システムキッチンのリフォーム費用相場は?金額別のおしゃれ事例も紹介!

この記事ではシステムキッチンにリフォームする際の費用目安や工期、業者選びのポイント、失敗しないコツなどについて解説しています。金額別にキッチンリフォーム事例も紹介していますので、これからリフォームを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

公開日 2020.11.21

更新日 2020.11.21

システムキッチンのリフォーム費用相場は?金額別のおしゃれ事例も紹介!

築10〜20年ほどの住宅に住んでいる場合、水回りの老朽化が気になる時期でしょう。「家事の負担を減らしたい」「キッチンの雰囲気を一新したい」という方は、おしゃれで機能的なシステムキッチンを導入してみるのはいかがでしょうか。
ここでは、これからキッチンをリフォームする方に向けた、システムキッチンの費用相場や予算を抑えるコツ、工事前に気をつけるべきポイントについて解説します。真似したくなる魅力的なリフォーム事例も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

システムキッチン、リフォームしたいけどいくらかかるの?

キッチンのリフォームは「既存の住宅がどのような状態なのか」「どの程度のリフォームをするのか」などによって価格が変わります。費用相場の幅も広いため、自身の生活に合わせてリフォームの優先順位をしっかり定めることが大切です。

キッチン全体を交換するなら、費用目安は「50~150万円」

キッチン全体のリフォーム費用は、マンション、一戸建てどちらも50万円から150万円ほどです。導入するシステムのグレードやサイズによって予算は異なり、価格相場には幅があります。そのため、キッチンを改修するときはあらかじめ「どれくらいの機能が必要か」「設備はどの程度のグレードがよいか」などを決めておくとスムーズです。

50万円未満でできるリフォームは主に、コンパクトなI型キッチンの設置、コンロ・換気扇の交換といった、部分的な改修です。選択肢は大きく狭まるため、限定されたリフォームになるでしょう。
50〜100万円ほど予算があれば、一般的なキッチンリフォーム全般を行えます。ミドル〜ハイグレードのI型キッチン、ガスからIHヒーターへの変更、シンク・レンジフードの交換などが可能です。
ペニンシュラ型、アイランド型といった対面式キッチンに作り替える場合は、150万〜200万円ほどの費用がかかります。デザインや機能にこだわりたいなら、オーダーメイドの設備を導入するのもよいでしょう。

キッチンの位置変更が含まれる場合、値段は上がる傾向に

リフォーム内容によっては費用が高額になり、相場を上回ることもゼロではありません。キッチンの位置移動を行うときは、大幅な配管工事が必要なため、費用も膨らみます。ですので、150万〜250万円ほどの予算を見積もっておくと安心でしょう。
また、キッチン移動に伴い、壁・床の交換や構造部を補強するといった広範囲の改修が必要な場合は、300万円ほど費用がかかるケースもあります。最終的な見積もりは家の状態によって違うので、キッチンの位置を移動するときは必ずリフォーム業者に確認しましょう。

ビルドイン食洗器など、オプション費用相場も要チェック!

より高性能のキッチンを導入したい場合は、オプションの追加がオススメです。食洗機・浄水器などの設備を追加するだけでなく、「シンク以外の素材もステンレスに変更したい」「レンジフードの種類を変えたい」といった細かい要望に応えてくれる業者もあります。
システムキッチンのリフォーム費用相場は?金額別のおしゃれ事例も紹介!
人気の施工は、キッチン本体の中に組み込むビルトイン食洗機の設置です。相場はだいたい10万円前後でしょう。また、ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換する施工は20万円ほどで、場合によっては別途電気工事が必要なこともあるので注意しましょう。

予算内に収めたい……リフォーム費用をできる限り安く抑えるためにできること

予算が膨らみやすく、値段の幅もさまざまなキッチン周りのリフォーム。なるべく費用を抑えてお得にリフォームするには、どのような方法があるのでしょうか。

キッチンのタイプは変更しない

現在普及しているキッチンの種類はI型、L型、アイランド型、対面型などがあります。中でも多くの家庭で使用されているのはI型キッチンです。
I型・L型キッチンからアイランド型・対面型に変更すると配管移動や電気工事などが別途発生するケースが多いです。また、同じレイアウトの設備でも、シンクとコンロの位置が逆だとさらに費用がかさむことも。使いにくさを感じていないなら、既存のタイプと同じキッチンを導入するのがベターです。

設備のグレードを見直す

キッチンリフォームの費用を大きく左右するのは導入するシステムキッチンのグレードです。どの部分を優先してリフォームするのかを見極め、必要なところ以外はローグレード〜ミドルグレードの設備を検討してもよいでしょう。
キッチン本体はスタンダードグレードを選び、素材や部品のグレードを部分的に下げる方法もあります。「使用感を想像しにくい」「素材の質感がわからなくて不安」といった場合は、ショールームに足を運び、実物を確かめるようにしましょう。

工事期間は?システムキッチンをリフォームする前のよくある疑問

キッチンは毎日使用するため、暮らしの中でとても大切な場所です。リフォーム費用も高額なため、完成後の後悔は避けたいものです。ここでは、工事に必要な日数、失敗しないための業者選びなど、リフォームを依頼する前に知っておきたい知識を紹介します。

キッチンの耐久年数は何年?リフォームするべき時期の見極め方とは

一般的なキッチンの寿命は10〜20年ほどといわれています。「日頃どれくらいお手入れをしているか」「どれくらいの頻度で使用しているか」などによって耐久年数は違うので、10年未満でも不具合が生じるケースもあります。
リフォームの目安は汚れ・傷などの経年劣化だけではありません。家族が増えて既存のキッチンが使いにくくなったり、収納スペースが足りなくなったりと、理由はさまざまです。使用している期間に固執しすぎず、暮らしにくさを感じたときがリフォームのタイミングとも言えるでしょう。

リフォーム会社はどう選べばいい?オススメの業者は?

