【場所別】おしゃれなリフォーム実例一覧!快適空間を作るコツとは?

キッチン・トイレ・お風呂などの水回り、リビング、外観などの場所ごとにリフォームの実例をご紹介します。自宅の老朽化にお困りで部分的なリノベーションをしたい人や、おしゃれなリフォーム事例を写真付きで見たい人は、ぜひ参考にしてみてください。

公開日 2020.10.12

更新日 2020.10.12

【場所別】おしゃれなリフォーム実例一覧!快適空間を作るコツとは?

全面リフォームではなく、気になる所を部分的にリフォームするだけでも、家の印象は大きく変わるものです。特に水回りの寿命は15年ほどといわれており、補修ついでにデザインの変更を考えている人も多いでしょう。
そこで今回は、お家時間を快適にするために、おしゃれなリフォーム事例を一覧でご紹介していきます。場所ごとに実例を解説しますので、部分リフォームを検討している人はぜひ参考にしてください。

リフォーム成功のためのポイントは場所ごとに違う!

水回りや寝室、リビングなど、場所によってリフォームの注意点はさまざまです。快適な空間を実現するためには、リフォームのポイントを場所別に確認するのがオススメ。ここでは、各場所のリフォームで着目すべきポイントと、おしゃれなリフォーム事例を写真付きでご紹介します。

家全体の快適性を左右する、リビングのリフォーム実例

リビングは過ごす時間が一番長く、居心地のよさや雰囲気にはこだわりたいものです。まずはデザインのポイントに触れつつ、リビングのリフォーム事例からご紹介します。

リビングリフォームのポイント

リビングのリフォームを左右するポイントは、デザイン・動線・照明など。中でも壁紙やカーテンの色、床材などは部屋の大部分を占めるため、雰囲気を決める重要な要素です。
部屋に高級感をプラスしたい時は、照明にこだわるのがよいでしょう。メインライトで空間全体を、間接照明やダウンライトで床を照らすよう配置するのがオススメです。

コンセプトを決めて落ち着く空間を演出、上質な大人のリビング

Instagramで見つけた@neet_shufuさんの投稿をピックアップ。LDKの壁一面に大窓を設置し、季節の変化を身近に感じられる空間になりました。余白を多く取った、ゆとりのある間取りもポイントです。

天井の素材感がおしゃれな白で統一されたリビング

Instagramに投稿されている@kiko__502さん宅のリビングです。カラーは白とシルバーでまとめ、木材も統一感のあるものを使用しています。シンプルな色合いと素材感がマッチした、バランスのよいデザインが魅力的です。

限られたスペースを広く見せる、吹き抜けのリビング

Instagramに寄せられた@_chiihouseさんのリフォーム事例です。天井を吹き抜けにし、家具もできるだけ背の低いものを選びました。空間を上手に使い、開放感のある空間を演出しています。

最新設備で毎日の家事負担を軽減!キッチンのリフォーム実例

設備によって家事の効率も変わるため、キッチンは機能性にも気を配りたいところ。デザインだけでなく、生活のしやすさにも注目した魅力的なキッチンをご紹介します。

キッチンリフォームのポイント

オープンキッチンとクローズキッチンで迷っている人は多いでしょう。オープンキッチンは「対面式キッチン」とも呼ばれ、調理中でも子どもの様子が見え、家族と会話がしやすい配置です。広いスペースが必要なため、希望によっては壁を取り壊して部屋面積を広げるなどの工事を要します。
一方、クローズキッチンとは「壁付キッチン」のことで、料理に集中したい人や狭いスペースを活かしてキッチンを作りたい人にオススメです。

また、自分に合った使いやすい設備選びも重要なポイントです。シンクの高さは「身長(cm)÷2+5cm」を目安に、体に負担がかからない高さを選びましょう。ほかにも、コンロは安全性重視ならIHヒーターを、土鍋やガラス鍋を使用するならガスコンロを選ぶなど、生活スタイルによって選ぶ種類は変わります。

