キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

これからキャンプを始めたいけど、まだグッズが揃っていない…。という人にぜひご紹介したい、基本のアイテムを集めました。テントやタープなどの大物から、クーラーボックスやランタンなどの小物まで。機能性、デザイン性ともに優れたものばかりですよ!

公開日 2018.10.22

更新日 2018.11.21

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

キャンプで快適に過ごすためには、揃えるものがたくさんあって大変。いったい何から買えばいいの?と困っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんなビギナーのために、基本のキャンプ用品をご紹介します。

テントや寝袋はもちろんのこと、食事を楽しむための焚き火台やテーブル、意外と忘れがちなランタンなどなど…。それぞれ、初めてでも使いやすい製品を厳選しました。また、どのアイテムも複数のブランドからご紹介するので、予算や好みによって、自分にあったものを選ぶことができますよ。
キャンプはどうしても初期費用が掛かってしまうので、あらかじめ予算の上限を決めておくと安心ですね。値段設定はピンからキリまでありますが、おおよその予算が分かっていれば、悩み過ぎてしまうということも避けられます。初めはビギナー向けのリーズナブルなアイテムで揃えておいて、慣れてきたら、憧れのハイクラスなブランドに切り替えていくというのもおすすめですよ!

また、キャンプに行くときの人数や移動手段も、商品を選ぶ際の重要なポイントになります。ソロキャンプをすることがあるのか、家族で楽しむ予定なのか。車移動なのか、ツーリングや登山をすることもあるのか。実際に使用するシーンを想定してから、適切なサイズや重さを検討してみてください!

テント

キャンプの快適さを大きく左右するのが、テントです。急な雨風も防げる丈夫さはもちろん、湿気の多い季節でも空気が循環するものがおすすめです。また、ビギナーが選ぶときに重要なのは、セットアップの簡単さ。大き過ぎるものや構造が複雑なものは、テントを立てるだけでかなりの時間と労力を使ってしまいます。見た目にもこだわりたいところですが、まずは素早くセッティングできるタイプがいいでしょう。

コールマン タフワイドドーム

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

4~6人用のファミリー向けテントです。4人家族でもゆったりと眠ることができる床面積の広さに加えて、天井高が185cmというのも魅力的。立ったまま着替えられ、圧迫感もありません。ホームページではセットアップの方法を動画で配信しているので、初心者さんでも安心ですね。

スノーピーク アメニティドームS

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

こちらは反対に、天井高を低くすることで風の影響を受けにくく設計されています。防水・撥水にも優れた素材を採用しているので、山の変わりやすい天気にも対応できますね。設営しやすいように、テープやポールが色分けされているのも、嬉しいポイントです。

ロゴス neos PANELスクリーンドゥーブル XL

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

リビングスペースと寝室スペースがひとつになった、ツールームタイプのテントです。これがあれば、タープがなくても大丈夫。開放感のあるリビングで、食事を楽しむことができます。寝室には、5つの寝袋を敷くことが可能です。さらに、車と連結するためのジョイントや、ランタンを掛けるフックが付いていたりと、細かなところまで気が利いています。

山善 プロモキャノピーテント5

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

リーズナブルなテントをお探しなら、こちらはいかがでしょうか?ドーム型のシンプルな設計です。壁面が垂直に近いので、中の空間は広々。大人が立って過ごすこともできますよ。大きなメッシュ素材の窓があるので、通気性が抜群です。淡いグリーンのカラーが、キャンプ場に似合いそうですね。

タープ

雨よけや日よけになるタープは、ひとつ持っておくと便利なキャンプ用品です。使い方は様々で、例えば、急な雨をしのぐことができるので荷物置き場や自転車置場に。また、強い日差しをよけながら食事を楽しんだり、外で昼寝をするときにもいいですね。子どもたちが遊んでいる間、親御さんたちには嬉しい日陰を作ってくれます。キャンプのみならず、公園などでのピクニックにも持って行きたくなりますよ。

DOD トリコロールタープ

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

見ているだけでワクワクするデザインが魅力的な、DOD(ディーオーディー)のタープです。インパクトのあるトリコロールカラーですね。キャンプサイトに立てれば、写真映えすること間違いなし。たくさんテントが立っていても、目立つので迷子になりにくいかもしれません。

ユニフレーム REVOタープ L

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

左右非対称な形で、開放感のあるタープです。ヘヴィーメッシュ生地を採用することで、設置したときのシワが少なくなり、生地に掛かる負担を軽減します。昼は遮光性がありますが、夜はランタンの明かりを反射することで、全体的に明るくなるというメリットもありますよ!

キャプテンスタッグ オルディナヘキサタープセット

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

4~6名で使うことができる、設営が簡単なタイプです。別売りのポールを使うと、平らにしたり、ドーム風にしたりと様々な形のタープになります。「UV-PROTECTIONコーティング生地」を採用しているので、紫外線を95%カット。雨もしっかり防いでくれます。

コールマン XPヘキサタープ/MDXグリーン

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

クロスポールを使って、初心者さんでも簡単に設営ができるタープです。ポールを開くことで、高さの調節ができます。日差しを避けたいときは低めに、開放感を出したいときは高めに設置しましょう。サイドポールが始めから付いているので、用途に合わせて形を変えることも可能です。コールマンらしい、カーキとベージュのカラーリングがおしゃれですね。

ランタン

初めてのキャンプでうっかり忘れがちなのが、ランタンです。夜になると、キャンプサイトは真っ暗に。街灯や月明かりでは、手元や足元はほとんど見えません。できれば、全体を照らす大きなメインランタンと、テーブル上を照らすサブランタンを用意しましょう。メインランタンを少し離れたところに置くことで、虫がそちらに集まるという効果もありますよ。

ランタンとひとことに言っても、ガス式、オイル式、LED式などと種類は様々です。初心者さんには電池を入れるだけのLEDがおすすめですが、こだわり派の方は、ガス式やオイル式の方がワクワクするかもしれませんね!

ペトロマックス HK500

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

昔ながらの灯油式ランタンです。燃料が灯油なので、ランニングコストが安いというのは、嬉しいポイント。暖かみのある灯りで、見る人の心を癒してくれます。ただし、明かりを灯すときや、メンテナンスにはそれなりの手間が掛かります。その分、丁寧に愛情を込めて扱えば、長きに渡って使うことができますよ。

スノーピーク ギガパワーランタン 天 オート

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

99.8 gと、とっても軽くて小さなガス式ランタンです。80wなので、卓上を照らすには十分な明るさがあります。荷物を少なくしたい、ソロキャンプにおすすめです。無駄のないスタイリッシュなデザインも魅力的ですね。

ジェントス EX-000R

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

LED式ランタンといえば、こちらのメーカーが人気です。1000ルーメンという圧倒的な明るさで、防水機能付き。10mの落下にも耐える頑丈さで、ハードなアウトドアシーンにぴったりです。暖色の明かりになる「リラックスモード」もあるので、雰囲気作りもできますよ。キャンプだけでなく、災害時にも役に立つのではないでしょうか。

ソト レギュレーターランタン ST-260

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

カセットガスを燃料とした、経済的なガス式ランタンです。安定した明るさで、卓上で使うサブランタンにちょうどいい大きさ。金属製のホヤなので、持ち運び中に割れる心配もありません。軽く小さいので、ツーリング用にもおすすめです。

焚き火台

キャンプの食事といえば、バーベキュー!キャンプ場でバーベキューセットをレンタルすることもできますが、何回もするのであれば、マイ焚き火台を持っておいた方が経済的です。焚き火台と一緒に、軍手やトングなどの小物も一緒に購入しておくといいですね。

バイオライト ベースキャンプ

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

なんと、炎の向きを変えられるレバーが装備された、ハイテクな焚き火台です。グリル料理はもちろん、煮込み料理や湯沸かしなど幅広くこなします。さらに、炎で発電した電力をリチウムイオンバッテリーに蓄えるという、発電機能付き。キャンプ場でスマホの充電などができるのは、嬉しいですね。

STC社 ピコグリル398

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

持ち運びに便利な、重量442gの焚き火台です。折りたためば、平らに収納することができます。ストーブとしての機能はもちろん、付属のゴトクを使えば、鍋料理もばっちり。スイス製というだけあって、ほかにはないスタイリッシュな外観が目を引きますね。

ユニフレーム ファイアグリル

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

キャンパーの中では定番とも言える、ユニフレームの焚き火台はこちらです。リーズナブルな価格でありながらも、耐久性はばっちり。安定感のある構造なので、バーベキューはもちろん、ダッチオーブン料理も楽しめます。斜めに網をセットしているのは、炭の調整が簡単という、意外なメリットがあるのです。

プリムス カモトオープンファイアピットS

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

スウェーデン生まれの、携帯性に優れた焚き火台です。平らに収納された状態から、一瞬でセットすることができますよ。底に板が貼られているので、地面にダメージを与えません。ソロキャンプにいかがでしょうか?

テーブル

複数人でキャンプに行くなら、テーブルも必須アイテムですね。対応人数はもちろんのこと、高さも大切なポイントです。ロースタイルなのか、ハイスタイルなのか、焚き火台やチェアとも高さを合わせましょう。2段階に調節できるタイプも便利です。

ノースイーグル FDテーブル

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

4人用のテーブルです。脚のパイプを外せば、ロースタイルにすることもできます。フレームはアルミ製なので軽く、総重量は約4.8kg。女性でも楽に持ち運びができますね。

テントファクトリー テーブルセット デュアルセパレート

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

ベンチとテーブルがセットになっているタイプもありました。天板にベンチを収納できるので、持ち運びも簡単。天板は「PEコーティング」が施されているので、100℃までの耐熱性あり。汚れもさっと拭き取れます。脚の部分には高さを微調整できるアジャスターが付いているので、凸凹のあるキャンプ場でもガタつきを抑えられますよ。

オンウェー イージーハイテーブル

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

さっと開くだけで、設営に手間要らずなテーブルです。調理をするのにちょうど良い高さに加えて、食材や調味料を置ける棚が付いているので、アウトドアでの簡易キッチンとして使えます。丈夫で軽い、アルミ素材でできています。

モンベル L.W.トレールローテーブル

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

ソロキャンプにおすすめなテーブルは、こちら。天板を折りたたむことができるので、コンパクトに収納できます。さっとナップザックに入れられるサイズです。ポリエステル製の天板には、コップなどもしっかり置くことができますよ。

続いて、リラックスタイムに必要な椅子をご紹介!

