検証!頑固な茶渋を落とすベストオブ裏技はいったい!?

お気に入りのマグカップの底に付いたままの不快な茶渋。簡単に落ちると噂の方法を実際に試し、どれが一番よく落ちるか調べてみました。

検証!頑固な茶渋を落とすベストオブ裏技はいったい!?

毎日のコーヒーブレイクに欠かせないお気に入りのマグカップ。飲むたびに毎回きちんと洗っているのに、気づいたらこんな風に茶色い染みが付いてしまった…なんてこと、よくありますよね。
一度こうなってしまったが最後、どんなに洗剤で洗ってもまったく消えてくれません。

茶渋の原因となるのは「ステイン」という物質。これは、食べ物や飲み物が持つ色素成分から生まれるのだそうです。
ステインそのものが直接体に害を与えることはないとはいえ、茶渋が付いたままのカップで毎日お茶を飲むのは、あまり気持ちのいいものではありませんよね。せっかくなら綺麗なカップで一息つきたいところ。

DIYer(s)編集部では、そんな不快な茶渋を劇的に落としてくれる様々な裏技テクニックがあるという情報を入手!食器洗剤ではいくら頑張っても落ちてくれなかった頑固者が本当に簡単に落ちるのでしょうか?編集部が実際に試してみました。

落ち方を比較するため、まずは、同じくらい茶渋の付いたコップを用意しました。
こちらを、各所から集めた噂のお助けアイテムを使って実際に洗っていこうと思います。

UWASA.01 重曹

茶渋退治のトップバッターは重曹。茶渋以外の汚れにも「頑固な汚れに重曹が効く!」という話をよく聞くだけに、なんとなく期待が持てます。

■ビフォー

せっかく美味しいコーヒーもまずく感じてしまうほど汚いですね…。食器洗剤ではこれ以上落ちませんでした。

まずは水で軽く濡らしたスポンジに重曹を適量付けます。
そのまま汚れ部分をゴシゴシ…。
あれ、まだ擦り始めたばかりなのに、なんだかもう落ちてきたようです!
そのまま何回か擦った後、水で洗い流すと、この通り。見てください。さっきまであった茶渋の線がすっかりなくなっています!
これは驚きです。どうやら噂は本当でした。

重曹の粒子が研磨剤として働き、カップに付いた茶渋の汚れを落としてくれるそうです。使う時は掃除用として売られているものではなく食品用の重曹を使いましょう。食品用の重曹は、粒子が細かいのでカップに余計な傷を付ける心配がないそうです。

また、研磨効果以外にも、重曹に含まれている「炭酸水素ナトリウム」という成分は、お湯に溶くことで強いアルカリ性となり、そちらにも汚れを落とす力があるとのこと。
今回は、スポンジに付けて直接擦っただけで落ちましたが、それでも落ちなかった場合は、カップの中に重曹を溶かした熱湯を注ぎ入れ、そのまま一晩置いてくと頑固な茶渋でも綺麗になる可能性があるそうです。

【関連記事】重曹とオキシドールで新品のような真っ白スニーカーに! | DIYer(s)

【関連記事】重曹とオキシドールで新品のような真っ白スニーカーに! | DIYer(s)
白いキャンバススニーカーは誰もが一度は手にする定番アイテム。どうしても避けられない汚れを解決するクリーニング方法をご紹介。

UWASA.02 みかんの皮

次のエントリーはみかん。使うのは果肉でなく、皮の部分です。本当にみかんの皮で汚れが落ちるのか、正直半信半疑です。
みかんの皮部分が汚れに当たるようにゴシゴシ…。
なんだか、逆に新たな黄色い染みが付いてしまいそうな気もして若干不安になります…。
洗い流してみると、最初よりは若干綺麗になったような気もします。
とはいえ、太い染みはくっきりと残ったまま。このあと随分頑張りましたが、これ以上は落ちませんでした。

柑橘類の皮に含まれる「リモネン」という成分には、茶渋を落とす効果があるそうです。なので、擦るときはなるべくカップに皮を強めに押し付けて、中の汁がたくさん付くようにするといいようです。とはいえ、重曹と比べると、そこまで強力な選手ではありませんでした。しかし、美味しく食べた後のみかんがここまで活躍してくれるのは嬉しいですね。

【関連記事】みかんの皮をいろんな方法で食べてみたら驚くほどイケた話。 | DIYer(s)

【関連記事】みかんの皮をいろんな方法で食べてみたら驚くほどイケた話。 | DIYer(s)
冬といえば、みかん。実は皮も食べられるって知ってました?今回、みかんの皮をどう食べたらおいしいのか、いろいろ実験・実食してみました。

