椅子をDIY!自分らしいリビングライフを楽しむ

小さいけれど、インテリアの中で確実な存在感を示す椅子。サイズや素材感など、手作りすれば思い通りのプロダクトがDIYできるんです。

公開日 2017.05.18

更新日 2017.11.22

椅子をDIY!自分らしいリビングライフを楽しむ

自分らしい空間に欠かせない手作りの椅子

洗練されたディスプレイや温かみのある空間にある、おしゃれな手作りの椅子。今回は、そんなお部屋作りを目指している方のために、ピッタリのデザインが見つかりそうなDIYプロダクトを多数ご紹介します。使用する素材や作り方のほか、おしゃれベンチや折りたたみ式スツールなど、用途に合わせたアイデアをピックアップ。簡単&シンプルに作れるものから、DIY上級者も参考になりそうな椅子まで、おしゃれアイデアを見つけてみませんか。

HANDMADED CHAIR.01

キッチンやリビングのカウンター、レストランなど、さりげなく置いてあるだけでもおしゃれな、丸スツールを販売している、Into The Dirtshop。使い込まれた古材を丸型に切り抜き、スチールのバーに取り付けた、完全手作りのスツールです。古材は、年代の違うものや種類の違うものをつなぎ合わせて1つの板にし、丸型にしているので、できあがった時にどんな個性が現れるのかを想像するのも楽しいですね。詳しい作り方はYoutubeで紹介されています。

HANDMADED CHAIR.02

「バケットスツール」と名付けられたこちらの椅子は、コンクリートをバケツの中に流し込んで座面を作っています。主な材料は、コンクリートミックスと、脚となる木の棒3本だけなので、とてもシンプル。バケツの中にコンクリートを入れて平らにならし、足を差し込んで固まったら取り出します。座面や脚の先をペイントすることで、モダンな印象に。脚がグラつく場合は、パイプキャップをはめ込むなどして調整すると安定します。写真右のスツールのように、4本の棒を脚にして、足置きを作るとさらに使い勝手もよさそう。HomeMadeModernから。

HANDMADED CHAIR.03

合板をカットして作られた、スタイリッシュなスツールを紹介しているSarahさん。既成のものを購入した場合、自分の足の長さや、机とのバランスが悪く、座りづらいということもしばしばありますよね。DIYなら、自分好みのサイズに作ることができるので、使用時の悩みを簡単に解決することができます。足掛けも作っておけば、長時間の作業でも楽に座ることができそうです。

HANDMADED CHAIR.04

丸くくり抜いた天板の両サイドに、丸スツールを組み合わせると、テーブルやベンチになるという驚きのデザイン。アメリカのデザイナーLisaさんによる作品です。使わない時には、天板は部屋の隅に立てかけておけたり、スツールは重ねて収納できたりする機能面においてもスタイリッシュな一品です。ホームパーティなど大勢で集まるときに、みんなで組み立てたりするのも楽しそう。

HANDMADED CHAIR.05

配管パイプを使ったテーブルや棚のDIYアイデアはよく見かけますが、人気のインダストリアルデザインのお部屋を目指すなら、スツールにも挑戦してみてはいかがでしょうか。HomeMadeModernで紹介されているこちらのデザインなら、一脚置いておくだけでも、お部屋の雰囲気が一気に変わりそうです。さらにクールな雰囲気が欲しいなら、木材の色をダークに変えてみても良さそうです。

HANDMADED CHAIR.06

via http://bricoletcarton.canalblog.com/
段ボールを使った簡単スツールを紹介しているサイトを発見しました! 脚の部分は、正方形に切った段ボールに切り込みを入れ、はめ込んで固定します。座面として使用する丸い段ボールは、全部で4枚。脚と接着する1枚だけ、クロスさせた部分にはめ込むために十字にくり抜き、残り3枚を上に重ねて貼り付ければ、スツールの出来あがり。宅配されてきた段ボールを使えば、材料費はゼロです。一度チャレンジしてみたいですね。