チェア

テーブルと併せて購入したいのは、人数分のチェア。とにかくコンパクトなものから、座り心地を重視したものまで、種類豊富にあります。遊びの合間にちょこっと座れればいいのか、うたた寝ができるくらいリラックスしたいのか…キャンプの楽しみ方によって、選ぶチェアが変わってきますね。

小川キャンパル ハイバックチェア

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

根強い人気を持つ日本のアウトドアブランド「小川キャンパル」の贅沢なチェアです。背面が頭を支えられるほど高くなっているので、体を預けてリラックスできます。肘掛けの部分には「セルウッド」樹脂を採用。ひんやり感がなく、触り心地をよくしています。

ヘリノックス チェアワン L

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

体の大きい人でもゆったり座れる、Lサイズのチェアです。重量は1,090gと軽く、コンパクトに収納できるのが魅力的。カラーバリエーションは、ブラック・グリーン・レッドの3色です。背面にメッシュ素材が採用されているので、夏場でもムレにくく快適です。

DOD ウルトラライトアジャスタブルチェア

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

商品名の通り、965gのコンパクトなチェアです。収納時のサイズは、2Lのペットボトルほど。ハイ・ミドル・ロー・リラックスと4段階に調節できるのも嬉しいですね。耐荷重量は80kg。安定感があるので、小さくてもリラックスして座ることができます。

キャプテンスタッグ CS FDチェア・マット

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

見ての通り、フラットにたたむことのできるチェアです。レジャーシートと併せて使いたいですね。ベルトを外せば、マットとして使うことができます。キャンプのみならず、野外でのイベントで活躍しそうです。

寝袋

翌日も朝から思いっきり遊べるように、アウトドアでもぐっすり眠りたいですよね。初心者さんであれば、極寒の地でキャンプをするということはあまりないと思うので、3シーズン対応しているタイプがおすすめです。

モンベル アルパイン ダウンハガー650

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

「スパイラルストレッチシステム」を採用しているので、軽量でありながらも、伸縮性に優れています。保湿性が高く、一年中快適です。長期保存用のバッグが付いているので、長年使うことができますね。

ドイター オービット+5° レギュラー

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

持ち歩きに便利な、専用のバックパック付き。ジッパーがフルオープンタイプなので、着脱が簡単です。暑い季節は、ジッパーを開けて掛け布団のようにして使ってもいいですね。

ファイントラック ポリゴンネスト® 4×3

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

水濡れに強い、革新的なシート状の寝袋です。雨に濡れてしまっても、速乾性に優れているので大丈夫。干したときに綿が寄ってしまう、ということもありません。

イスカ アルファライト 1300EX

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

こちらは、-20℃の極寒でも使える、プロ仕様の寝袋です。綿がたくさん入っている分かさばりますが、コンプレッションベルトなので、コンパクトに収納することができますよ。

クーラーボックス

肉や野菜などの食材はもちろん、キャンプで冷た〜いビールを飲むために欠かせないクーラーボックス。氷を入れると予想以上に重くなるので、持ち運び安いものを選びたいですね。

コールマン エクストリーム®ホイールクーラー/50QT

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

2Lのペットボトルが12本も入る、大きなクーラーボックスです。ホイールとハンドルが付いているので、持ち運びが簡単。フタ部分にはコップを置けるような凹みがついているので、ちょっとしたテーブル代わりにもなりますよ。

オルカクーラーズ タン 20クォート

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

アメリカ生まれのおしゃれなクーラーボックスです。高い密閉性があり、冷気を逃しません。氷が最大で10日間溶けない、というケースもあるんだとか。留め具がシャチのしっぽになっていて、ユニークですね。

ロゴス ハイパー氷点下クーラー

キャンプ用品準備はこれでOK!初心者さん必見リスト

専用の保冷剤「氷点下パック」と併用することで、アイスクリームを最大11時間保存できるという優れもの。中央部分を折りたたんで、コンパクトに収納できるので、帰りは荷物の量を減らせます。

いかがでしたか?機能性・デザイン性ともに優れたアイテムたちを見ていると、早くキャンプへ出かけたくなりますね! 

電気やガス、コンビニなど、いつも当たり前に使っている便利なものがないアウトドアでは、足りないアイテムがひとつあるだけで困ってしまうことも。買い忘れなどがないように、まずは今回ご紹介した基本のキャンプ用品から、揃えてみてはいかがでしょうか!

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!