大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

前回は取材1日目の様子をレポートしたnozawa green fieldの拡張プロジェクト。今回は、取材日2日目、3日目の様子をお届けします!

公開日 2018.08.07

更新日 2018.08.07

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

徐々に出来上がる大人の秘密基地!

長野県野沢温泉村に構える1日1組限定のツリーキャンプ場nozawa green field。ここには、手作りで組み上げられたシンボリックなツリーハウスがあるんです。自然溢れる山の中に佇むツリーハウスで楽しむキャンプは、まさに贅沢な大人の時間。本企画は、そんなnozawa green fieldの拡張プロジェクトに密着した大人たちの本気のDIY録です。
大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

nozawa green fieldからは、その名の通り眩しいくらいの青々とした自然が広がります。

前回もお伝えしましたが、今回のプロジェクトは数々のクリエイターたちによる共同プロジェクト。我々DIYer(s)のほか、世界的アウトドアブランドTHE NORTH FACE、ドイツ生まれの工具メーカーBOSCH、数多くのプロモーション映像を手がけるRIGHT UP、フォトグラファーのTSUTOMU YABUUCHI[TAKIBI]といったクリエイターが参加しています。

取材2日目!2階建てのウッドデッキ作り!

取材1日目は、ウッドデッキを敷くための土台作りまでをレポートしました。取材2日目に行ったのは、今回のプロジェクトの要とも言える2階建てのウッドデッキ作り。100kgオーバーの丸太を運ぶという、ハードワークにアラサー・アラフォー男子たちは耐えられるのでしょうか…!?
大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

写真は1段目、2階へ上がるための踊り場のウッドデッキがそれぞれ完成した様子。ここから取材1日目で紹介した土台作りを済ませたら、丸太を土台へ乗せていくのです。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

土台から土台へ渡すための丸太を運んでいきます。軽々と運んでいるように見えますが、中の水分が抜けていない丸太によっては100kgを超えるものも。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

杉の木へ設置したすべての土台へ丸太を設置が完了したら、根太と呼ばれる下地材を丸太から丸太へ渡していきます。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

今回のプロジェクトは、nozawa green field主宰の河野健児さん(写真右)のほか、日本各地から集まった友人たちの手で作り上げられています。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

根太の上に敷かれる床材の重量を考慮しながら、約25平米のウッドデッキに対して10本以上の根太を設置していきます。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

この作業で重要なのが、10数本の根太がしっかりと水平が取れた状態で設置されているかどうかということ。まっすぐなウッドデッキ作りには、BOSCHのレーザー距離計に内蔵された水準器を使ってチェックします。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

重量のある丸太と根太を支える土台は、杉の木を挟み込むように設置されたサンドイッチ工法と呼ばれるもの。太くなる木の成長に合わせてより強固に締め付けられるという仕組みからは、自然の力を強く感じます。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

無事に根太の設置が完了しました!残るは床材を張っていけば、2段目のウッドデッキの完成です。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

床材を2段目に上げたら、あとはビスでひたすらに固定の工程へ!作業をする仲間も増えて、どんどんと進んでいきます。

大人の秘密基地をDIY!森の中で楽しむツリーキャンプ【中編】

ということで、取材2日目のレポートはここまで。完成した2階建ててウッドデッキと3日目の様子は、次のページでご紹介!

52件中1 - 18件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載