ダンボールで作るプロジェクター!スマホで映せばまるで映画館♩

スマートホンで楽しんでいる動画、できれば大きな画面で見たいものですよね?実はダンボールを使って簡単にプロジェクターが作れるって知っていましたか?今回は、そんなダンボールプロジェクターを実際に作ってみました。

公開日 2017.04.25

更新日 2019.02.06

STEP.06 フタを閉じて、部屋を暗くして映写してみる

それでは実際に壁に向かって、映像を映写してみようと思います。映写する際は、映像がはっきりと映し出されるように部屋を暗くする必要があります。また、壁からプロジェクターの距離によっても、映像の映り方とサイズが変わってきます。任意の大きさで映像がはっきりと映し出される最適な位置へ、プロジェクターを移動させましょう。

完成!

ダンボールプロジェクターで投影した様子がこちらです。今回はややぼんやりとした映像となってしまいました。ダンボールの位置以外にも、スマートホンの角度や、レンズとスマートホンの距離など、様々な要因が映り方に影響を与えてしまったようです。ダンボールの大きさや、スタンドの角度など、いろいろと試しながらベストなものを見つけてみてください。

まとめ

ダンボールで作るスマホプロジェクター、いかがでしたでしょうか。材料はどれも簡単に揃えられるのに加え、費用もほとんどかかりません。また作業工程も少なく、簡単なものが多いので子どもでも作れるため自由研究の題材などにもオススメしたいDIYです。
自分だけのオリジナルプロジェクターを作って、お気に入りの動画を大画面で楽しんでみませんか? ぜひお試しください!
49件中43 - 49件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク