2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します

毎日使う洗面所は清潔で快適に使いたいものです。スペースが限られているわりに意外と収納するものが多い場所でもあります。この記事では2畳ほどの洗面所をうまく使ためのレイアウトや、物を収納する時のポイントなどについて解説します。

公開日 2019.12.04

更新日 2019.12.04

2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します

洗面所を使いやすく清潔に保つことで毎日の生活も快適になります。洗面所は朝の洗顔や歯磨きなどの1日のスタートに欠かせない場所です。また、洗濯や入浴の際の脱衣など、日々の暮らしの中でも使う回数が多いでしょう。それゆえ空間をスッキリと広く保ち、少しでも過ごしやすくしておきたいものです。アイデア次第で、洗面所を快適に使うためのレイアウトや工夫についてご紹介します。

洗面所は2畳だと狭い?いいえ!工夫次第で快適空間に!

大抵の家の洗面所は2畳ほどのスペースであることが多いため、使っていて窮屈に感じることもあるでしょう。しかし工夫次第ではゆったり過ごすことができるのです。なぜ窮屈と感じるのか、その理由を理解して快適な空間作りを目指しましょう。

用途が多いからこそ狭く感じてしまう

洗面所が狭いと感じる大きな理由は、洗面所は限られたスペースでさまざまな役割を担っているためです。同様に限られたスペースでも、お風呂やトイレには基本的用途はひとつしかありません。しかし、洗面所には脱衣、洗濯などさまざまな作業を2畳ほどのスペースで行っているので、狭いと感じてしまうのです。

物が多い

洗面所は用途に合わせたいろいろな物が置かれているのでどうしても動けるスペースが限られてしまいます。洗面台のほかに脱衣した服を入れるカゴやタオルなどを収納する棚などが考えられます。さらに、洗濯機が置いている家庭では洗剤など洗濯に使う道具もあるでしょう。また、洗面所で衣服を干す場合もあります。このように物がたくさんあると、どうしても空間が狭くなり余裕を持って動くことが難しくなります。
2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します

使いたいタイミングが重なる

特に朝や夕方などの忙しい時間帯では、料理をしながら洗濯をするなど洗面所への出入りが多くなります。また、同じ時間帯に家族が身支度をしていたり、お風呂に入っていたりなど、ほかの家族と洗面所を使いたいタイミングが重なることが多々あります。2畳のスペースに複数人いるともっと広ければいいのにと思うこともあるでしょう。

できる!が見つかる、洗面所2畳オススメレイアウト&アイデア!

一般的に洗面所は2畳(1坪)ほどの家が多いでしょう。決して広いスペースとはいえませんが、道具やレイアウトを少し工夫することで動きやすく快適に使える場所になります。

ランドリーラックで洗濯機上のスペースを有効活用!

洗面所を使う時、最も乱雑になりやすい場所のひとつが洗濯機周りのスペースです。洗剤や掃除用具などを乱雑に置いてしまうため、空間を窮屈に感じさせる原因になってしまいます。そんな時、きれいに整理整頓するのに便利なのが「ランドリーラック」です。洗濯機周りのデッドスペースを有効活用できる優れもので、洗剤やランドリーバスケット、タオルなどをまとめて収納することができます。画像は、Instagramの@ta___kurashiさんの投稿をピックアップしたものです。

ブリ材バスケットのような平らなカゴを組み合わせて利用するのもオススメです。中身が見えないので、洗剤のラベルなども隠すことができ、オシャレな空間が演出できます。

つっぱり棒で洗面所上部のスペースを有効活用!

洗面所に置く洗面台には大抵引き出しが設けられています。ただドライヤーやタオル、化粧品など常に使用するものも入れておこうとすると引き出しだけでは収納に限界があります。洗面台の引き出しだけでなく、洗面所の上部に有効活用できるスペースがないか目を向けてみるとよいでしょう。
その工夫のひとつとして活躍するのがつっぱり棒です。洗面所の上部につっぱり棒を使用すれば、フックを使ってカゴもかけられます。同じ高さに複数の棒を渡せば、棚として使用することも可能。カゴを乗せて消耗品のストック置き場にしたり、洗剤など引き出しに入りにくいサイズのものを置いたりと万能です。つっぱり棒は幅に合わせて長さや耐荷重を確認して使用しましょう。画像は、おウチの収納.comで見つけたおさよさんのアイデアです。

ワゴンを使って全体のスペースを有効活用!

洗面所のスペースを大きく占拠している洗面台や洗濯機の位置は決まっているため、動かすことは難しいでしょう。そこで取り入れたいのがキャスター付きの「ワゴン」。移動も簡単で、服を入れるカゴやタオルなどが置けます。普段は洗面所内に置いていても、中で作業する時は外に出せるのでスペースを広く使えるのでとても便利!画像は、RoomClipで見つけたaoao723さんのアイデアです。

ちょっとしたスペースを有効活用!

意外と見落としている場所が洗面所にある隙間です。洗面台と洗濯機の間にある隙間や空いてる壁も積極的に活用しましょう。隙間に合うようにDIYで棚を作ってもよいですが、市販の棚ものでも幅が狭いサイズのものがいろいろあります。このスペースだけでも、洗剤や掃除道具などが置けるので収納力がアップします。

また、壁の空いてるスペースにも棚を取り付ければ年中使うものを置くのに便利です。洗剤など置いた時に見映えがよくないと感じたら、オシャレな容器に中身を入れ替えるのもオススメ。インテリアの一部にもなります。

消耗品置き場のスペースを有効活用!