UWASA.03 塩

続いてのエントリーは塩。今回は、極々普通の食卓塩を使いました。
濡らした指先に適量の塩を直接付け、そのまま指で汚れた部分を擦ってみます。なんとなく粒子感はありますが、これで本当に落ちるんでしょうか?
…あれ?しばらく擦り続けるといつの間にかさっきまであった太い茶色の線がなくなっています。

こちらが水洗い後の写真。完全に元どおり!とまではいきませんでしたが、かなり綺麗になりました。これは意外。塩選手、なかなかのやり手です。
塩で茶渋が落ちるのも、重曹の時と同じ、粒子の研磨効果が働くためだそうです。
ただし、塩は重曹より粒子が荒いため、カップの中に模様がある場合は一緒に削れてしまう恐れもあるとのこと。注意が必要ですね。

また、手に傷がある場合は沁みる恐れも。また、人によっては手荒れの原因にもなるそうです。作業する時は、必ず家庭用のビニール手袋をしてしっかり保護しましょう。

【関連記事】キッチンにあるもので錆びた鉄鍋が蘇る! | DIYer(s)

【関連記事】キッチンにあるもので錆びた鉄鍋が蘇る! | DIYer(s)
諦めないでください! どの家のキッチンにもある3つの食材で、錆びてしまった鉄鍋を蘇らせることができるんです。 早速、そのワザをご紹介します。

UWASA.04 酢

お酢もお掃除アイテムとして登場することがあるので、ちょっと期待できますね。
どんな効果が期待できるのでしょうか?さっそく試してみましょう。
重曹の時と同じように、直接スポンジに含ませて汚れた部分を擦ります。

けっこう酢のニオイが鼻にキツいです…。
うーん。最初よりは落ちたかな……。

洗ってみると、ニオイがキツかった割にそこまで劇的な変化はありませんでした。

茶渋が黒いのは、お茶に含まれる「タンニン」が酸化してしまうからだそう。酢は、酸化を促す酵素の働きを止める効果があるので、多少は茶渋落としにも効果があるようです。
とはいえ、けっこうニオイが出るのが最大の難点。今回は穀物酢を使いましたが、お酢であれば種類はなんでも同じ効果があるようなので、ニオイが気になる人はホワイトビネガーやクエン酸を使うと比較的ニオイが少ないみたいです。ただ、すし酢やフルーツビネガーのように糖質など他の成分と混ざっていないものは×。普通のお酢を使ってください。

期待したほどきれいにはなりませんでしたが、お酢ならいつでも家にありますし、ふいの来客で早急になんとかしたい時にはやってみてもいいかもしれませんね。

【関連記事】サビ取りには熱した酢が効果的!工具のケア実践編!! | DIYer(s)

【関連記事】サビ取りには熱した酢が効果的!工具のケア実践編!! | DIYer(s)
使用していくうちに段々とサビてきてしまった工具。実は意外な方法でサビ取りができるんですよ。

UWASA.05 歯磨き粉

最後は歯磨き粉です。
食器用洗剤で落ちなかった汚れが、歯の洗剤で本当に落ちるのでしょうか…。
不安ですが、擦ってみます。スポンジに歯磨き粉を付けてそのままゴシゴシ…。

あれ?落ちてる?というか、あっという間に太い線がほとんどなくなりました!

みるみるうちに綺麗になってきて、気づけばほぼ完全に茶渋撤収。洗い流したらこの通りです。
洗い流してみると…。
こんなに綺麗になりました!

もともと歯についた汚れ以外にも、黄ばみを落として歯を白くする効果のある歯磨き粉。歯の黄ばみとなるのも今回茶渋の原因と同じ「ステイン」ですから考えてみればよく落ちるのも納得です。

【関連記事】歯磨き粉でシールの剥がし跡やカトラリーのくすみを取る! | DIYer(s)

【関連記事】歯磨き粉でシールの剥がし跡やカトラリーのくすみを取る! | DIYer(s)
DIYer(s)でも以前ご紹介した、歯磨き粉を使ったクリーニング方法。今回、陶器や金属、ガラスなど様々な種類に挑戦しました。

結果

今回の結果は次のとおり。 同率1位:重曹・歯磨き粉 3位:塩 同率4位:酢・みかん
歯磨き粉と重曹は、少しの力で驚くほど簡単に茶渋を落とすことができました。
どちらも、もともと口に入れるものなので、下手に漂白剤なんかを使うよりも、ずっと安心でエコですね。

以外だったのは塩。値段を考えるとコスパ的には一番お得かもしれません。

茶渋汚れに効く裏技テクニック。ぜひ試してみてください。
62 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!