ルノーのカングーでアウトドアを思い切り楽しんでみた話 Powered by Renault Japon

フランス生まれの自動車メーカー・ルノーから発売されている、ミニバン・カングー。アウトドアと、とってもフィットするクルマとして老若男女から愛されている名車なんです。そんなアウトドアが似合うと名高いカングーに乗って、実際にアウトドアを楽しんできました!

公開日 2018.03.28

更新日 2018.09.25

ルノーのカングーでアウトドアを思い切り楽しんでみた話 Powered by Renault Japon

アウトドアに似合うカングーで出かけよう!

DIYerもこぞって楽しむカングーライフ

以前もご紹介したフランス生まれの自動車メーカー・ルノーからリリースされ、多くのアウトドアフリークから愛されているミニバン・カングー。リアセクションに大きな荷室を取り入れたフルゴネットと呼ばれる車種は1997年に発売されました。ステーションワゴンよりも荷物が積めて、SUVよりもフランス車らしいモダンシルエットが人気の理由ではないでしょうか?

niko and ...のVMD魚住さんと行く、キャンプ1泊2日!

今回は東京は原宿明治通り沿いに旗艦店を構える、niko and ... TOKYOでVMDと呼ばれるショップ内装を務める魚住さんと一緒にカングーに乗ってキャンプへ行ってきました。こちらの記事では、その様子を簡単にレポート!
ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

キャンプ当日の朝06:30、魚住さん自宅前に集合。そこで目に映ったのは、大量の荷物…。こ、こんなにカングーに積めるかなぁ…。

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

とりあえず、カングーの積載量を信じて、積み始めることに。

A post shared by DIYer(s) (@diyersjapan) on

ワサワサと荷物を積んでいくと…。
ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

あれ?もしかして荷物、すべて積めそう…?

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

こ、これは…!!積める〜!

カーゴスペースの容量がとにかくすごい!

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

テントから寝袋、キャンプチェア、調理器具ect.と、大量の荷物でしたが無事に収納完了!カングー、頼もしいクルマです。

180度まで開閉する観音開きのリアハッチなので、荷物の積み込みも非常にスムーズに完了しましたね。

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

ということで、時刻は07:30。いいロケーションをおさえられるように早速東京から山梨方面へ出発です!

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

ちなみにカングーは、フランスをはじめとしたヨーロッパでは郵便局などにも採用される商業車としての一面も持っています。

安定した高速走行で疲れ知らずのロングドライブ

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

この日の運転時間はおよそ2時間半ほど。運転した魚住さん曰く「普段乗っているクルマよりも、揺れが少なく、エンジン音も静かで非常に安定していました」とのこと。

ルノーのカングーでアウトドアを楽しんでみた話

心地のいい疾走感を実現する理由は、高速走行に適した1.2Lターボ直噴エンジン。可愛い外見ながら、走りもしっかりしたクルマです。

走行が安定する理由は、サスペンションなどを含めた足回りの設定によるもの。そのほかにも、2つのギアを備え、変速時のショックを抑制する6速EDC(デュアルクラッチ式トランスミッション) が搭載されているなど、走行性能にも目をみはるものがあるんです。ヒルスタートアシスト機能も装備しており、坂道発進時もスムーズ。日本よりもクルマでの長距離移動が多い、ヨーロッパならではですね。
42件中1 - 24件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!