キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

ちょっとしたものなので忘れがちだけれど、アウトドアで重要なのがライトです。キャンプ場の夜は想像以上に真っ暗なため、明るさの確保するにも必須!おしゃれなデザインのものも多数あり、雰囲気作りにも一役買ってくれますよ。今回は、用途別におすすめのライトをご紹介します。

公開日 2019.01.17

更新日 2019.01.17

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

真っ暗なキャンプライトを明るく照らしてくれる上に、雰囲気作りにも大きな影響を与えるライト。重要なアイテムだからこそ、じっくり吟味して選びたいですよね。

今回は、役割ごとにおすすめのアイテムをご紹介します。ソロキャンプならひとつあればOKですが、友達や家族など複数人でキャンプに行くなら、次の3種のライトがあると安心ですよ。

・メインライト:テントの周り全体を照らす、明るいライト。虫を寄せつけるので、人がいるところから少し離れたところに置きましょう。
・サブ:テーブルの上を照らすライト。メインより光量が小さく、雰囲気のいいものを選ぶのがおすすめ。
・携帯用:トイレに行ったり、夜移動する時に持ち運ぶためのライト。懐中電灯やヘッドライトなどのことです。

さらに、プラスアルファで持っていきたいのが、デコレーションライト!テントの周りに飾ればインスタ映え間違いありません。また個性を出すことができるので、ほかのテントに間違えて入ってしまった、なんていう失敗も防げそうです。

キャンプサイト全体を照らす!メインライト

メインライトで重視すべきなのは、やはり明るさです。大人数であれば広範囲を照らす必要があるので、よりパワフルなものが求められます。また、長時間使うことが多いので、連続使用可能時間なども気にしておきましょう。

LED ランタン エクスプローラー

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

LEDランタンといえばこれ!と言っても過言ではないほど、定番のブランド「GENTOS(ジェントス)」。そんな中からまずおすすめしたいのはこちら。最大1000ルーメンものパワーを持つ、とにかく明るいライトです。白色・昼白色・暖色モードと色を選べるので、シーンによって使い分けられます。

USB充電式 パワーバンク ランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

こちらは、同じくジェントスのUSB充電式のライト。電源のないキャンプ場でも、スマートフォンなどに給電することができるという優れものです。濡れても使える耐塵・防水機能付きなので、屋外での使用でも安心ですね。

エクスプローラー 

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

暖色で明るく、食事時などにもぴったりなライトはこちらです。ハンドルを吊るしたり、カバーを外して逆さまに吊るしたりと、テント内でも使い勝手がいいのも好ポイント。キャンドルモードを搭載しているので、寝る直前まで使えます。電池式でありながらなんと最長600時間使用できるので、スペアの電池をたくさん持っていく必要もありませんね。

パワーストックランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

ポップなデザインのファミリー向けアイテムを展開している「LOGOS(ロゴス)」からは、こちらのライトがおすすめ。1200ルーメンというパワフルさならがも、充電式なので電池代の心配は不要です。USBポートから給電することもできるので、スマホの電池残量も気にしなくて大丈夫。明るさは10段階も調節することができますよ。

ミレニアLEDキャンプサイトランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

1000ルーメンで広範囲を照らすことのできる、「Coleman(コールマン)」のメインライトです。付属のリフレクターをつければ、一方向に光を集中させてより明るさも強くなります。非常に明るいので、少し離れたところからテーブルを照らすように使うのがおすすめです。ストッパー付きのハンドルを備えているのもポイント。ランタン用のハンガーなどに吊るして使いましょう。

クアッドマルチパネルランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

同じく「Coleman(コールマン)」から、マルチな役割を担うライトをご紹介します。こちらは、4つの発光パネルそれぞれ取り外して使うことができるのです。それぞれにマグネットが付いているので、金属部分にくっつけて周辺を照らせます。また、持ち手となるハンドルがそれぞれに付いているので、テントから少し離れる際の懐中電灯としても申し分ありません。

ルーメナー LEDランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

最大1300ルーメンの、明るいスクエア型のライトです。260ルーメンのLowモードでは、一回の充電で100時間も使用することができます。1300ルーメンのHighモードでも8時間使えるので、1〜2泊のキャンプでは安心ですね。ハンドルの部分は可動域が広いので、テーブルの上にたてかけたり、フックにひっかけたりすることもできます。迷彩柄のデザインもおしゃれですね。

