もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?

「なんでも作れる」工務店、ORGAN CRAFT。DIYer(s)でも取材でお邪魔したことのある同社が、モデルとコラボし、新しいプロジェクトをスタートしたとの情報をキャッチ!早速ご紹介していきます!

公開日 2020.04.16

更新日 2020.04.16

もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?

あの工務店が次に作るのは…「ライフスタイル」!?

もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
常に“CRAFTSMAN SHIP”(クラフトマンシップ)を心に持ち、リフォーム、リノベーションの設計・施工を行う「ORGAN CRAFT」(オルガンクラフト)。以前、DIYer(s)でも同社の施工事例を交え、リノベーションの基本の“き”について教えていただきました。そんなORGAN CRAFTがこの春、「人、モノ、空間」にフォーカスしたプロダクトを開発する新しいプロジェクト「ORIGINAL PRODUCTS」(オリジナルプロダクツ)を発足しました!このプロジェクト、ただ新しい商品を開発するだけではありません。ファッションモデルのマネジメントを行う株式会社VELBED.(ベルベッド)とコラボし、モデルのみならず幅広いジャンルで活躍をするメンバーと共に、理想を形にしていく試みとなっています。これまでの“家具”の概念を覆し、ライフスタイルを具現化したような、全く新しいプロダクトの制作風景をご紹介していきます。

コラボ第一弾はストリート界を牽引するモデル、Keigo Okazaki!

もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
現時点で第三弾まで用意されているプロジェクト「ORIGINAL PRODUCTS」。第一弾のコラボはモデル兼ビートメーカーのKeigo Okazakiさん。はっと目を引くような独特の魅力を放つ彼は、わずか21歳。2018年に世界的ブランドVetements(ヴェトモン)のショーモデルに抜擢されたことで話題を集め、一躍スポットライトを浴びる存在となりました。現在もモデルとして快進撃を続ける一方で音楽活動も行なっており、マルチな活躍に期待が寄せられています。

Keigo OkazakiさんのInstagramをチェック

作りたいのは「音をデザインするデスク」

もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
家で音楽を作っている時間が一番好きだと語るKeigo Okazakiさんが今回オーダーしたのは、「音をデザインするデスク」。音楽を制作する際は、キーボード(鍵盤)やオーディオインターフェイスなどといった機材と、PCモニターの間を行ったり来たり。それぞれの機材を置くための広いスペースの確保は絶対条件です。また、体の向きを変えながら作業をしつつも、それが負担にならないデスクが欲しいという依頼にも応えたい。Keigoさんがとにかくストレスフリーに音楽制作に打ち込めるようにと、企画は走り始めました。
もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
こちらは打ち合わせの風景。実は、Keigoさんは現在パートナーと同棲中。音楽制作に集中しつつも、ふとしたときにパートナーとのコミュニケーションを妨げないことも、大切なポイントでした。真剣に“人、モノ、空間”と向き合い、何度も打ち合わせを重ねることでイメージを膨らませていきます。
もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
十分な作業スペースを確保しつつも、部屋の大きさや間取りを考慮しつつ、快適な生活導線を邪魔しないためにはどのデザインや形が最適なのか、何度も模型やCGを作りながら制作は進められました。試行錯誤の結果、L字の一体型デスクを考案。
もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
素材にもこだわりが。モニターを置く天板にはアクリルを、対の天板には素材違いのメラミン化粧板を使用し、異素材をミックスさせることで、アーバンでスタイリッシュな印象に。
もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
こうして完成したのが“SOUND DESIGN DESK”(サウンド デザイン デスク)。まるで、初めからそこにあったかのように、空間に馴染んでいます。オーディオ機器やPCモニターの配線にも配慮し、細部にもこだわることで、ストレスフリーな「音をデザインするデスク」が完成しました。Keigoさんの音楽への真摯な気持ちが反映されています。
また、「ビートメイクの制作中はクリエイティブな環境に身を置きたい」というKeigoさんの信念から、本人自らコラージュアートを現在作成中。自分らしさを求めて、デスクはさらにブラッシュアップされていく予定です。

ORGAN CRAFTで理想を形に。

もっと暮らしにワガママを。工務店が作る超オリジナルな生活空間って?
今回のプロジェクトで制作されたオーダー家具は、発注者のライフスタイルに最大限寄り添って創られた、特別なもの。わたしたちは日々の生活の中で、与えられた目的に沿ってモノを使用していますが、オーダー製品では、自らモノに目的を授けることができるのです。こうして、理想を形にし、ライフスタイルを作っていくことこそが、本当の“CRAFTSMAN SHIP”かもしれません。「あったらいいな」をただの理想とせず、追求することで、より自分らしい豊かな暮らしに出会うことができそうです。

「なんでも作れる」工務店、ORGAN CRAFTは、予算に合わせて“らしさ”を追求したリノベーションデザインや造作家具の制作を提案しています。「理想はあるけど、うまく言葉や絵にできない!」という方も、プロに相談することで目指すビジョンがはっきりするはず。なお、今回のコラボレーションで制作されたプロダクトは購入も可能となっています。気になる方はぜひ、公式HPからお問い合わせください。

INFORMATION

ORGAN CRAFT
HP:https://organcraft.com

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク