ナチュラルに、心地よく。素材と経年劣化を楽しむ部屋作りのコツとは?

コンセプトを設けた個性豊かなリノベーション賃貸ブランドREISMのリノベ賃貸。その中でも自分好みの物件と出会えたなら、その部屋のインテリアも自分らしさを出したいですよね。ということで、今回もREISMのプロフェッショナルチームが提案するコーデ術をご紹介。プロ目線で提案する丁寧な暮らしはぜひ参考にしてみてください。

公開日 2021.03.03

更新日 2021.03.03

ナチュラルに、心地よく。素材と経年劣化を楽しむ部屋作りのコツとは?

ワンランク上のコーディネートを目指したいリノベ賃貸の暮らし!使えるテクニックを伝授します!!

原状回復を目的としたリフォームとは異なり、一度全ての内装を取り払い、間取りの変更から給排水管の交換、断熱工事といった居住性能や機能性、さらにはライフスタイルまでもレベルアップさせるのが、リノベーション。そんなコンテンツの裾も広がり、賃貸という形でリノベ物件の貸し出しを行っている企業もあるんです。それがリノベーション賃貸ブランドREISM。これまでDIYer(s)でも、同社の協力のもと、実際に賃貸リノベに引っ越した人にクローズアップした連載や、コンセプトを設けた賃貸リノベシリーズの各カテゴリー紹介などを行ってきました。
そしてこの記事では、せっかく素敵なリノベ賃貸に引越しをしたのだから、インテリアコーディネートにもこだわりたい。そんなお悩みを解決するべく、REISMのプロフェッショナルチームが作り上げた空間をご紹介します。シリーズに合わせて、巧みに組まれたコーディネートは細やかなテクニックであふれ、参考になるものばかり。これから新生活に向けて準備している方にもオススメしたい内容となっています。

ということで、早速今回の舞台となるお部屋をご覧いただきましょう。
リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?
とびきりの素材と暮らすというコンセプトを掲げる“sozai”シリーズ。その名の通り素材の心地よさをとことん追求した自然派リノベ賃貸で、コチラは西武鉄道、桜台のお部屋となっております。このシリーズの特徴は、やはり彩りより質感重視している点。木目が大人しく、品のある質感のバーチの無垢材をフローリングに使用したり、シナ材を貼った化粧壁でファサードを印象的にしたり、素材へのこだわりを随所で感じさせます。加えて、その雰囲気を助長してくれるのが、漆喰壁。調湿効果もある自然素材の漆喰による、コテ跡を残した独特の凹凸感が洗練された雰囲気を演出してくれます。
インテリアコーディネートされていなくても気持ちのいいすっきりとしたお部屋。果たして、どのように変化するのでしょうか。

大きなものこそ、オシャレなものを選びたい

リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?
こちらが、REISMのプロフェッショナルチームによるインテリアコーディネイトが施された部屋の様子。sozaiシリーズならではの無垢床や漆喰壁など、ナチュラルな印象にまとまりました。永くモノを愛し、経年劣化を楽しみながら、丁寧に日々を暮らすライフスタイルを想定したコーデとなっています。
リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?
そんなお部屋の中で、主役となっているのが北欧の顔をしたデイベッド。昼間はソファ、夜はベッドとして使えるユーティリティープレイヤーです。

ワンルームのインテリアコーディネートにおいて、大きな家具はいつでも視界に入り、その部屋の印象を大きく左右します。朝起きて、休日は食事やリラックスをして過ごし、夜は休息する。人生で家にいる時間は実際とても長いんです。だからこそ、お部屋での空間を大きく占めるものはしっかりと吟味することをオススメします。

部屋の主役であるデイベッドの相棒となるのはACME FurnitureオリジナルBALBOAシリーズのコーヒーテーブル。楕円のデザインが優しいアメリカ西海風のラタンxガラスのコンビネーションは部屋の雰囲気ともマッチしています。

リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?

棚はりんご箱を重ねたDIYスタイル。りんご箱も経年変化を楽しめ、組み合わせを楽しめる人気の収納アイテムです。自由にシェルフの形状を作ることもできる便利なアイテムなので、賃貸住まいの方にはオススメです。

REISMのプロフェッショナルチームの方いわく、大きな家具を選ぶ際は、サイズや用途も大切だが、直感も大切なんだそう。「これが部屋にあったら幸せだな」という視点も大切にすると結果的に満足度も上がるそうです。

また、自然素材を選ぶ場合はメンテナンスができるのかも、注目したいポイント。手を掛けて美しくしたいのであれば無垢材オイル仕上げ、手入れが苦手な方は汚れに強いウレタン仕上げを選ぶなど、家具との付き合い方も重要です。

1日のうちに明るさの変化を楽しむ

リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?
こちらのお部屋をよーく見ると気づくことがありませんか?そう実は照明の数がとても少ないんです。実はこちらのお部屋は採光の優れた大きな窓があるため、自然光がたっぷり入り、日中はとても明るいんです。
そんな特性を活かして、窓側には強めの照明は持って来ず、自然光が届きにくい居室入り口のみペンダントライトを設置しています。1日の明るさの変化をドラマチックに楽しめるという光もコーディネートされているという高度なテクニックなんです。
リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?

ダイニングテーブルを照らすのはACME Furnitureのオーバルラップランプ。シェードをあえて斜めにすることで陰影が発生し、光と影を楽しむことができる仕様となっており、落ち着ける空間作りの手助けをしてくれます。

リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?

一人暮らしには少し大きめのダイニングテーブルはワーキングスペースとしても活躍。表情豊かな木目の天板はバーチ材フローリングとの相性も抜群です。

家具をメンテナンスをすることで、愛着も湧き、傷が付いても許せたり、愛おしく感じることができるように、部屋とも成長していくインテリアコーディネート。素材にから生まれる温もりや、光との上手な付き合い方など、まるで自然と対話するような優しさを感じることができました。
リノベ賃貸と経年変化を楽しむ。REISMが提案する丁寧な暮らしとは?
また部屋の主役となる家具選びに関しても参考になったのではないでしょうか。4月から新生活という人にはぜひトライしてもらいたい、タメになるテクニックの数々をご教示いただけました!まだまだ続くおうち時間。心地よさを意識して、より良い暮らしを作っていきたいところですね。

また、インテリアとして登場した家具たちはREISMのセレクトショップ、「REISM SELECT」で購入可能。家具をはじめ、キッチン用品や古着など幅広いラインナップとなっているのでぜひチェックしてみてください。

ちなみに、今回紹介した物件である桜台のsozaiは、残念ながら現在入居中。ですがREISMのサイトではウェイティング登録機能を完備。登録をしておくだけで、退去の予定を優先的にお知らせしてくれる便利な機能なんです。物件が気になった方はコチラのご登録もぜひお忘れなく!

INFORMATION

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク