つるじょ:gamiさんに聞くDIY

DIYクリエイター集団として活躍する、つるじょ。6名からなるメンバーたちがそれぞれ発信するDIY作品は、多くの反響を集めています。そんなつるじょのメンバーたちが抱くDIYにまつわる想いについて、たっぷりとインタビューを敢行しました。今回は、らくがき屋としてサインペインター・イラストレーターとして活躍するgamiさんをご紹介。

公開日 2017.12.22

更新日 2018.04.16

つるじょ:gamiさんに聞くDIY

gami(ガミ)さんのご自宅にお邪魔してみると、いたるところにひと目見ればgamiさんとわかる個性的なフォントのペイントが施され、どこに目を当てても飽きることがなさそうなインテリア。
そのオリジナリティあるスタイルを確立した経緯からうまくペイントする秘訣まで、インタビューを通して紐解いていきましょう。

ペイントは塗り直せるから、失敗しても大丈夫!!

つるじょ gami DIY

引っ越してきて以来、22年暮らしているというgamiさんのご自宅。時間の経過を感じさせないのは、DIYのたまものだ。

つるじょ gami DIY

らくがき屋として、活躍するgamiさん。

gamiさんの得意なDIYはなんでしょうか?

つるじょ gami DIY

リビングをはじめ、ご自宅の床にはさまざまなペイントが施されていました。

「イラストと文字を描くこと、そして簡単なリメイクや小物作りです。基本的にもの作りは昔から好きで、手芸からお料理まで全般好きなんです。最初は手芸から始まって、今は滅多にやらなくなっちゃいましたけど子供が幼稚園で使うものに刺しゅうをしたり、友人にお願いされてをちょっとしたDIYをしたり。サインペイントは独学で、フォントの形は小学校の頃に書道を習っていたことがルーツになっているのかな?“書道やっていました?”ってよく聞かれます。ほかにも子供の頃から好きな文字やイラストを見つけるとノートいっぱいに描いたりしていました。昔から好きな事は変わってませんね(笑)」
つるじょ gami DIY

リビングを別方向からもご紹介。ご自身で塗装した壁面に、gamiさんらしい書体とメッセージが描かれています。

「フェイクグリーンのセレクトショップの“いなざうるす屋”さんのロゴは、同じつるじょメンバーのいなちゃん(いなざうるすさん)にはじめて会った時に描いたものなんです。いなざうるす屋って文字を英語で描くと硬い印象になってしまうし、ひらがなだと思っているイメージとは違うらしくてあまりひらがなでサインペインティングすることはないんですけど、描いてみたらすごく気に入ってくれて。まさかその時の文字がロゴになるなんて、その時は思ってもみなかったので嬉しかったですし、ひらがなを描くきっかけにもなりました」

こちらがgamiさん作の“いなざうるす屋”さんのロゴデザイン。

つるじょ gami DIY

大きな窓から入る自然光と、gamiさんのDIYが調和する空間です。

つるじょ gami DIY

エアコンまでもアレンジするgamiさんのペイント精神。エイジング具合と、同じくつるじょメンバーMilyさんデザインのステンシルでおしゃれな雰囲気に。

gamiさんがDIYにハマるきっかけはなんでしょうか?

つるじょ gami DIY

こちらもリビングの一角。gamiさんの作品が並ぶ上段の下には、ペイント用に使用する道具たちが収納されています。

「昔から部屋に棚をつけたり、リメイクしたりはしていたのですが、大きなものを塗ったのは和室の押入れだったと覚えています。かなりの年月で壁の色が薄汚れていたので、ある日思い立って当時幼かった子供たちと一緒に押入れ一面にカラーペンでらくがきして遊んだんです。一度そうやって楽しんでから、数ヶ月後に改めてペンキで真っ黒に塗ったことが最初の大きなセルフリノベーションでしたね」
つるじょ gami DIY

gamiさんのキャンバスは壁面だけに限らず、小さな木工作品にも繊細なペイントが施されます。

つるじょ gami DIY

gamiさんオリジナルの2018年用カレンダー。こちらのイラスト、実は下書きなしで描いているというから驚きです。

「それに至ったきっかけは、SNSで知ったつるじょメンバーのchikoちゃんのDIYでした。chikoちゃんのDIYを見て、“わっ!!ふすまとか塗ってもいいんだーー!”ってすごい衝撃を受けて、すぐに私も塗ってみたんです。そして同じ時期に知ったN.Y.のデザインベンチャー企業・ホルスティー社のマニフェストに感動して、ふすま一面を壁に立てかけたまま英文を書いたんです。すごく前向きでいい内容なのでこの英文を将来子供達が読める日が来ることにワクワクしながら描いたのを覚えています。塗ったり描いたりするだけでこんなに家が好きになって楽しくなるんだってことを知ってからは、家中塗りまくり、描きまくりで(笑)。そうやってDIYにはまり、今に至っています」
つるじょ gami DIY

こちらがホルスティー社のマニフェスト。“THIS IS YOUR LIFE”という印象的なメッセージで始まります。

さまざまなテンションのイラストを描き分けられる、そんなところがgamiさんが多くの方から支持されている理由かもしれません。

46件中1 - 21件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!