完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY

今回は皆さんお待ちかねの照明DIYレシピのご紹介!ホームセンターで出会ったトタン屋根の材料を使って、アジアンテイストなランプを作っていきたいと思います!点灯させていなくてもインテリアとして目を惹くこちらのプロダクト、作っておいて損はありませんよ。

公開日 2022.07.26

更新日 2022.07.26

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY

はじめに

近頃ホームセンターを歩いていると、「このパーツ、あれに使えそうだなぁ...」と妄想が膨らむことがよくあります。それもそのはず、ホームセンターにはプロも使っている多種多様な、時には何に使うのかも分からないようなアイテムがゴロゴロと売られているのですから!今回は、そんな宝の山の中から見つけた“とあるパーツ”を使って、超簡単な照明をDIY。たったの3ステップで完成しますので、週末にでも気楽にチャレンジしてみてください。

作るもの

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY

今回作るのはこちらの照明!とても特徴的なシェードをしていますが、なんと”トタン屋根の棟(一番上の部分)に使われる、ムネイタという部材なんです。初めからこのようなL字の形をしているため、蛍光灯と組み合わせて使うのにとても便利!しかも1000円以下で手に入るため、材料費も非常に安価に済ませることができちゃうんです。これはもう、照明を作ってくださいと言われているような気さえしました。

材料

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
丸棒 910mm×32Φ
ムネイタ 450mm
蛍光灯(今回はLEDで、連結式のものを使用) 

STEP.01 丸棒の加工

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
それでは早速作業に入っていきましょう。まずは用意した丸棒に蛍光灯を取り付けるため、コード部分も含めた蛍光灯の長さを丸棒にマークします。
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
長さが分かったら、蛍光灯を取り付けやすいように丸棒に平面を作っていきます。まずは写真のように丸棒を適当な板(端材など)で挟み、均等な深さに切り込みを入れてください。
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
数ミリ間隔で切れ目が入ったら、ノコギリの背を切れ目に差し込み、そのまま横に倒して「ペキッ」と折っていきます。これを繰り返していくと概ね平たい面が完成しますので、あとはサンドペーパーなどを使って断面を綺麗に整えていってください。

STEP.02 蛍光灯の取り付け

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
するとこの通り、蛍光灯がすっぽりと収まる平面が完成しました。丸いままでも蛍光灯を設置できないわけではないのですが、こちらの方が仕上がりがよくなるため、無精せずにやっておきましょう!
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
蛍光灯が収まることを確認したら、付属の取り付け用金具を丸棒に取り付けてください。
また、丸棒の裏面に蛍光灯のコードを逃がして見栄えをよくしたいので、ドリルで穴を開けておくこともお忘れなく!

STEP.03 ムネイタの取り付け

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
蛍光灯を取り付けたら、あとは丸棒にムネイタを取り付けましょう。素材自体柔らかいため、ビスを打ち込めば簡単に穴が開いてくれます。後でズレてしまわないように、左右と中央の3箇所を止めれば十分です。
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
丸棒が余ってしまっている場合は、左右ともに50mm程度残してカットしておきましょう。
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
最後に、端に小さい穴を開けて吊り下げ用の紐を通します。今回はステンレス製の細いワイヤーロープを使用しましたが、解けなければなんでもOKです。

完成

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
以上で、トタン屋根を使った吊り下げ照明が完成です!工程が少ない上に乾燥を待ったりなどもないため、あっという間に作ることができました。この状態だとまだどんな雰囲気になるのか想像がつかないので、早速お部屋に設置して、その実力を見ていきたいと思います!

設置

完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
いかがでしょうかこの風合い。トタン屋根のランプシェードが、まるでアジアの屋台のようでとても可愛らしいですね!さらに市販ではまず見かけることのないビジュアルですので、点灯させていない状態でも絵になり、目を惹くインテリアになること間違いなし。
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
そして柔らかく漏れる光もポイントの一つ。波打つシェードで明暗が出て、幻想的な雰囲気を醸し出してくれています。今回はクリアのムネイタを使用していますが、色がついているものなどもありますので、お部屋に合わせてお好みでチョイスしてみては。
また、照明DIYと言えば電球タイプのものが多い印象ですが、たまにはこうして蛍光灯を使ってみるのも良いですね。
完成までたったの3ステップ!アジアを感じる“トタン屋根ランプ”をDIY
ちなみに、先ほどコードを上から逃がしてしまいましたが、蛍光灯本体にはこのようなON/OFFスイッチがついていますので、操作も簡単です。デスク上などに配置しておいて、作業時に点灯させるなどの使い方が良いのではないでしょうか。

まとめ

今回はトタン屋根のムネイタを使ったアジアンな照明をDIYしました。まさかこんなパーツが有効活用されることになるとは思ってもみませんでしたが、ホームセンターにはまだまだ可能性のあるアイテムがたくさん眠っていますので、更なる発掘を目指したいと思います!
皆さんも面白い発見がありましたら、ぜひ教えてください。それでは、また次回のDIYで。
撮影:薮内努(TAKIBI)
監修:岩西剛

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク