【ハンモックプランツハンガー】八幡ねじの金具でDIYする、インテリア!

SIMPSON金具の正規取扱代理店であり、1946年創業という長い歴史を持つねじメーカー八幡ねじ。取り扱うねじ・金具の種類はなんとも豊富で、150,000種類以上!そんな八幡ねじの金具を使って、アレキサンダー・リー・チャンさんがキッチン収納をDIYしてくれました。

【ハンモックプランツハンガー】八幡ねじの金具でDIYする、インテリア!

金具の新しい可能性を提案!

ホームセンターで何気なく購入している、ねじや金具。メーカーを確認してみると、実は八幡ねじが作っているものだったりするんです。それもそのはず、八幡ねじは創業70年を超える老舗ねじメーカー。プロ向けから我々DIYer向けの商品まで様々なプロダクトを取り揃えており、幅広い層に支持されるねじメーカーなんです。

簡単DIY!ゆらゆら揺れるハンモックプランツハンガー!

今回は、そんな八幡ねじが販売する金具を使って、アレキサンダー・リー・チャンさんにおしゃれで実用的なインテリアを作っていただきました。プロスケーター、ファッションデザイナーという肩書きでありながら、登場していただくたびにプロ顔負けのプロダクトを作ってくれるリー・チャンさん。今回は、ゆらゆらと揺れる様子に心癒されるプランツハンガーが簡単に作れてしまうDIY!
いつもホームセンターなどで見かける形も目的も様々な金具たち。きっと本来の使い方はあるんだけれど、自分がやるDIYではどうやって使ったらいいかわからない…なんて方はぜひこちらの記事を読んでいただいて、金具の新しい可能性に触れてみてください!今度ホームセンターに行くときは、きっと違う見え方で金具と向き合えるはずですよ。
また、プランツハンガーだけではなく、見せて収納するキッチン収納も八幡ねじの金具を使ってDIYしていただきました。その様子は下記リンクから確認してみてくださいね!

使用した金具

アルミパンチ板 ひし形(下)、六角(上)

アルミパンチ板 ひし形(下)、六角(上)

防音・吸音に優れたメッシュ状のアルミパンチ板。メッシュ構造が物体や液体に対するフィルターとしての役目を果たすため、普段はそのまま木材や壁面、排水部分に設置されることの多い金具です。
今回、リー・チャンさんはそのままの用途ではなく、新しい使い方を提案してくれました。
チェーン

チェーン

こちらはアルミ製のチェーン。何かを吊るす際に活躍する金具は、今回アルミパンチ板と合わせて使うことで、その本来のポテンシャルを発揮します。
亜鉛ダイキャストターンバックル

亜鉛ダイキャストターンバックル

先端のフック構造部分にワイヤーなどを引っ掛けたのち、ネジを回すことでその張りを調整するためのダイキャストターンバックル。今回はそのフック状の構造を生かして、カーテンレールやレールライトなど、さまざまな箇所に取り付けやすい設計に。
捻シャックル

捻シャックル

捻シャックルとは、U字部分にワイヤーなどを引っ掛け、その強度の高いボディを生かして、建材を運搬するための金具。今回もダイキャストターンバックルと組み合わせて、プランツハンガーを固定します。

作り方

STEP.01 植物をプランターへ植え替え

さっそく、ハンモックプランツハンガーを作っていきましょう!と、その前に、せっかくなので植物の植え替えの様子を簡単にご紹介。植物は合わせるプランターによって、見え方がガラリと変わってくるので、グリーンを楽しみたい方は覚えていて損はないステップです。

まずはプランターの底に空いた穴部分に、土が落ちるのを防ぐためのメッシュカバーを取り付けます。園芸店などでメッシュカバーは販売されていますが、せっかくメッシュ金具があるのでそちらで代用します。

メッシュカバーを設置した様子。アルミパンチ板の本来の用途でもあるので、何やらしっくりきていますね。

その後、先に軽石を詰めていきます。軽石を入れることでプランター内が水はけのいい状態になり、根腐れなどを防ぎます。

軽石を敷いたら、その上に少しの観葉植物用の土を入れます。その後、植物を黒いカバーから外して、プランターの中へ。

植物をプランターへセットしたら、スコップなどを使って、植物の周辺に土を入れます。今回はスコップが撮影場所になかったため、折り曲げたダンボールで作業していただいたリー・チャンさん。ありがとうございます(涙)。

こちらで植物のプランターへの植え替えは完了です!なんだか面倒そうな工程だけに今まで避けていましたが、思ったよりも簡単にできてしまいました!

STEP.02 アルミパンチ板をカットする

植物の植え替えが完成したら、続いてメインのハンモックプランツハンガーの製作工程へ。まずはプランツハンガーのメイン部分となるアルミパンチ板をカットしていきます。アルミパンチ板は比較的柔らかいのでハサミなどでもカット可能ですが、金切りハサミなどを使用した方がスムーズに作業が可能です。

開封したばかりのアルミパンチ板は、辺の場所によってギザギザとしています。そのため、先端をカットすることで、端をフラットにします。

続いてプランターをセットするための穴をアルミパンチ板に開けていきます。まずはプランターのサイズに合わせて丸く印をつけていきます。

丸くつけた印に沿って、ニッパーを使ってカットしていきます。

カット途中の様子はご覧の通り。

カットし終わったら、プランターがハマるか確認しましょう。

サイズが問題なければ、カットした部分を折り曲げます。

先ほどの穴に、プランターをセットします。穴の大きさの目安としては、プランターの上部の出っ張りが引っかかるくらいの大きさにしましょう。

STEP.03 アルミパンチ板にチェーンを取り付ける

アルミパンチ板の四隅に4本のチェーンをそれぞれ取り付けていきます。取り付け方は、意外に簡単。いくつものパーツが連なっているチェーンは、ペンチなどでパーツをねじることで隙間が生まれます。その隙間にアルミパンチ板を通したら、再びペンチを使ってねじれを戻せればチェーンの取り付け完了です。

2つのペンチを使って、チェーンのパーツをねじります。写真はアルミパンチ板にチェーンを取り付けている様子。

チェーン取り付け後の様子。

4本すべてのチェーンが取り付け終わったら、実際にプランターを入れた際の長さを確認します。プランターの重さがアルミパンチ板を弛ませるため、その様子はまさにハンモック。

STEP.04 フックパーツを取り付ける

アルミパンチ板から伸びるチェーンを1箇所にまとめ、フックパーツに取り付けます。この時、ダイキャストターンバックルに直接取り付けても、間に捻シャックルを挟んで取り付けても構いません。
ダイキャストターンバックルは先端がフック状になっているため、いろいろなところに引っ掛けやすいのがリコメンドポイント。簡単にハンギングスタイルが楽しめます。

ダイキャストターンバックルに直接チェーンを取り付けた様子。

捻シャックルを間に取り付けた様子。

今回はカーテンレールに設置することに。ちょうどよくカーテンを引っ掛けるためのパーツが空いていたので、そこに引っ掛けました。

STEP.05 バランスを見て、インテリアコーディネイト

ハンモックプランツハンガーはこれでほぼ完成!あとは、実際にお部屋に取り入れて、インテリアコーディネイトを行います。

チェーンに植物を絡ませれば、より洒脱な雰囲気に。

ハンモックプランツハンガー、完成!

インテリアコーディネイトが完了したら、ハンモックプランツハンガーの完成です!
今回は自然光がたっぷりと入る大きな窓辺にハンモックプランツハンガーを設置してみました。棚や床に置くのではなく、空間を生かしてレイアウトされる植物たち。空間を上手に使うことで、なんだかインテリア上級者になった気分に。
そんな取り入れるだけでお部屋がグッとオシャレに仕上がるハンモックプランツハンガーが、アルミパンチ板で作れてしまうのが驚きです。本来とは異なる使い方をすることで、新しい用途が誕生しました。

アルミの無機質な表情と、植物の生き生きとしたグリーンのコントラストがポイント。

2つ並べた様子がこちら。ゆらゆらとした植物を眺めていると、目も心も癒されます。

実際は住宅工事の建材として使用される金具たち。アレキサンダー・リー・チャンさんのユニークなアイデアで、ハンモックプランツハンガーに生まれ変わりました!
本来の用途として使用するだけではなく、自分のアイデアを具現化するためのパーツとして活用する、まさにDIYスピリットが色濃く反映されたプロダクトとなりました。みなさんもぜひ、本来の用途としてはもちろんのこと、自分好みの使い方を考えて、金具DIYの世界を広げてみてはいかがでしょうか?
55 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!