シンプルデザインがまるでモデルルーム!モダンなアイランドキッチン

Instagram で見つけた@t___home__さんの投稿からピックアップ。洗練されたデザインが魅力のオープンキッチンです。料理しながら部屋を見渡しやすく、家族の様子が分かるため安心感もあります。

生活感の出やすい冷蔵庫をパントリーに収納、工夫が光るキッチン

Instagramで@tano_amさんが投稿したキッチン事例です。冷蔵庫を見えにくいところに配置することで、生活感が出過ぎないスタイリッシュな空間へ。木材の温かい雰囲気とモードなキッチン周りとの対比がおしゃれなデザインです。

統一されたナチュラルテイストが魅力の対面式キッチン

Instagramで見つけた@510_ouchi_さんのキッチンリフォーム事例です。ダイニングキッチン全体のカラーを統一し、開放感のある明るい印象に仕上げています。カップボードの中にゴミ箱や炊飯器を隠すなど、収納の工夫も満載です。

一味違うおしゃれ空間を演出。水回り(トイレ・浴室・洗面所)のリフォーム実例

水回りは生活感が出やすく、洗練された空間に憧れる人も多いでしょう。お手入れのしやすさ、水捌けのよさなどの利便性も考慮した、水回りのリフォーム事例をご紹介します。

水回りリフォームのポイント

水回りの補修が必要になってくる築10〜15年を目安に、トイレや浴室、洗面所の同時リフォームがオススメです。まとめて依頼すると、デザインを統一することもできます。近年ではバリアフリー設計の依頼も増えており、手すりの設置や段差の解消などをお願いするのもよいでしょう。
浴槽のサイズは、家族構成や好みなどによって適切な大きさを選びましょう。水捌けや清掃性なども確認し、メンテナンスしやすい素材を選ぶことも大切です。
トイレには「タンクレス型」と「タンク付き型」の2種類があり、スタイリッシュな見た目にこだわる人にはタンクレス型がオススメ。しかし、手洗い場をつける費用が別途かかるため注意しましょう。

掃除の手間を大幅カットする、フロートタイプのトイレ

@kurasukoto_さんのInstagram投稿よりピックアップ。トイレは、メンテナンスのしやすい最新のフロートタイプです。空間を広く取り、統一したデザインの手洗い場を設置しています。

あえて設備を減らしたら利便性がアップしたお風呂

Instagramに投稿された@__amastyle__さんの浴室リフォーム事例です。掃除のしやすさを意識し、シャンプー類などを壁に掛ける設計にしました。清潔感があり、水垢の目立ちにくい壁紙もポイントです。

室内干しも可!ランドリールームを備えた洗面台

@s.i.lifeさんのInstagramで見つけた洗面所リフォーム事例です。5畳のスペースを贅沢に使い、洗面所にランドリールムームを設置しました。作業台の高さと奥行きを洗面台に合わせたことで、広々とした空間を実現しています。

デザイン次第で使い方も広がる!個室(洋室・和室)のリフォーム実例

さまざまな使い方が考えられる個室では、将来のライフスタイルを見据えたリフォームが大切。家族の成長や変化に寄り添った洋室・和室のリフォーム事例をご紹介します。

個室(洋室・和室)リフォームのポイント

暮らしの変化や家族の成長に併せて、レイアウトや収納を変更できると便利です。部屋の区切りには壁ではなく間仕切りを設置する、固定収納スペースを作らず可動式のものにする、などの工夫がオススメ。
リビングと隣接できる和室ではデザインの調和を意識する、将来子ども部屋として使う部屋は防音性を高くするなど、さまざまな用途を考えた上でリフォームを検討しましょう。

将来はベッドを分割。明るくシンプルな寝室

@emi45ichiさんのInstagram投稿で見つけた寝室リフォーム事例です。複数のベッドを繋げ、家族全員で眠れる工夫を施しました。将来はベッドを分割し、成長した子どもたちが各々の部屋で使用できるよう計画しています。

吊り押入れで空間をより広く!まるで高級旅館のような和室

Instagramからピックアップした@__a.k__hmさんの和室リフォーム。吊り押し入れを設置し、間接照明を効果的に使うことでゆとりを演出しています。石のタイルで高級感のあるデザインにしました。

「住みやすさ」を向上!収納を増やすリフォーム実例

スペースを上手に活用し、生活感の少ない空間にすることが、おしゃれな部屋づくりに繋がります。ここでは、空間を有効活用し、収納スペースの増設に成功したリフォーム事例をご紹介します。

収納増設リフォームのポイント

リフォーム業者と相談し、家のデッドスペースを活用します。マンションでは共用部をリフォームできないケースが多いので、施工できる箇所を事前に確認しておきましょう。
また、扉の形状によって荷物の出し入れがしにくくなることもあります。観音開きや引き戸など、場所によって使いやすい扉の種類はどれか検討しましょう。

寝室へ続く廊下が収納に変身「ウォークスルークローゼット」

【場所別】おしゃれなリフォーム実例一覧!快適空間を作るコツとは?
「SUVACO」に掲載されているリフォーム事例です。リビングと寝室を繋ぐ廊下に、大胆なウォークスルークローゼットを設置しました。内装はホワイトと木材の柔らかな風合いでまとめ、明るくクリーンな印象に仕上げています。

家の第一印象が変わる、玄関&外観(屋根・外壁)のリフォーム実例

外壁・屋根の塗装は、築10年が塗り替えの目安です。家の強度を保つためにも、適切な時期に外観のリフォームを行いましょう。ここでは、家の第一印象を決める外回りのリフォーム事例をご紹介します。

玄関&外観(屋根・外壁)リフォームのポイント

玄関リフォームのポイントは、明るさ・収納・清掃性・内装・ドアなどです。構造的に光が入りにくい玄関は、窓や吹き抜けを作るなどの工事をすることもあります。ドアのリフォームは、ドア交換だけでなくサイズそのものを変更する場合、別途工事費用がかかるため注意が必要です。
屋根・外壁塗装では、塗料の種類によって耐用年数や費用はさまざまです。しかし、あまりに安い塗料を使用すると耐用年数が低くなり、追加工事の発生により余計な費用がかかることも。多少高額でも、上質な塗料を使用して長く使用したほうがお得かもしれません。

大きなドアと窓で開放感のある、広々とした玄関

「リショップナビ」に掲載されている、戸建て住宅の玄関のリフォーム事例です。もともとあった大きな窓はそのまま生かし、余裕のある広々とした玄関になりました。統一感のあるデザインもこだわりのポイントです。

イメージ一新!外壁塗装でシックな印象へ生まれ変わった家

「ONTEX」に掲載されている外壁塗装の事例です。明るいカラーだった住宅をブラックベースに塗り直し、シックで落ち着いた印象へ。築年数が浅くても、デザインを変えたい人にはオススメのリフォームです。

【疑問】マンションと戸建て、可能なリフォームに差はある?

マンションでは玄関・ベランダなどの共用部や、構造部分を変更できないケースが多く、水回りなどを移動した際、床に段差が発生することもあります。物件によっては床のフローリング変更禁止などの制約もあり、リノベーションが限定されることは避けられないでしょう。耐震工事や外構工事が必要ない分、一戸建てより低コストになりやすい点は魅力といえます。
対して一戸建ては、構造以外の規制がないため内装・外装を自由に変えられます。しかし、木造や鉄骨造などの構造によって可能なリフォームが異なり、構造次第では間取り変更ができないケースも。耐震補強などで費用が膨らめば、マンションよりも高額の費用がかかります。

毎日使う住宅だからこそ、デザインや機能性など、居心地のよさにはこだわりたいところです。ライフスタイルに合った具体的なリフォーム内容やデザインをご希望の方は、ぜひ「カシワバラ・コーポレーション」に相談してみてください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク