ヘリンボーン壁紙でイメチェン!クラシカルなお部屋を作る参考実例

ヘリンボーンの壁紙を使用したオシャレなお部屋の作り方や、色による印象の違い、剥がせる壁紙の選び方などを解説します。また、インテリアのテイストごとにコーディネートの事例もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

公開日 2019.11.03

更新日 2019.11.03

ヘリンボーン壁紙でイメチェン!クラシカルなお部屋を作る参考実例

貼って剥がせる壁紙の中でも、人気の高いデザイン“ヘリンボーン”。落ち着いたデザインなので、どんなお部屋にも馴染みやすいのが魅力です。ただ、ヘリンボーンの中にもさまざまな種類があるため「どれを選べばいいの?」と迷う人もいるでしょう。そこで今回は、ヘリンボーンの壁紙でお部屋のイメチェンをしたいと考えている人に向けて、基本情報や剥がせる壁紙の選び方、色による印象の違いなどを解説していきます。また、実際にヘリンボーンの壁紙を使用したオシャレな部屋の実例もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

剥がせるヘリンボーン壁紙でイメチェンを楽しもう!

ヘリンボーン壁紙でイメチェン!クラシカルなお部屋を作る参考実例
剥がせる壁紙は、手軽にお部屋のイメージを変えられ、賃貸マンションでも使用できる便利なアイテムです。単調な壁紙に飽きてしまったという人は、人気のヘリンボーン壁紙でお部屋をオシャレに変身させましょう。
※画像は、Instagramで見つけた@ai_mingoさんの投稿からピックアップ。

「ヘリンボーン」ってどんなデザイン?

“ヘリンボーン=herringbone”という英単語は、直訳すると“ニシンの骨”という意味です。Vの字に組み合わさった模様が魚の骨を連想させることから、このように呼ばれるようになりました。ヘリンボーンは品のある落ち着いたデザインのため、壁紙やフローリングのようなインテリアだけではなく、男性用のスーツなど衣類にもよく使われています。独特の個性を出しつつもシンプルに決まるので「普通の壁紙だと味気ないけど、派手過ぎるのも苦手!」という人にぴったりのデザインです。

剥がせるヘリンボーン壁紙の選び方

剥がせる壁紙はその名の通り、壁を傷つけることなく、綺麗に剥がしやすい壁紙です。のりやシールで簡単に貼り付けることができるので、初心者でも比較的挑戦しやすいDIYといえるでしょう。剥がせるヘリンボーン壁紙を選ぶ時は、お部屋の壁と相性のいい素材を選ぶことがポイントです。壁の種類によっては剥がせる壁紙に対応していない場合もあるので、購入する前にしっかりと確認しておきましょう!また、粘着力が強いタイプの壁紙を貼った場合、はがす時にのりやシールが壁に残ってしまうことがあります。剥がせる壁紙とはいえど、壁の状態や環境によってはうまく剥がれないこともあるので、なるべく粘着力が強過ぎない壁紙を選ぶのがオススメです。ヘリンボーン柄に限らず、剥がせる壁紙を購入する際は、「サンゲツ」「リリカラ」「シンコール」など、品質の高い国内メーカーを選ぶといいでしょう。

色によって印象が変わる!ヘリンボーン壁紙の魅力

ヘリンボーンの壁紙は色の種類が豊富で、どんなテイストのお部屋にも比較的合わせやすいことが特徴です。また、選ぶ色によって全く違う表情を見せるということも、ヘリンボーン壁紙の魅力の一つ!そのため、「壁紙に模様があるとごちゃごちゃして見えそうで心配」「部屋の色を白で統一しているからヘリンボーンは合わなそう」という不安がある人にもオススメですよ。

モノトーンやシャビーシックな部屋にぴったり!ヘリンボーン壁紙×白

どんなお部屋とも相性のいい、白のヘリンボーン壁紙。白の壁紙には、お部屋を明るくし、空間を広く見せてくれる効果も!白のヘリンボーン壁紙の中には、全て白のタイプと、模様が黒で縁取られているタイプがあります。どちらのタイプもお部屋に馴染みやすいですが、よりシンプルに見せたい時は全て白のタイプ、モノトーン感を際立たせたい時や遊び心がほしい場合は、黒で縁取られているタイプを選ぶのがオススメです。木目調や織物調などの種類によっても印象が大きく変わるので、お部屋のインテリアに合う素材を見つけましょう。

優しく温かみのある部屋に!ヘリンボーン壁紙×ナチュラル

ヘリンボーン壁紙でイメチェン!クラシカルなお部屋を作る参考実例
ナチュラル素材のヘリンボーン壁紙は、フローリングや家具に合わせやすく、何年経っても飽きのこないシンプルなデザインが魅力です。壁紙を変えるだけで、簡単に部屋を温もりのある空間にしてくれます。優しい色合いのため、北欧やカントリー、カフェ風のインテリアとも相性ばっちり。「ナチュラル素材を使いたいけど、高級感も出したい」という時は、暗い色と明るい色が混ざったタイプのヘリンボーン壁紙がオススメです。画像はInstagramで見つけた@h_ta670さんの投稿からピックアップ。

男前なアメリカンスタイルに変身!ヘリンボーン壁紙×ヴィンテージ

ヴィンテージ素材のヘリンボーン壁紙は、ほどよく力の抜けたカジュアルな雰囲気が魅力です。アメリカンスタイルが好きな人はもちろん、こなれ感を出したいという人にもぴったり。色の種類が豊富にあるため、部屋にメリハリをつけたい場合はダークブラウンの壁紙、部屋を明るくしたい時や家具を引き立てたい時はナチュラルテイストの壁紙など、目的に合わせて選ぶようにするといいでしょう。ヴィンテージ素材のヘリンボーン壁紙は全体的にレトロで落ち着きのある色合いなので、お部屋を居心地のよい空間にしてくれます。画像はLilycolorの壁紙コーディネートコンテストに掲載されている、静岡ガスリビングさんの施工事例です。

デザイン選びが楽しい!ヘリンボーン壁紙&インテリアの参考実例

ヘリンボーン壁紙のデザインを選ぶ時は、部屋の場所や周りのインテリアに合わせることも大切です。ここからは、ヘリンボーン壁紙&インテリアの実例をご紹介していくので、デザイン選びの参考にしてみてください。

DIY初心者さんにもオススメ!ヘリンボーン×白の壁紙

画像はRoomClipで見つけたmnmさんのアイデア。DIYに初めて挑戦するという人にオススメなのが、白の壁紙にヘリンボーンを組み合わせる方法です。ポイントは、お部屋全ての壁に貼るのではなく、壁の一部分のみをヘリンボーン壁紙に変えることです。テレビの背面や飾り棚背面の壁にだけヘリンボーンの壁紙を貼ることで、お部屋にアクセントを加えることができます。天井や隣り合わせの壁紙がシンプルな白なので、ヘリンボーンがより映えやすくなりますよ。

キッチンの腰壁にヘリンボーンのアクセントを!

キッチンの腰壁とは、リビング側から見えるキッチンカウンターの壁を指します。腰壁はリビングの壁に比べて面積が小さく、なおかつ目につきやすい位置にあるので、お部屋にアクセントを加えたい時にぴったりの場所。周りの壁が無地であれば、カラフルな木目調のヘリンボーン壁紙を貼り付けてもバランスがよく見えますし、ヴィンテージ素材の壁紙を腰壁に貼ることで、カフェのような雰囲気を出せます。統一感のあるお部屋を作るには、壁紙・家具・小物のテイストをしっかりと合わせることが大切です。画像はReliで紹介されている、株式会社ALLAGIさんのリノベーション事例です。

ヘリンボーン模様は階段リメイクにもオススメ!