テーブルやテントを照らす、サブライト

食事の時は卓上で、就寝前にはテント内で使うための、少し小さめのライトをサブライトとして使います。料理を直接照らすので、明るさや色を細かく調整できるタイプがおすすめ。もちろん、目に入るところに置くので、デザインも重要なポイントですね。

ベースランタンXL

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

Bluetoothでスマホとつなぎ、専用アプリからライトのオン・オフ、調光、タイマー設定などができる、ハイテクなライトです。白色LEDのほか、RGB(フルカラー)LEDも搭載しているので、さまざまな色の明かりを作り出せます。シーンに合わせた雰囲気作りに役立ちますね。性能だけでなく、スマートな見た目も魅力です。

アンティーク暖色LEDランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

ハイテクよりもレトロが好き!という人には、「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」のLEDランタンがおすすめ。つまみを回すことで、明るさを細かく調節することができます。キャンプ場だけでなく、自宅でも使いたくなるデザインですね。

CPX6 レトロLEDランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

こちらも、レトロな雰囲気が魅力的な「Coleman(コールマン)」のランタンです。クリアな白い光と、温かい色の光、2色をシーンに合わせて選ぶことができます。グローブがくもりガラス風になっているので、どちらも目に優しい明かりです。専用の充電カートリッジと乾電池カートリッジを選んで使うことができるのも嬉しいですね。

バッテリーロックパックアウェイランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

「Coleman(コールマン)」お得意の、遊び心のあるデザインのライトです。木目風のプリントが施されていて、大自然との相性はばっちり。優しく手元を照らしてくれます。ライトをオフの状態でロックできる機能が付いているので、使い終わった後に電池を抜く手間がかかりません。

クラシック LED ランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

高品質なアウトドアブランドとして知られる「TENT FACTORY(テントファクトリー)」のライトです。クラシカルでありながらもシンプルで無駄がなく、長年使っていても飽きのこないデザインですね。カラーバリエーションはゴールドのほか、シルバーもありますよ。

アポロ

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

アメリカの登山メーカー「Black Diamond(ブラックダイアモンド)」の人気アイテムです。商品名は「アポロ」。シックなカラーが素敵ですね。その名前やロケットを思わせる外見に、冒険心をくすぐられます。200ルーメンの明るさなので、テント内の明るさは十分に確保できますよ。

ポップアップ 2WAY LEDランタン

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

見ているだけでワクワクするデザインを得意とする、「DOD(ディーオーディー)」のライトはこちら。コンパクトにたたむと携帯用ライトとして、ポップアップさせればサブライトとして使えるというアイデア商品。見た目もポップでかわいらしいですね。

災害時にもかかせない、携帯用ライト

テントから離れてトイレに行く時など、必須なのは携帯用のライトです。スマホのライトでも代用はできますが、途中で充電が切れてしまったり、スコールが降ってきたりした場合を考えると、やはり防水性能などのある専用のライトがあると安心ですね。

高輝度 LED メタルライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

アメリカで愛されているライトメーカー「Energizer(エナサイジャー)」の懐中電灯です。明るさは185ルーメン、照射距離はなんと150m。グリップが滑りにくくなっているので、子どもや女性でもしっかりと握れます。強靭な航空機用アルミ合金を使用しているので、耐久性もばっちりです。

LED ランタン フュージョンシリーズ

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

同じく、エナサイジャーの携帯用ライトです。スタンドが付いていたり、持ち手の部分が光ったりと、多機能なのが魅力的。ハンズフリーでも手元を照らしてくれます。スイッチを長押しすることで、光量の調整も可能。片手で操作できるので、両手を塞いでしまうこともありません。

ZEXT LEDアルミライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

溝があることで、長時間使用しても手の汗ばみをふせいでくれるライトです。大きな曲線も手にフィットするようになっています。防沫仕様になっているので、雨の日もためらわずに使えますよ。耐久性のあるアルミニウム合金を採用しているので、長期にわたって愛用することができますね。

閃(セン)

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

メインライトでいくつもの優秀な製品をご紹介した、ジェントスの携帯用ライトです。USB充電式なので、電池は必要ありません。250ルーメンのhighモードでも、5時間使用することができるので安心です。ヘッドの部分を前後にスライドさせれば、スポットビームからワイドビームまで無段階に変えられるので、用途に合わせて調節しましょう。

LEDネックライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

家電メーカー「Panasonic(パナソニック)」からは、首に下げるタイプのライトが発売されています。両手が自由になるので、夜のウォーキングやランニング、犬の散歩などでも大活躍。ワイド照射で、足元を広く照らしてくれます。長さが調節できるので、子どもから大人まで使るというのも嬉しいですね。

ネックライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

こちらも、首から下げるタイプのライトです。目に優しいフラッドライトと、高輝度のスポットライトを搭載。シーンに応じて選べます。輪っか状になっていませんが、首に触れる部分に滑り止め加工が施されているので、落ちてしまう心配はありません。アームの部分は、自由に曲げることができますよ。

ソリッドステートランプ ゆきほたる

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

多くのファンに愛されているアウトドアメーカー「Snow Peak(スノーピーク)」のヘッドライトです。ランプシェードには、柔らかなシリコン素材を採用。子どもにも安心して持たせられます。散光モードと集光モードがあるので、用途に応じて選びましょう。フックが付いているので、テント内に引っ掛けて使うこともできますよ。

インスタ映えを狙うなら、デコレーションライト

メイプルデコレーションライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

「LOGOS(ロゴス)」のトレードマークである、楓の葉をモチーフにしたデコレーションライトです。大自然の中で浮かび上がる葉っぱのライトは、幻想的ですね。100時間点灯できるので、夜中じゅうつけておくこともできますよ。

LEDストリングライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

コールマンのデコレーションライトは、小さなランタンがモチーフです。点灯させると、緑・ピンク・青…とさまざまな色にゆったりと変化します。眩しすぎない優しい明かりなので、派手すぎるという心配はありません。防水仕様・電池式なので、アウトドアで気兼ねなく使えます。

ガーランドストリングライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

明かりを灯さなくていい、昼間から空間をおしゃれに演出してくれるのは、ガーランドタイプのデコレーションライト。オフの状態では、鮮やかなブルーを楽しめます。

ガーランドライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

「BRUNO(ブルーノ)」のガーランドライトは、優しい色合いが特徴的。キャンプではもちろん、自宅でも使いたくなりますね。常時点灯モード・点滅モードを気分に合わせて選べます。

LED 提灯

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

まんまるの提灯が暖かい光を放つデコレーションライトです。こちらも、夜のみならず昼間のうちからインスタ映えまちがいなし。青・緑・紫の組み合わせのほか、ピンク・黄色・赤もありますよ。

アルファベットガーランドライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

誕生日パーティーなどにもおすすめなのは、こちら。20個のLEDライトに、アルファベットを選んでつけて、好みのメッセージを飾れます。個性のある演出ができますね。

ストリングライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

ライト部分がクリップになっていて、好きな写真やイラストなどを挟むことができます。40個ものライトが付いているので、テントの周りの飾り付けであればこれひとつできっと十分ですね。一緒にキャンプをする仲間との、思い出の写真などを飾ってみても素敵かもしれません。

ソーラーLEDイルミネーションライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

クリスマスのイルミネーションを思わせる、ボール型のきらきらとしたライトです。こちらはなんと、ソーラー式。日のあたる場所で充電すれば、6~7時間点灯します。照度センサーが内蔵されていて、暗くなると自動的に点灯し、明るくなると自動消灯するという、省エネ機能まで付いていますよ。

アルファベットライト

キャンプでガチで使えるライト30選!日暮れ後のマストアイテム

インパクトのあるデコレーションをご所望なら、こちらはいかがでしょうか?1文字ごとに販売されているので、イニシャルだけ飾るのも良いですし、複数購入してメッセージを並べるのもいいですね。丸いLEDライトで、暖かみも感じられます。

以上で、30個ものライトをご紹介してきました!メイン・サブ・携帯用のライトは、いずれもキャンプでは必須のアイテムです。またこれらのライトは、アウトドアギアでも、自宅でも使えるというメリットがあります。災害時にも役に立つものなので、長期にわたって使える丈夫なものを選びたいですね。そしてデコレーションライトは、あるとぐぐっと雰囲気がおしゃれになるアイテム。思い出にきれいな写真を残すためにも、ぜひお好みのアイテムを見つけたいものです。お気に入りのランプと一緒に楽しいキャンプライフを過ごしてくださいね!

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載