HANDMADED CHAIR.07

つづいて、工具なしでDIYできるアイデアをご紹介します。なんと、収納用の折りたたみコンテナの上に天板を乗せて作った、即席スツール! コンテナをスタッキングすれば、高さも思いのままです。業務用のコンテナなら耐荷重もあるようで、男性でも問題なく座れることができたそう。もちろん、天板を上に乗せるだけでも良いのですが、インテリアショップVANILLAのブログでは、四隅をカットしてスタッキング用の突起部分にはめて使用しています。

HANDMADED CHAIR.08

ころんとしたフォルムと、手触りのやわらかそうなキッズチェアの作り方を、HomeMadeModernのyoutubeで見られます。実はこちらの椅子、切り出してきた丸太を削って作られたもの。床との接地面と座面をおおまかに削り、まわりの皮をはいだら、しっかりとやすりをかけていきます。割れ目などに蜜蝋などを流し込んで補修をしておけば、お子様が触れる場合も安心できそうですね。木材のやさしい風合いがナチュラルなリビングに溶け込みます。

HANDMADED CHAIR.09

DIY Creatorsのyoutubeで紹介されているのは、まるで座面が浮いているように見える背もたれ付きのチェア。正方形の枠の中に、2×4材などの端材で作ったL字型の椅子を角度を付けて固定しています。木製パレットなどを利用するとさらに手早く座面を作ることができそうです。ダークブラウンのペンキを塗ってから、一度拭き取ることで木目の印象を引き出し、落ち着いた雰囲気を演出。アウトドアチェアとして作られていますが、お部屋の中に置いても素敵ですね。

HANDMADED CHAIR.10

Modern Buildsのyoutubeからは、折りたたみ式アウトドアチェアをご紹介。今回使用してるのは、落ち着いた色合いが魅力のクルミの木。さらに、モダンな印象の革張りをミックスした大人のデザインです。DIY初心者には少し難しいかもしれませんが、製作者のブログで設計図をダウンロードすることができるので、作ってみたいという方はさっそく挑戦してみては。

HANDMADED CHAIR.11

洗練された空間を作り出してくれそうな、ロッキンチェアもDIYすることができます。HomeMadeModernのyoutubeで紹介されているこちらのアイデアは、背もたれや座面に、ていねいに細木を渡すことで生まれる、優雅な曲線が印象的です。コンパクトな作りではないので場所は取りますが、書斎やウッドデッキなどのゆったり過ごすスペースなど、リラックスしたお部屋づくりを目指している方にピッタリなデザインです。

HANDMADED CHAIR.12

IKEAの製品を使って、オリジナリティのあるアイテムに変身させる「IKEA HACK」。コンクリートを使ったこちらの椅子の元になっているのは、実はIKEAのキッズチェアです。プラスチック製の椅子をひっくり返して中にコンクリートを流し込み、固まったらプラスチックを外します。やすりをかけて整えたら、あっという間に完成。お気に入りのサイズとはいえ、プラスチックだと、せっかくのおしゃれインテリアが台無しになってしまうことも。そんな時に、試してみたいアイデアですね。出来あがったら、お子さんと一緒に塗装をするのも楽しそう。HomeMadeModernのyoutubeから。

HANDMADED CHAIR.13

鉄骨のパイプを使った無骨なデザインのチェアは、憧れのインダストリアルインテリアに取り入れたい一品。Hassan Abu-Izmeroのyoutubeで公開されているアイデアは、誰でも試せる簡単な工程ではないのですが、モノヅクリを楽しんでいる人にとって、DIYの参考になるポイントがたくさん詰まっています。もちろん、生活の中で使いやすい機能美を兼ねているところも、インダストリアルの魅力です。動画の最後では、仕上げの艶だしと塗装を施し、あえて背もたれだけ落ち着いたダークブラウンに変えています。そんなところからも、粋なオトコらしさが伝わってきそうです。

HANDMADED CHAIR.14

休日ののんびり朝ごはんや、一日のご褒美にいただくお酒など、幸せな気持ちになれそうなカウンターにかかせない「バースツール」。DIYなら、自分好みに座面を広く取ったり、座り心地にこだわったりと、ずっと座っていたくなるようなスツールが作れます。またdjubar1975のyoutubeでは、板材の接合を美しく仕上げる方法も紹介されています。例えば、脚になる木の側面を掘って溝をつくり、足置きになる木をピッタリとはめ込みます。凸凹の接合部分をつくることで、ネジなどを多用しなくても頑丈な作りになるので、さらにDIYの精度を上げていきたい方はぜひ試してみて。

HANDMADED CHAIR.15

ホームセンターなどで、気軽に購入できる2×4材。安価ながらも、丈夫な家具を作ることができるのでDIY好きには定番の材料ですよね。それを使った足高のスツールを製作している様子が、Rayさんのyoutubeで見られます。また、ウォールナット色の家具は、明るい色の床ならメリハリを楽しんだり、暗い色の床なら一体感を演出したり、どちらでもコーディネートしやすいのも特徴。お部屋にさまざまなテイストが混じっている場合にも、なじみやすい色合いです。

HANDMADED CHAIR.16

Modern Buildsのyoutubeで紹介されているのは、2×2材を使用したバースツール。スタイリッシュな細身の脚なので、スマートな雰囲気でお部屋に溶け込みます。こちらのDIYアイデアでは、座面板を上に乗せるのではなく、枠組みの中に6本の2×2材を渡して作られています。今までご紹介してきたスツールのアイデアとは少し変わった作りの座面なので、ぜひ動画をチェックしてみてください。

HANDMADED CHAIR.17

Dema's WoodShopのyoutubeからは、伐採したカエデの木から作られたバースツールをご紹介。縦挽きをしているので、同じ木目を持ったスツールが4つ完成しています。家族分などをお揃いで作って、お部屋やデッキを彩りたい時にもおすすめです。また、座面の端にあるモチーフは、リボンをかたどったチップを埋め込んだもの。しっかり磨き上げてコーティングをした、美しいデザインに仕上がっています。脚は、四角パイプを溶接して作られていています。

HANDMADED CHAIR.18

合板シートを結束バンドで固定していく、こちらのデザインは、HomeMadeModernのyoutubeで紹介されているもの。型通りに切り抜いた合板に小さな穴を開けていき、結合バンドを通して縫うように固定します。ベンチやスツールに比べると、手作りの難易度があがる、椅子ですが、いろいろな作り方を試していくとこのような面白いアイデアが生まれてきます。個性的なフォルムなので、お部屋のアクセントとしてもキマりそうですね。

HANDMADED CHAIR.19

こちらはDIYer(s)でも紹介されている、2枚の木材だけで製作できるミニマルチェアです。シンプルなシルエットは、バルコニーなどに設置して、ゆったりと読書などを楽しみたいですね。

HANDMADED CHAIR.20

最後にご紹介するのは、Diyer(s)で連載している、「niko and ... Lab(ニコアンドラボ)」スタッフによる折りたたみスツールです。八角形の座面は、直線的なカットのみで作れるため、丸く切り出すことが難しい場合などにおすすめ。脚は、3辺あるうちの1辺だけ蝶番でネジ止めし、パタパタと開いたり閉じたりできる仕組みです。座面に開けてある穴に指をはめて持ち歩くこともできます。インテリアの雰囲気にかかわらず、さまざまな用途で使えることを意識した“マルチユース&コンビニエント”がテーマだそう。

手作りの椅子まとめ

暮らしの中で椅子に求めるものは、なんといっても座り心地。カウンターやデスクなど、合わせる家具とのバランスや使い勝手に納得のいくものが作れるからこそ、DIYは魅力的ですよね。もちろん、お部屋にぴったりのデザインにも近づけられるので、お店やネットをくまなく探して購入するよりも、手早く理想の物が手に入ることも嬉しいポイントです。お部屋の模様替えや、椅子の買い替えを考えているなら、今回はオリジナルの手作り椅子に挑戦してみるのはいかがですか。憧れのライフスタイルが、きっと手に入りますよ。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!