そのままだと少し寂しい感じがする階段も、ヘリンボーン壁紙を貼るだけでパッと目を引くオシャレな空間に大変身させられます。階段は壁などに比べて貼る面積が小さく、簡単にリメイクができるため、DIY初心者の人にもオススメです。階段全てをヘリンボーン壁紙で統一しても可愛いですが、バランスよくほかの種類の壁紙も取り入れると、よりオシャレな雰囲気を出せます。相性のいい壁紙としては、単色のシンプルな壁紙やデニム風の壁紙、塗料で塗ったようなヴィンテージ風の壁紙など。単色の場合は、白や紺色、灰色などの合わせやすい色を選ぶといいでしょう。画像はyukiyuki-88さんのアイデアでRoomClipから。

コンクリート風壁紙×ヘリンボーンでトイレをスタイリッシュに

生活感のないスタイリッシュなトイレを作りたい時は、コンクリート風壁紙とヘリンボーン壁紙の組み合わせがオススメです。コンクリート風壁紙だけでは無機質で地味な印象になりやすいですが、収納扉部分を白のヘリンボーン壁紙にすることで、ほどよい抜け感とかっこよさをプラスできます。白のヘリンボーン壁紙を選ぶ際は、模様が黒で縁取りされているタイプをチョイスすると、よりスタイリッシュさが引き立つでしょう。トイレに置く小物はモノトーンをベースにし、差し色として植物を置くことにより、まとまりのあるインテリアに仕上がります。ほかのトイレとかぶらない、ハイレベルな組み合わせを楽しみましょう。画像はsawawaさんのDIY事例で、同じくRoomClipから。

ヘリンボーン壁紙×ステッカーシールでドアをイメチェン

ヘリンボーン壁紙でイメチェン!クラシカルなお部屋を作る参考実例
お部屋のドアをリメイクする場合、壁紙を貼っただけでは「少し物足りないかな?」と感じることがありかも。そんな時は、壁紙の上にオシャレなステッカーシールを貼って、さらにアレンジを加えてみましょう。ヘリンボーン壁紙と特に相性がいいのは、英字のステッカーシールです。アメリカンスタイルのお部屋にはもちろん、北欧スタイルやシャビーシックなお部屋にもぴったり。オリジナリティあふれる素敵なドアに仕上がります。英字のステッカーシールは100均でも手に入るので、安い値段で簡単にドアのイメチェンを楽しめます。ヘリンボーン壁紙の色は、お部屋のテイストに合わせて選ぶようにしましょう。画像は、limiaに掲載されているyukaさんのリメイク事例です。

ヘリンボーンで吊り戸棚をリメイク!男前空間にも◎

画像はPictameに掲載されているSAYOさんのアイデア。キッチンやリビングなどの吊り戸棚は、高い位置に設置されていることが多いため、生活をする上で目に入りやすい場所でもあります。そのため、吊り戸棚をリメイクすることで、お部屋のイメージをガラッと変えることが可能です。オススメは、落ち着きのあるウッド調のヘリンボーン壁紙を使用したリメイク。貼り付けるだけで、お部屋が一気に男前な空間に早変わりします。家具や小物は黒を基調にすると、よりかっこいい雰囲気のお部屋に仕上がるでしょう。

木目調ヘリンボーン×マリンが素敵な西海岸スタイル

海や空をイメージした西海岸スタイルのインテリアには、木目調のヘリンボーン壁紙を合わせてみましょう。木目調を選ぶことで、貝殻やヒトデなどをモチーフにしたインテリアなどにも馴染みやすくなります。明るく爽やかな印象のお部屋にしたい場合は白のヘリンボーン壁紙、爽やかさに落ち着いた雰囲気も取り入れたい場合はダークブラウンの壁紙を選ぶといいでしょう。ソファーやカーペット、カーテンなどの大きい家具類は水色を基調とするとマリン感が増すのでオススメです。画像は、RoomClipで見つけたYumiさんのコーディネート。

ヘリンボーンの壁紙は、シンプルでありながらも上品さやオシャレ感を出せることが魅力です。壁紙はもちろん、棚やドアなどもアレンジをして、クラシカルな雰囲気のお部屋を作りましょう。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載