木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

今回は定番の木箱DIYに一手間加えて、重ねてもズレず、持ち運びにも便利なスタイルへアップデート!三角材がポイントの作り方を詳しくご紹介します。主な材料はホームセンターに行くとよく見かける約910mm×1820mmの大きな板、通称サブロクバン。そんなサブロクバン1枚から、収納に便利なスタッキングボックスが2つ作れてしまうんです。

公開日 2019.05.13

更新日 2019.05.13

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

ホームセンターで完結できるズレないお手軽スタッキングボックス

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!
皆さんはスタッキングボックスをご存知でしょうか?物量に合わせて、キレイに積み重なることでデットスペースを作らない収納におけるとても大きな味方。昨今はプラスチック素材で数多くの商品が発売されていますが、実はこの1品もホームセンターで購入できる材料でDIY出来てしまうんです。子供のおもちゃ箱や日用品の収納などお部屋のインテリアとしても使えますが、キャンプ道具を収納しておいてそのまま持ち出すなんて使い方もオススメ。自分好みのデザインを加えることで、キャンプサイトに彩りをプラスしてくれますよ。

作るもの

今回紹介するスタッキングボックスは約910mm×1820mmの板、通称サブロクバン1枚で2つ作れてしまうアイデア。コストパフォーマンスにも優れたスタッキングボックスです。

材料

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!
・木材A 300mm×276mm 4枚
・木材B 三角棒 約300mm 8本
・木材C 300mm×600mm 4枚
・木材D 576mm×276mm 2枚
※サブロクバンはラワンランバーの12mmを使用。

木取り図

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

※ホームセンターでカットしてもらう際はこちらの木取り図を参考に。

STEP.01 ビス打ちする場所にマーキング

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

まずボックスの枠組みを作るためにビス打ちする場所をマーキングしていきます。スタッキングすることを考え、底に余りの部材(12mm)を敷いて高さを出しました。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

底だけでなく、ビスを打ち込む部分全てにマーキングしましょう。マーキングは仕上げのサンディングで消えるのでわかりやすいようになぞってください。

STEP.02 取っ手用の穴をあける

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

ボックスのサイドにロープの取っ手をつけるために、先に穴を開けておきます。位置を計り、穴あけの用にマーキングします。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

ロープの太さに合わせたドリルビットをドリルドライバーに装着し穴をあけます。この際、勢いよくやってしまうと表面が割れてしまうので、慎重に作業しましょう。

STEP.03 ボックスの組み立て

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

接合部分にボンドを塗って組み立てていきます。ビスを打った際にボンドが溢れるぐらいの方がしっかりと接着されるので気持ち多めに塗るのがポイント。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

底部分は再度、余った部材を下に敷いて、ビス打ちましょう。また隙間が出来ないようにしっかりと押さえながら作業を進めてください。ボンドが溢れた際は固まる前に拭き取っておきましょう。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

同じ要領で正面部分の部材もビス留めしていきます。ボンドを塗るのをお忘れなく。

STEP.04 スタッキング用の出っ張りを作る

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

今回のアイデアの肝となるのが三角棒を使った出っ張り。このギミックを用いる事により、高さを付けた底でキレイに重なり、横ずれの心配もないんです。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

底の高さが12mmなので、三角棒の出っ張りは余裕を持たせて8mmに設定しました。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

三角棒を指定したサイズにカットするためにマーキング。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

ズレないよう慎重にカットしていきます。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

あとはボックスの枠組みと同じ要領で、接着面にボンドを塗っていきます。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

ビスを打ち込んで固定します。

STEP.05 サンディングで仕上げる

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

形の大枠が出来たのでサンディングペーパーを使って、全体を磨いていきます。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

この際にボックスがキレイに重なるか確認しておきましょう。もし不具合が出た場合は出っ張りを削って調整してください。

STEP.06 ペイント&ステンシルでアレンジ

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

スタッキングボックスはこれで完成ですが、せっかくなのでペイントとステンシルでデザインを加えます。まずはペイントする部分に合わせて、マスキングテープを貼ります。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

スポンジに含ませて叩き込むように塗っていきましょう。ペンキが定着して色のりがよくなります。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

色をハッキリと出したかったので、今回は二度塗りしています。また、マスキングテープは完全に乾いた状態で外すと塗ったペンキごと剥がれてしまうので、半乾きの時に外しましょう。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

続いて、ステンシルです。クリアファイルに入れたい文字を書いた紙を入れ、油性ペンでなぞっていきます。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

クリアファイルになぞった文字をカッターでカットします。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

ステンシルする位置を決めて、スポンジにペンキをつけ、叩き込むように塗っていきます。これにてアレンジは完了。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

最後に用意していたロープも側面につけたら完成です。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

幅も深さもあるので容量は申し分なし。材料費も約3,000円で2段作ることができるのなら、コスパ的にも申し分ないんじゃないでしょうか。

木箱DIYをアップデート!三角材でズレないスタッキングスタイルを実現!

側面にロープの取っ手をつけた事で、持ち運びも楽チン。ボンドとビスで固定しているので、そこそこな重量になっても壊れる心配もありません。

自分好みの収納家具を探していたという方はぜひとも挑戦してほしいアイデア。ホームセンターで材料を購入し、カットしてもらい、作業スペースで組み立ててしまえば家に持ち帰ることなく作れてしまうのでDIY初心者の方にもオススメです。ぜひ自分好みのアレンジを加えたスタッキングボックスを作ってみてください。
監修 RECLAIMED WORKS 岩西 剛

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載