業者選びは、リフォームの成功に直結する大切なポイントです。リフォームを依頼する前に、必ずホームページやパンフレットなどを確認してシステムキッチンの施工実績など、業者の情報をしっかりと確認しましょう。

最初から1社に絞るのではなく、2〜3社を目安として複数の業者に見積もりを出すと安心です。打ち合わせ時の対応もチェックし、「予算に応じた提案をしてくれるか」「見積もり書の内容が明確か」などを総合的に判断するとよいでしょう。

業者選びの参考として、デザインにこだわりたい方にオススメなのが「カシワバラ・コーポレーション」です。システムキッチンを含めさまざまなリフォーム実績が豊富なので、ライフスタイルや予算などに最適なリフォームを提案してくれます。

施工にはどのくらいの日数がかかる?在宅しながらできる?

システムキッチンのリフォーム費用相場は?金額別のおしゃれ事例も紹介!
キッチンの工事期間はリフォーム内容によって異なりますが、おおよそ2〜20日ほどです。大幅なレイアウト変更、床・壁の交換などを行わなければ3日ほどで工事が終わるので、仮住まいを確保する必要はありません。
施工内容ごとの詳しい日数を知りたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

金額別!真似したくなる、おしゃれなキッチンリフォーム事例集

リフォームで大切なのは、できるだけ具体的に完成形をイメージすることです。過去の事例から施工内容やデザインなどを参考にするとよいでしょう。ここでは、ぜひ真似したい魅力的なキッチンリフォーム実例を金額別に紹介します。

【~100万円】形を変えずに、低予算で高級感あるキッチンを実現!

「ニトリのリフォーム」に掲載されている、100万円未満で行ったキッチンリフォームです。既存のキッチンと同タイプのI型キッチンを導入し、費用を削減。デザインの変更、換気扇の交換なども行い、費用は約68万円です。

【100~200万円】アンティーク風の家具とも相性抜群な、開放感あるキッチン

こちらは「リショップナビ」に掲載されている、キッチン全面交換リフォームです。内装をすべて新調し、開放的な対面式キッチンを導入しました。設備交換、内装コーディネートなどを行い費用はおよそ125万円、施工日数は7日間です。

【200~300万円】I型からL型へ!料理が「映える」システムキッチン

「タカラスタンダード」に掲載されている、キッチンの種類変更を行ったリフォーム事例です。既存のI型からL型キッチンへ改修し、コンロの位置を変更。設備の交換や天井のデザイン変更も行い、総費用は約240万円、工事期間は14日間です。

【300万円~】アクセントカラーが印象的!キッチンを主役に据えたリフォーム

こちらも「タカラスタンダード」のリフォーム事例です。リビングと一体になった対面式キッチンを採用し、デザインにもこだわりました。壁を取り壊す間取り変更を行い、リビングの面積を広げたのもポイント。総費用は約300万円、施工期間は7日間です。

【合わせて読みたい】キッチンリフォームの関連コンテンツ

システムキッチンのメーカーで悩んでいる方はこちらの記事がオススメです。商品選びのポイントや、人気メーカーの特徴・主力商品を比較できます。より具体的な設備、機能性、デザインなどを知りたい方はぜひ読んでみてください。
I型・L型キッチンから対面式キッチンへの作り替えを検討している方にはこちらがオススメです。オープンキッチンのメリット・デメリット、設備の種類、費用などが詳しく解説されています。パターン別にリフォーム事例を紹介しているので、たくさんの事例を参考にできます。
I型キッチンの種類・レイアウトの実例、I型キッチンを生かした部屋づくりのコツなどを解説してします。「予算を抑えてキッチンリフォームをしたい」「I型キッチンの作り替えを検討している」といった方はぜひ参考にしてみてください。
おしゃれなキッチンリフォームの事例をたくさん見たいならこちらも外せません。デザインの工夫点、カラーや照明の決め方などハイセンスなキッチンを作るポイントが盛りだくさん。デザインにこだわるあまり陥りがちな失敗事例も紹介しています。
費用の幅が大きく、自由度の高いキッチンリフォーム。毎日使用する場所だからこそ、使いやすさやお手入れのしやすさにはこだわりたいものです。リフォームの優先順位を決め、費用をかけるポイントを絞ることがお得なリフォームへの近道です。自宅の状態と比較しながら多くの事例をチェックし、予算や施工内容を決める際の参考にしてみてください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク