DIYでタイルを貼って、住まいをグレードアップ!

お部屋のおしゃれ度をワンランクアップしたいなら、タイルを使ったDIYがおすすめです!存在感があるので、一部分に使うだけでも印象を大きく変えてくれます。

2018.04.16

DIYでタイルを貼って、住まいをグレードアップ!

タイルを使ったDIYの魅力は、種類も豊富にある上に、1枚1枚取り付けるタイプならば、組み合わせ次第でバリエーションが無限にあるところ。オリジナルのアイデアを考えるのも、DIYの醍醐味ですよね。
また、1枚ずつ貼っていくのは大変そう…という方もご安心を。最近では複数枚がつながっているタイルシールなども販売されています。貼り方もさまざまな方法があるので、工夫をすれば賃貸の人でもチャレンジすることができますよ。

タイルはどこに貼る?

タイルは、DIYするのが楽しい!というだけではありません。表面がつるつるしているので、水や汚れに強いというメリットも。一見リメイクしずらそうな、水回りや屋外にも貼ることができます。
水回りなら、キッチン、洗面台、トイレ、バスルームなど。掃除のしづらい玄関やベランダにもおすすめです。玄関の外や庭先などに貼れば、家の外観までおしゃれに仕上げることができますよ!

それではさっそく、場所ごとにDIYのアイデアをご紹介していきます。

タイルDIY:キッチン編

生活感の出やすいキッチンも、個性的なタイルを貼ればカフェさながらの雰囲気。お気に入りの空間になれば、料理もより楽しくなりそうですね。食器や調理器具も、こだわりたくなっちゃうかもしれません…!

KITCHEN01

白い棚に合わせて白いタイルを貼れば、清潔感もばっちり。不思議なカーブを描く形で、個性も発揮しています。

KITCHEN02

青系の同系色でグラデーションを描いて、海を感じさせます。拡大して見ると、タイルは魚のウロコ型。

KITCHEN03

木材の棚と意外にもよく似合っているのは、ブラックのタイルです。ブラックというと重いイメージもありますが、細かいスクエアなら可愛らしく仕上がります。

KITCHEN04

こちらは02と同じく、ウロコ型のタイルです。色のトーンを濃くするだけでも、印象が変わりますね。食器棚の奥に貼っています。

KITCHEN05

大理石のタイルを敷き詰めて、高級感のある仕上がりに。材料は高価なものですが、DIYすれば工賃はもちろん無料。低予算でグレードアップできますよ!

KITCHEN06

地下鉄で目にすることの多い、白い長方形のタイルは「サブウェイタイル」と呼ばれています。シンプルなので、どんなお部屋にも合いますよ。
DIYでタイルを貼って、住まいをグレードアップ!

KITCHEN07

キッチンの目隠しにもなる腰壁も、タイルを貼るにはちょうどいいサイズです。06のサブウェイタイルとも似ていますが、こちらは少し立体感のあるタイプ。レンガのような雰囲気もありますね。

KITCHEN08

表面の形がでこぼことした、磁器のユニークなタイルを使っています。色や柄だけではなく、素材や立体的な形でも雰囲気が変わりますね。

タイルDIY:洗面台・バスルーム編

もともとタイルが使われてる洗面台やバスルームも、思い切って張り替えてみてはいかがでしょうか?ただし、既存のタイルを剥がす場合には、水漏れにご注意を。業者さんに頼まずすべてをDIYするなら、タイルの上からタイルを重ねて貼っていくという方法もオススメです。

BATH01

思い切ってオリエンタルな大柄のタイルを敷き詰めれば、まるでリゾートホテルさながらの仕上がりに。観葉植物を置けば、爽やかな朝が迎えられそうな洗面台になりますね。

BATH02

水跳ねが気になる洗面台の奥にも、タイルを貼ればさっと水分を拭き取ることができますよ。落ち着いた色合いの陶器タイルを組み合わせていて、センスが光りますね。

BATH03

こちらのアイデアでは、なんとガラス瓶を砕いて作ったオリジナルのタイルが使われています。均一にガラスを埋め込めるように、破片をたくさん作っておく必要がありそうです。

BATH04

奥の壁部分と洗面台の部分でタイルの形状を変えて、レトロな雰囲気に。柄は違っていても、色を2種類にとどめることがまとまりを感じさせるポイントではないでしょうか。

BATH05

蜂の巣のような六角形のタイルも、人気のある形です。小さいので敷き詰めるのが大変そうですが、ほとんどのタイルはシートタイプになっているので心配ありませんよ。
112件中1 - 49件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!