2×4材用「シンプソン金具」で事務所の棚をDIY

カポッとはめてねじ留めするだけで、2×4材同士をさまざまに接続することができる「シンプソン金具」を使って、事務所用の棚をDIYしてみました。

2×4材用「シンプソン金具」で事務所の棚をDIY

関連記事

2x2材にも使えるシンプソン金具!

シンプソン社は、DIYの本場・アメリカでトップシェアを誇る2×4材用コネクターメーカー。アメリカでは、コネクターを注文する時は「シンプソン」といえば通じるほどポピュラーなのだとか。

 

そのコネクターは200種類というバリエーション、カポッとはめてビスで留めるだけのシンプルな使い勝手に加え、抜群の強度や無骨なルックスも魅力です。

 

今回は、そのシンプソン金具2種類と2×4材、1×4材のみを使って、収納棚をDIY!

比較的大物ながら、1日かからず作れちゃいました。

 

その工程を、シンプソン金具のご紹介もしつつ、レポートします!


 

DIY会場はいつもお世話になっております、レインボー倉庫3さん。詳しくはこちら

 

材料

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

■2×4材…脚(柱)、正面・背面用、側面用、棚板のサポート用

※高さ・幅・奥行きに合わせてサイズが、段数に合わせて本数が変わります。

■1×4材…棚板用

※幅・奥行きに合わせてサイズ・本数が変わります。

シンプソン リジットタイ・コーナーコネクター(RTC2Z)

シンプソン リジットタイ・コネクター(RTR)

シンプソン ビス 4Φ×32mm

木ねじ

■木部用ワックス

■メジャー

■さしがね

■鉛筆

■丸のこ(のこぎりでも可)

■スチールウール、ウエス

■ウエス

■サンダー(サンドペーパーでも可)

■電動ドライバー

 

▼シンプソン リジットタイ・コーナーコネクター(RTC2Z)

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

柱に2本の部材を90度で接続することができる超便利なコネクター。棚やテーブルやワークベンチなどを作る時に使えます。

 

▼シンプソン リジットタイ・コネクター(RTR)

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

木材をT字に接続する時に重宝。

 

作り方

STEP.01

まずは設計通りに採寸して、2×4材をひたすらカットします。購入時にカットしてもらえば楽チンです。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

測って…

 

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

線を引いて…

 

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

カット。

 

パーツの数だけひたすら繰り返し。

 

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

今回は、縦に5段、奥行きは1×4材を6枚分にしたので、脚を除いて全50パーツ。途中から無になります。

 

STEP.02

ささくれが目立つところだけサンディング。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

2×4材の断面は金具や棚板で隠れてしまうので、表面の気になるところだけささっとでOK。

 

STEP.03

ワックスで保護します。まず、スチールウールで塗り込んで、乾いたら余分をウエスで拭き取り、磨いてツヤ出しを。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

脚を含め54パーツ。この工程でももれなく無になることができます。

 

STEP.04

下準備が終わったら、4本の脚(支柱)にシンプソン金具のリジットタイ・コーナーコネクター(RTC2Z)を取り付けていきます。棚板の設置位置にマーキングしたら、金具に脚を通して、シンプソンのビスで固定。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

最初は下穴を開けていましたが、途中で面倒になり放棄。ビスは、金具に開いているビス穴の位置に打てばいいので、無心で作業できます。

 

2×4材の幅の広い面が側面にくるようにしたいので、左右向き違いで2本ずつ作ります。金具はどっち向きでもいける仕様なので、差し込む向きを間違えないようにするのがポイント。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

こうなります。


STEP.05

次に棚板を載せる、正面・側面・背面のパーツを固定していきます。まず側面から、外側のビス穴だけを締めて、このような状態に。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

 

同様に正面・背面のパーツも外側からビス留め。その後、内側の2つのネジ穴が重なっている部分をギュッと押さえてビスで締めると、きっちり直角になります。あとは残りの内側のビス穴にビスを打つだけ。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

順番を間違えないように注意!しかしビスで締めるだけで直角になるなんて、本当によくできてます。

 

STEP.06

棚板を支えるサポートパーツ。カットした2×4材の両端に、シンプソン リジットタイ・コネクター(RTR)をビスで留め、正面・背面パーツの間に固定します。

_09A7731.jpg

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

サポートパーツは、正面・背面パーツの間の距離ぴったりにカットすると、金具の厚みではめるのが大変なので、5mm程度短くしておいた方がよいです。

 

ただビスを順番通りに締めているだけなのに、ガチガチの安定感!

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

最初と比べてだいぶ日が暮れているのがわかりますが、のんびり作業していたため。組み立て始めてからここまでは、すぐです。あと一息!

 

STEP.07

棚板を並べて、木ねじで固定していきます。今回、幅は事務所の空きスペースに合わせて800mm、奥行きは1×4材6枚分(89mm×6=534mm)に設定。手前と奥の棚板は、800mmから支柱分(2×4材の短い方の辺が38mmなので、2本分で76mm)を引いて724mm。間の4枚は800mmにするとぴったり。

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

 

できました〜!

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

 

早速事務所に設置。収納力がぐーんとアップしました!!

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

 

主に、撮影で頻繁に持ち出すものをここに集めました。シンプソン金具の無骨な雰囲気が、とりあえずの乱雑な収納もなんだかおしゃれに見せてくれます。

 

今回はサイズを大きめに作ったこともあり、2×4材を大量に使っているので、正直大変重たいです。でも、しょっちゅう移動したりしなければ、ちょっとやそっとの重たいものを載せても無問題なこの安定感は逆に魅力。ガレージ収納なんかにオススメです。

 

万が一事務所が移転することになっても、ビスを外すだけで簡単に解体できますし、同じ金具を使って、新しいスペースに合うよう作り直せるのも便利。

 

多少の手間はありますが、長い目で見れば使い捨ての家具を買うより安上がりで、エコだと思います。

 

今回、購入したのは、金具と支柱用の2×4材(短い2×4材は編集部にあったものを使用)、棚板用の1×4材のみ。全部で2万円くらいでした。

 

とにかく、カット時に生じる多少の誤差も、金具が余裕でなんとかしてくれるのが大雑把人間ばかりの編集部にはすごく有難かったです。

 

シンプソン金具、ぜひ試してみてください!

 

Item

シンプソン リジットタイ・コーナーコネクター(RTC2Z)

4個入り ¥2,680

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY



 

シンプソン リジットタイ・コネクター(RTR)

12個入り ¥1,668

シンプソン金具と2×4材(ツーバイフォー材)で棚を自作DIY

 

問い合わせ先:
八幡ねじ
HP:https://www.yht.co.jp/

ONLINE STORE:http://www.yht.jp/index.htm

シンプソン金具:http://www.yht.co.jp/simpson/

 

5 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!