洗剤やシャンプーなどの消耗品やタオルのストックが意外と洗面所のスペースを取っているという場合も。その結果、スペースがものだらけになってしまい、見映えも悪くなります。消耗品のストックであふれないようにすることが大切ですが、効率的にしまうには「ファイルボックス」を利用するのがオススメです。
2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します
書類を入れる時に使われることも多いファイルボックスは、実は日用品を入れるのにも便利な優れもの。ごちゃごちゃ置いているものをスッキリまとめることができ、白や木目柄のものを選べば見た目にも美しい印象を与えてくれます。統一感を持たせることで収納だけでなく、インテリアとしての効果も期待できるでしょう。画像は、Instagramで見つけた@cocoon_63さんのアイデアです。

「白」で統一するとスッキリ広々効果!

カラーリングを意識することでも広さを演出できます。その手法のひとつが壁や天井、フローリング、家具などの細かな部分まで「白」で統一することです。白は圧迫感がなく、開放感を与えてくれるカラー。インテリアのコーディネート術においても、広がりを演出したい時によく使われます。
2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します
全部を白で統一してしまうと少し無機質に感じるならば、ぬくもりのあるカラーを少しプラスしてみましょう。また、観葉植物の小鉢などのグリーンを置けば絶妙なアクセントになり、狭いながらもリラックスできる空間になります。

洗面所を快適に使うために適量を理解しよう

洗面所に必要なアイテムがきちんと揃っていることで毎日快適に暮らすことができます。空間が限られているため、下手にストックを増やすのではなく、必要なものを必要な分だけ揃えることを意識しましょう。意識せずにいると無駄なものが増えてしまい、洗面所が使いにくくなることもあります。

また、一定期間使っていないものは思い切って断捨離するのもひとつの手です。タオルなどはある程度の数だけストックして、何年も使い古したら雑巾にまわすなど、工夫するとよいでしょう。

洗面所の必須アイテム

毎日の生活に欠かせない歯ブラシと歯磨き粉は必ず置きたいアイテムでしょう。それに付随して、口をゆすぐためのコップやタオルも置きたいところです。帰宅して真っ先に洗面所へ向かい手洗いを済ませる人も多く、石けんやハンドソープなどもマストアイテムでしょう。また、冬場は風邪を予防するためのうがい薬も常備しておきたいですね。
2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します
また女性の場合は、洗顔料や化粧水、ボディクリームなどもスキンケアには欠かせません。男性であれば、電動シェーバーやカミソリも必要です。男女問わず使うドライヤーや整髪料、ブラシなどが考えられます。

そのほか、洗濯やお風呂掃除に使うものも洗面所にストックしておく家が多いでしょう。さらに子どもがいるご家庭では、お風呂で遊ぶおもちゃ類も洗面所に置いているかもしれません。家族構成や生活スタイルによって、必須アイテムは変わってきます。洗面所に必ず置いておきたいアイテムを確認し、整理することが大切です。

洗面所を片付けるコツ

2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します

取り出しやすく収納する

よく使うものをまとめて収納することがポイントです。物があちこちに分散していると、配置を覚えきれずにその都度探すことになります。毎日使うもの、掃除の時だけ使うものなど、分けて収納するようにしましょう。画像は、Instagramで@ehami123さんの投稿からピックアップしたものです。

ストックしてあるものが何かすぐわかるように収納しておくのは大前提です。細かいストック品はつい乱雑に引き出しへ入れてしまいがちですが、箱や引き出しに仕切りなどを設けて、品物の種類を一目で判別できるようにしておくと便利です。

使う場所の近くに収納する

続いて、アイテムの配置に気を付けましょう。洗顔用品は洗面台の近くに、洗濯用品ならば洗濯機の上や周りに置いておくと取り出しがスムーズです。バスタオルなどはお風呂場の出入り口からなるべく近いところに置くとよいでしょう。離れた場所にあると、身体が濡れたまま動かないとならないためです。

置きたい場所にスペースがない場合は、前述したとおりフックやつっぱり棒を応用して収納スペースを作ると便利です。配置や収納は平面だけでなく、空間全体を利用して考えるようにすると、2畳というスペースでも効率よく使えてスッキリ見せることができます。
2畳の洗面所レイアウト!快適に使うためのヒントを伝授します

使ったらすぐに戻す

同時に使ったものは元の場所に戻すということを習慣付けましょう。あちこちに物が出しっぱなしになっていると洗面所を狭く感じやすくなります。スペースに限りがあるため、原則として使ったものは出しっぱなしにせずすぐに戻しましょう。お風呂場も近いことから湿気も多いので、衛生的にもすぐしまうことをオススメします。画像は、Instagramで見つけた@koko_ieさんのスッキリと片付いた洗面所の例です。

洗面所は頻繁に利用する場所なので、限られたスペースでいかに効率よく動き、清潔に保つことが重要です。1日の始まりに使う場所でもあるので、ぜひこの記事を参考にしながらレイアウトを工夫し、自分なりの快適空間を作ってみてください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載