DIYの定番資材!2×4材の可能性とは!?

安価で購入できて加工もしやすい2×4は、ちょっとした技術とアイデアがあれば、家具やインテリアを思うままに作れます!こんな家具が欲しいな…と願望が浮かんだら、思い切って作ってみませんか?

2018.04.16

DIYの定番資材!2×4材の可能性とは!?

・そもそも2×4材とは?

2×4材(ツーバイフォー)とは、その名の通り2インチ×4インチの資材です。基本的には、SPFと総称されるスプルース、パイン、ファーなどの木材が使われているため、加工しやすいことが特徴です。2インチ×4インチというサイズも、棚やテーブルなどの家具を作るにはちょうど良いため、DIYしやすい資材と言えるでしょう。

・2×4材の魅力って?

ホームセンターで安く入手できるというのが、もっとも大きな魅力ではないでしょうか。安いものなら、天井まで届くような長さのものでも500円以内で購入することができます。また、あらかじめ表面が研磨され、面取りも施されているので加工の手間がありません。ホームセンターでカットしてもらえば、そのまま組み立てることも可能です。そんな手軽さから、木材を使ったDIYに挑戦するなら、まずはじめに使って欲しい資材と言えるでしょう。
そんな魅力たっぷりの2×4材を使って、どんなものが作れるのでしょうか? 今回は大きめの家具を中心に、23個のアイデアをご紹介します!

・収納編

まずは収納に関するアイデア。用途に合わせた棚や物置など、多彩なDIY術を紹介します。
工具の収納棚
nekobaiさんがRoomClipで紹介しているアイデアは、ガレージのようなところに設置されている工具棚。狭いコーナーにすっぽりはまるサイズを作れるのは、DIYならではですね。場所をとりそうな工具も、壁に並べるように収納することで、省スペースになっています。
食器棚
nakamiさんのアイデアは、本格的な食器棚。有孔ボードをはめ込んでいて、フックを取り付ければキッチンツールをかけることができます。ボードをブラックにしていることで、全体的に引き締まった雰囲気に。キッチンなので汚れが目立たないのも嬉しいですね。
納屋の収納棚
がっしりとした印象が男前な棚は、bmw5555さんが製作したとのこと。まるで長年愛用されてきたかのような存在感がありますね。こちらは木材を赤茶色に塗装していて、ステンシルの装飾も施されています。ヴィンテージ風にするためにも、木目が見える程度の塗装加減が大切ですね。
テレビ台
DVDやゲーム、配線など、何かとアイテムが増えてごちゃごちゃしがちなテレビ周り。honopapaさんも、そんな悩みを持っていてこのテレビ台を作るに至ったのではないでしょうか。50インチのテレビに負けず劣らず大きなテレビ台は、いくつもの引き出しが付いていて、たくさんのものを収納できそうです。
隙間収納
キッチンなどに発生しやすい、中途半端な家具と家具のすき間。ここはもう、DIYで解決するしかないでしょう!pannakocchanさんのアイデアでは、ペットボトル飲料などを収納できるキャスター付きの引き出しを自作しています。なんと、隙間はたったの11センチだそう。冷蔵庫の高さと合わせているので、引き出しを閉まっておけば、あることさえ気がつかないかもしれませんね。
工具用物置
カントリー調のかわいらしい物置は、Mahiyoさんのアイデアです。DIY用の道具をしまうために作ったのだとか。屋根には波板を張っているので、屋外でも大丈夫。側面にも扉が付いていて、奥のものまでとりやすい設計になっています。はじめはデザインに目が惹かれましたが、機能性もばっちり。工夫やこだわりを感じられる物置です。
自転車ラック
ブログ「雪見日和」で作り方から詳しく紹介されていたのが、2×4の自転車ラックです。スタンドのないスポーツタイプの自転車をかけて置くことができます。ソーホースブラケットという、はめ込んでビスを打つだけで台を作ることができるアイテムを使っているので、組み立てはとっても簡単。屋外で使うのであれば、あらかじめ塗装をしっかりしておくと安心ですね。
84件中1 - 29件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載