シェラカップでコース料理!?

キャンプや登山を楽しむアウトドアマンなら誰しも一つは持っているシェラカップ。軽量&手頃なサイズ感で直火もOKな万能選手です。今回はそんなシェラカップを使って4つの料理に挑戦してみました。

公開日 2017.04.26

更新日 2018.04.16

シェラカップでコース料理!?

ちょうどいいサイズ感と軽量さから、キャンプや登山で欠かせない「シェラカップ」。コーヒーを入れてカップ代わりに使ったり、料理を取り分けるお皿として使ったりと使い勝手は抜群ですよね。また、直接火にかけられるのでお湯をわかすこともホットワインを作ることだってできる優れモノ。

今回はそんなオールラウンダーなシェラカップを使って、アウトドアで楽しめる簡単コース料理をご紹介します。

DISH.01 野菜たっぷりの簡単バーニャカウダ

まず作るのは前菜のバーニャカウダ。アウトドア料理というと、どうしても無骨で男らしくなりがちですが、今回ご紹介するバーニャカウダなら誰でも簡単に彩り豊かな一品が作れますよ。

材料と道具

■セロリ
■パプリカ(赤・黄)
■ブロッコリー
■バーニャカウダソース
■包丁
■まな板
■シェラカップ
■アウトドア用ガスストーブ

作り方

STEP.01 野菜を食べやすい大きさにカットする

まずは野菜をそれぞれ水で洗いカットします。パプリカはヘタを落とし、種を抜いて短冊状にしましょう。
セロリもパプリカと同様に切りそろえます。ブロッコリーは食べやすい大きさに切ったら下茹でしておきます。
下準備はこれでOK。器に並べておきましょう。野菜が色鮮やかでとても美味しそうですね!

STEP.02 ソースを加熱する

続いてバーニャカウダソースをシェラカップに入れて火にかけます。この際の注意点として、ガスストーブを使う時は安全のためにも必ず屋外で調理をしましょう。
ガスストーブは家庭のガスコンロと違い、火の加減が難しいので焦げ付かないように注意しながら加熱しましょう。今回は市販のバーニャカウダソースを使いましたが、ニンニクやアンチョビの他に自分の好きな食材を使ってオリジナルソースを作ってみてもいいですね。
温まったら火を止めて、出来上がり! お好みの野菜をソースにディップして、召し上がれ!

バーニャカウダ完成!

野菜をカットしてソースを温めるだけの簡単調理。これなら料理に慣れていない人でも失敗する心配はいりません!

DISH.02 エビとキノコのアヒージョ

男女問わず人気のアヒージョは、みんなで楽しむパーティキャンプにぴったり。バゲットとはもちろん、ワインとの相性も抜群なので、楽しい夜をさらに盛り上げてくれる一品になりそうです。

材料と道具

■むきエビ
■マッシュルーム
■ブロッコリー
■ニンニク
■鷹の爪
■バゲット
■塩
■オリーブオイル
■包丁
■まな板
■シェラカップ
■アウトドア用ガスストーブ

作り方

STEP.01 食材を食べやすい大きさにカットする

まずは野菜の下ごしらえから。マッシュルームは濡れたふきんで汚れを拭き取り、食べやすい大きさにカットします。ブロッコリーも同様に切ります。ニンニクは皮をむいて小口切りに、鷹の爪も種を取り除いて、小口切りにします。

STEP.02 オリーブオイルをシェラカップに入れて熱する

食材の準備ができたら、シェラカップにたっぷりとオリーブオイルを入れ、にんにくを入れて焦がさないように香りを付けながら熱します。

STEP.03 具材を入れる

香りがオイルに移ったら、具材を入れてさらに加熱します。油ハネが気になる場合は、ふきんで水気をとってから入れましょう。

STEP.04 塩で味を調える!

エビに火が通ったらガスを止め、塩で味を調えれば完成です。バルで出てくるようなオシャレなスペイン料理もシェラカップさえあればキャンプ場でも食べられます。残ったオリーブオイルはバゲットと一緒に食べるのもオススメです!

エビとキノコのアヒージョ完成!

83件中1 - 43件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!