世界のクラシックカー×赤レンガ倉庫による夢の競演:GLION MUSEUM

クルマ好きの方に朗報です。大阪府は大阪港にある赤レンガ倉庫を用いた「GLION MUSEUM」ではクラシックカーが一同に集結しているんです。100年近い歴史を持つ建造物の中で往年の名車が輝く、何ともラグジュアリー感たっぷりの空間でした。

公開日 2018.05.30

更新日 2018.05.31

海外に遅れを取らない国産車たち

最後の締めくくりは海外の名車に見劣りしない、国産車ゾーン。あの世界中にファンを集める人気映画シリーズ「007」にも使われた通称ボンドカーの展示まで行われているんです。
世界のクラシックカー×赤レンガ倉庫による夢の競演:G-LION MUSEUM

中央の車体が1967年に放送されたシリーズ第5作目「007は二度死ぬ」にてボンドカーに選ばれたトヨタ2000GT。劇中では日本を舞台に繰り広げられたことにより、品川ナンバーつけていたことで話題を呼びました。

1957年4月24日に誕生し、日産の中でも一番長い歴史を持つ「スカイライン」。1964年の貴重なモデルのほか、スポーツカーラインの「GTR」も展示されていました。

数々の名車を紹介してきましたが、ここでもう1つ驚きだったのが展示されている車体は実際に走行可能ということ。また、展示車両の前にはiPadが設置され、スペックや実際に走行している映像を見ることもできるんです。そんな至れり尽くせりな空間にあまりクルマの知識がない筆者も気付けばクラシックカーの世界にのめり込んでいました。
世界のクラシックカー×赤レンガ倉庫による夢の競演:G-LION MUSEUM

日が暮れてライトアップされた赤レンガ倉庫。NPO 法人地域活性化支援センターが展開する「恋人の聖地プロジェクト」にも認定されている場所ということもあって、取材当日も多数カップルの姿が見受けられました。

施設内には、ミュージアムにも見劣りしない名車をラインナップし展示販売を行う「GLION SHOWROOM」、ハワイのステーキハウスの老舗ハイズの姉妹店である「AKARENGA STEAK HOUSE(アカレンガステーキハウス)」、バリスタの淹れるこだわりのコーヒーを堪能できる「CAFE 1923」も併設。

日本初の試みとなる世界のクラシックカー×赤レンガ倉庫という希少な組み合わせを堪能しに、ぜひ足を運んでください。

INFORMATION

GLION MUSEUM

住所:大阪市港区海岸通 2-6-39(大阪・赤レンガ倉庫内)
TEL:06-6573-3006
営業時間:平日11:00~20:00(最終入館 19:30)土日祝10:00〜20:00(最終入館 19:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料:大人¥800 小学生¥500(小学生未満無料)
HP:http://glion-museum.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/glionmuseum
32件中23 - 32件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載