあきらめる必要はありません。和の雰囲気を残しながら新しい要素をトッピングしたり、和の雰囲気をまったくなくしてガラリと洋風にアレンジしたりなど、仕上がりはあなた次第。自分の好きな空間を自由に楽しむことができます。

和室をリノベーションするときの注意点

賃貸住宅でDIYをするときは、その住宅の遮音等級が決められていないかを前もって確認しておきましょう。騒音対策のために、マンションの管理組合などでフローリングの遮音等級が定められていることがあるからです。さらに、賃貸であれば原状復帰できる範囲内で行うことも大切なポイントです。原状復帰が簡単なDIYでも、畳を剥がしてしまうのではなく畳の上にフローリングシートやカーペットを敷く、剥がしやすい壁紙シートを選ぶなど、できることはいろいろあります。気に入ったデザインの壁紙シートが剥がしやすいタイプではない場合、剥がしやすい下地を合わせて使うという手もあります。
和室のDIYでは、湿度対策も重要です。畳の上にフローリングシートやカーペットを敷くと、湿気がこもりやすくなります。カビやダニなどが発生してしまわないように、定期的にフローリングシートやカーペットを外して畳に風を通すようにしたり、調湿シートを敷いたりして対策しましょう。壁に貼る壁紙シートやタイル状建材なども、吸湿機能のあるものを選ぶことができます。
味気ない畳の部屋だったはずがフローリングになったり、昭和感漂うふすまや壁、障子がまるで外国のお部屋のようなデザインになったり。賃貸の和室なら、元々の面積が広すぎないこともあり、大がかりすぎず気軽にDIYすることができそうです。また、ふすまや障子などのリメイクは、和室だからこそできるアイデア。居心地のいい素敵なお部屋づくりを、ぜひ楽しんでくださいね。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載