肌に触れるものだからこそ手作りで。精油の香りに癒されるバスグッズ

時間に追われているときこそ、癒やされたいもの。そんなときオススメなのが、簡単に手作りできて、香りでリラックスできるバスグッズ。今回は、エッセンシャルオイルを使った手作りレシピを3つご紹介します。オリジナルラベルのダウンロードもありますよ。

公開日 2017.04.25

更新日 2018.04.16

肌に触れるものだからこそ手作りで。精油の香りに癒されるバスグッズ

温浴効果抜群、簡単アロマバスソルト

まずご紹介したいのは、温浴効果のあるバスソルト。材料を用意すればあっという間にできるので、その日の気分で香りを選んで作るのもオススメです。エッセンシャルオイルの香りで、バスソルトの製作中は癒しの気分に浸れますよ。

材料と道具

【1回分】
 ■天然塩(お好みの岩塩など) 50g
 ■お好みのエッセンシャルオイル  2~4滴
 ■お好みのドライハーブ 2つまみほど
 ■ボウル 1ヶ
 ■スプーン 1本
 ■保存用の瓶(密閉できるもの) 1ヶ

作り方

STEP.01 天然塩にアロマオイルを加えて混ぜる

今回は、ヒマラヤのピンクソルトと、ローズゼラニウムのエッセンシャルオイルを使いました。ミネラルが豊富な岩塩は、血行を促進し、身体を温める効果が高いので、バスソルトにぴったり。ローズゼラニウムの香りには、沈んだ気持ちを高揚させ、穏やかな心を保つ効果があると言われています。
ピンクソルトに、エッセンシャルオイルを垂らしていきます。入れすぎないように注意しましょう。

STEP.02 オイルを混ぜた天然塩にドライハーブを加えて混ぜる

今回は、ローズペタル(バラの花びらのドライ)を混ぜていきます。オイル同様、混ぜ込むドライハーブやドライフラワーはお好みで選んでください。
二つまみほどのローズペタルを加えます。ピンクソルトとの色合いもきれいですね。
スプーンで軽く混ぜていきます。エッセンシャルオイルの香りが立ち上ります。
混ぜ終われば、手作りバスソルトの出来上がり!

STEP.03 バスソルトを瓶に詰める

スプーンで瓶に詰めます。特に、岩塩以外の天然塩(袋入りで市販されているものなど)は湿気を吸収しやすいので、密閉容器がオススメです。
天然塩が溶けたお湯は、保温効果の高い「塩化物泉」という温泉と同様の効果があるそう。バスソルトを入れてじっくりお風呂に浸かれば、香りに癒されながら身体の芯まで温めることができます。様々な天然塩が市販されているので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。
次に、バスソルト同様、混ぜるだけで簡単にできる「シュガースクラブ」の作り方をご紹介します。
92件中1 - 27件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク