シンプソン金具と2×6材で作るDIYベンチ!

DIYの本場・アメリカでトップシェアを誇る2×4材用コネクターメーカー「シンプソン」から新作キットが登場!初心者にも優しい内容との情報をゲットしたので早速、編集部員自ら作ってみました。

シンプソン金具と2×6材で作るDIYベンチ!

指定規格の木材を用意するだけでベンチが作れる!?

DIYer(s)の事務所用の棚を作った際にも大活躍だったシンプソン金具。DIYの本場・アメリカでトップシェアを誇る2×4材用コネクターメーカーと知られ、読者諸氏の中にも手に取ったことがある人もいるのではないでしょうか。今回、そんなシンプソン金具から、同メーカーの強みを最大限に生かしたキットが発売となる情報をゲット。テーブルや棚がラインナップされる中でも本記事はベンチをピックアップし、早速編集部員自ら製作に挑戦してみました。
まずシンプソン金具の魅力は何と言っても、金具とビス等はキットに含まれているので指定規格の木材を用意するだけで組み立てることができる点。特殊な技術がいるような工程もなく、使う工具も電動ドライバー、金づちだけなので初心者の方でも気軽に挑戦しやすい内容になっているんです。
それではキットの内容からご紹介します。

パッケージに載っているベンチが作ることができます。室内だけでなく、ベランダや庭などにレイアウトしてもよさそうなフォルムです。

材料

今回は初めて製作なので、説明書に従って推奨の木材サイズで進めていきます。木材はすべてホームセンターで購入して、カットまで済ませました。もちろん道具を用意すれば現場でのカットでも問題なし。ただカットする面が斜めにならないようにご注意をください。
キットのセット内容
・リジッドタイRTA12 4個 ・リジッドタイRTR 4個
・トラスタッピングネジ 60本 ・なみ釘 8本。
木材(ホームセンターで購入)
・木材A:2×6材 360mm 4枚 ・木材B:2×6材 900mm 1枚
・木材C:2×6材 1200mm 2枚

今回は塗装を行わなずに無垢のままでいきましたが、ワトコオイルやブライワックスなどで味付けするのもオススメ。金具の無骨なルックスと合わさって、グッと雰囲気を高めてくれます。

作り方

STEP.01 木材を横並びにしてなみ釘で固定

360mmの木材A:2×6材を2枚づつ横並びにして、両面になみ釘を打ち込んで連結していきます。今回は編集部員に手で押さえてもらいながら作業を進めましたが、1人で行う場合はクランプで固定すると打ち込みやすいです。また同様に1200mmの木材C:2×6材もなみ釘を打ち込んで連結させましょう。

初めてのなみ釘でしたが、思った以上にサクサクといけました。しっかりと埋まるように最後まで打ち込んでください。

STEP.02 座面作り

STEP.01で連結させた木材C:1200mmの板の中心に、木材B:900mmの板を置いてリジッドタイRTRを使って固定していきます。さしがねを使いながらバランスの良い位置でマーキングして2カ所留めていきましょう。

ビスを打ち込む際は木割れ防止のためにドリルビットで下穴を開けてから作業を進めていきましょう。一手間かかりますが、ビスも真っ直ぐ打ち込むことができます。

STEP.03 脚の装着

STEP.02で装着した木材B:900mmの板の両端にもリジッドタイRTRを打ち込んで、連結させた木材A:360mmの板を固定します。

こちらもしっかりと中心にリジッドタイを装着。

手で押さえながら打ち込むことで、脚となる木材A:360mmの板もずれることなく作業が進められます。

STEP.04 座面と脚部を金具で補強

残りのパーツであるリジッドタイRTA12で座面と脚部を固定していきます。このパーツが合わさることにより、耐久度はアップ。

RTRと同じく手で押さえながら作業進めるのがポイント。しっかりと根元まで打ち込みましょう。

パーツを打ち込み終わった姿がコチラ。しっかりと打ち込まないと補強の意味がないのでご注意を。

説明書を照らし合わせながら作業を進めて見事に完成。所要時間も1時間ほどで作ることができました。面取りされたSPF材だからこそ、サンディングの手間がかからないのも魅力の1つ。個人的に自宅に合うサイズにしたり、パーツを追加して背もたれをつけたり、色々なアレンジして作ってみたくなりました。ぜひ、ベンチを作ってみたいと思っていた方はこのキットを使ってDIYしてみてください。

完成したので早速座ってみることに。2人座れるぐらいの広さでしたが不安定な様子はなく、しっかりとした座り心地でした。

今回はベンチでしたが、このほかにもテーブルや2段棚、3段棚のキットも発売されるそう。ベンチ同様にオススメしたいものばかりでした。家具を買い換えたかった人はひとまとめに作ってしまってもいいかもしれませんね。他キットは編集部員が作ってみたので、合わせてチェックしてください。

INFORMATION

35 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!