家でも外でも使える、DIYなアウトドア家具3選!

DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア、DOD)から展開されている、テキーラシリーズ。スチール製のレッグパーツに天板を差し込むだけでテーブルやラック、ベンチなどが作れる、DIYなアウトドア家具です。今回、DIYer(s)的にもリコメンドしたい3つのアイテムをピックアップ。

2018.01.09

家でも外でも使える、DIYなアウトドア家具3選!

アウトドアで映えるギアは、インテリアにも最適!?

今回紹介するのは、DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア、DOD)から展開されているテキーラシリーズ。レッグパーツに板材を差し込むだけというシンプルな構造ですが、その取り扱いやすさとミニマルデザインからキャンプシーンで支持を集めています。
そんなテキーラシリーズの魅力と、インテリアでのスタイリング提案をご紹介!

アウトドア家具 ①:テキーラテーブル

実際に焚き火にかけてもOKなテキーラテーブルは、シンプルデザインなのでローテーブルとしてインテリアに取り入れるのもオススメです。3枚セットの天板パーツは、上段・中段・下段と異なる高さにセットできるので、ご自身のライフスタイルに合わせた組み合わせが可能なのも嬉しいところ。

スチール製のレッグパーツ・テキーラレッグと、天板パーツ・テキーラプレートから構成されるテキーラテーブル。

組み立て方法も非常に簡単。テキーラレッグの隙間部分にテキーラプレートを差し込みます。

テキーラレッグをハの字に広げれば、プレートの固定が完了します。

ほかのプレートを差し込んで完成です。ちなみにプレートの厚さはワンバイ材とほぼ同じ(約19mm)となっているため、ワンバイ材を使って棚を増やすことも可能です。

キャンプなどのアウトドアでの使用も、もちろんOK!

アウトドア家具 ②:テキーララック

テキーララックは、テキーラテーブルよりもプレート1枚分幅が狭くなったレッグパーツを使って組み立てます。こちらもテキーラテーブル同様に、ワンバイ材を使った棚の増設が可能です。
キャンプシーンでは調理道具や調味料などの収納として活躍するのはもちろんのこと、インテリアに取り入れれば、シューズラックから本棚、植物ラックなど、マルチに活躍してくれそうです。

スチール製のレッグパーツ・テキーラレッグと、天板パーツ・テキーラプレートから構成されるテキーララック。テキーラテーブルよりもコンパクトなシルエットに。

組み立て方はテキーラテーブルと同じように、プレートをレッグパーツに差し込んだのち、広げれば完了です。

中段にワンバイ材を差し込めば、収納力も倍増!塗装したワンバイ材を使用すると、より一層男らしい印象のインテリアになりますよ。

アウトドア家具 ③:テキーラベンチレッグ

先述の2アイテムよりも若干太めのレッグパーツを使用する、テキーラベンチレッグ。テーブルやラックはワンバイ材がハマる設計でしたが、こちらはツーバイ材をレッグパーツに差し込むようになっています。写真では一人掛け用にツーバイ材をカットしていますが、2人掛けまで対応可能です。
ベンチとしての使用はもちろんのこと、インテリアではちょっとした棚としての使い道もいいかもしれません。アイデア次第で活用方法はいくつも広がりますね。

スチール製のレッグパーツのみからなるテキーラベンチレッグ。やや太めのシルエットやマットブラックのカラーリングからはインダストリアルな雰囲気が漂います。

組み立て方は、テキーラテーブルなどと同様にツーバイ材を差し込むだけでOK。

座面の高さは2パターンが選択可能です。暮らしているお部屋やシチュエーションに合わせて、選んでみてはいかがでしょうか?

2x4材を3本使っているため、耐荷重も十分。ホームセンターでも取り扱いのある、12フィート(約3.6m)の2×4木材を3分割すれば、2人掛けにちょうどいい約1.2mの長さに。 ※強度確保のため、長さ1.4m以上の木材は使用しないでください。

以上、DODで見つけたDIYなアウトドア家具たちでした。アウトドアでの使用はもちろんのこと、インテリアとしての活用もオススメしたいものばかり。
「アウトドアアイテムは外で使うもの…」という固定概念は捨てて、自分らしく取り入れてインテリアを楽しんでみてください!

INFORMATION

33 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!