ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス

キャンプに行く際、細々とした荷物を大容量のトートバッグに収納している人も多いですが、中身がごちゃごちゃに散らかっていませんか?そこで今回は、バッグ内をすっきりと整頓できるスタッキングボックスをDIYします!

公開日 2019.11.04

更新日 2019.11.04

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス

小物に合わせたコンパートメントのスタッキングボックスをDIY!

キャンプやピクニックで使う小物をひとまとめにできる大容量のトートバッグは、とても便利です。ランタンのマントルやバーナーのボンベから、お皿やカトラリー、スパイスなどのキッチン用品まで、どこにしまったか忘れがちな細々としたアイテムをひとつにまとめることができるので、持ち運びが楽ですよね。でも、トートバッグは基本的にコンパートメントがないワンルーム仕様。小物を収納すると、どうしてもごちゃついてしまいます。それを解消するアイテムをDIYしようと思います!

作るもの

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
トートバッグのマチに合わせたサイズのスタッキングボックス。収納したい小物のサイズに仕切り板を設定するので、気持ち良いくらいにぴったりと整理整頓することができます。今回はトートバッグの高さも加味し、積み重ねができるように、2種類作ろうと思います。

材料

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
底板 220×585mm 2枚
側板 910×140×9mm 4枚
仕切り板 910×140×5mm 2枚 
角材A 910×12×12 2本
角材B 910×6×6 4本
三角材 20△
ビス 3.3×25
ボンド

STEP.01 バッグ底面のサイズを計測

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
今回製作するのは、トートバッグにぴったりと収まるスタッキングボックスなので、まずはバッグ底面の寸法出しから。使用するバッグは、編集部で使用しているこちら。タフなキャンバス素材で、60リットルの大容量のため、キャンプ道具を持ち運ぶのに活躍していますが、メインコンパートメントに仕切りがないのでごちゃついて困っていました。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
ジャストサイズのボックスを作るために、幅と奥行きを測ります。計測したところ、内寸は600×230mmでした。ボックスを出し入れするので、余裕を持たせて、10〜20mmほど少し小さい値に設定するのがポイント。今回は、底板を585×220mmで切り出しました。

STEP.02 正面板・背板・側板の加工

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
側板を切り出します。長手(長い方の板)の幅は、底板の長さ(585mm)に側板の厚さ2枚分(9mm×2=18mm)をプラスした603mm。短手(短い方の板)の幅は、底板の長さ(220mm)に合わせてカット。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
長手の幅の算出方法は、上で説明した通りですが、短手2枚を重ねて底板に合わせることで、計算をしなくても長さを出すこともできます。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
それぞれを2箱分カットしたら、バッグから出し入れする際に木のバリやトゲで引っかからないようにやすり掛け。外側だけで大丈夫です。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
このように、底板を支える角材Aを取り付けていきます。完成図はこちらの写真の通り。ポイントは、ずれないようにスタッキングするため、角材を少し浮かせていること。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
角材Aを側板の幅と同じ長さでカットします。取り付ける位置は、5mmほど底が浮いていれば、ボックスの四隅に装着する三角材のツメが引っ掛かりスタッキングがズレません。その浮かせる高さは、マーキングする手間を省くために、別で使用する角材Bを流用し6mmの位置に設定します。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
正面板と背板に取り付ける角材Aの長さは、側板の厚さ2枚分(9mm×2=18mm)と角材A2本分(12mm×2=24mm)を幅から引いた値です。先ほどと同じように、わざわざ計算をしなくても、実際に側板2枚と角材2本を当ててマーキングすると時短に繋がります。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
正面板・背板・側板に角材Aをビス止め。ボンドで固定してから下穴を空け、ビスを打ち込みます。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
正面板と背板は3ヶ所、側板は2ヶ所、ビスで止めました。

STEP.03 ボックスの組み立て

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
正面板と背板を側板にビスで固定。側板が割れてしまわないように、必ず下穴を空けてください。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
組み立てると、このようになりました!
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
最後に底板を取り付けます。角材Aにボンドを塗ってからビス止めを。

STEP.04 スタッキングのギミックを装着

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
上に重ねたボックスがずれないように、三角材を装着。底を6mm 浮かせているので、三角材を5mm出っ張らせました。これを2箱の四隅に取り付けます。

STEP.05 仕切り板を取り付ける

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
最後に仕切り板を取り付けます。収納したいアイテムに合わせたサイズで取り付けますが、臨機応変に対応できるように、仕切り板を取り外せるような工夫を施します。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
まず、仕切り板を取り付けたい位置に、角材Bをボンドで固定。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
重量があるギア類の収納を想定しているなら、ボンドだけでは強度が足りないのでビスやくぎで止めておきましょう。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
先ほど固定した角材Bに仕切り板を合わせます。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
角材Bで仕切り板を挟みますが、キツすぎると仕切り板を取り外せなくなるので注意しましょう。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
スライドして取り外せる仕切り板が完成!

STEP.06 仕上げのサンディング

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
角があると、バッグに引っ掛かりやすいので、サンディングして底面の角を落とします。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
これくらい丸みを帯びれば安心です。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
こちらで完成!同じ工程で制作したもう1箱は、横に仕切り板を取り付けてみました。

STEP.07 収納を検証

ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
スタッキングボックスを使用せずにこれらアイテムを収納すると…。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
ごちゃついてしまい、キャンプ場へ着く頃には食材も潰れてしまいそう…。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
スタッキングボックスを使えば、こんなにキレイにまとまりました。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
幅があるので、ワインボトル2本とバゲットを寝かせてすっきりと収納できました。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
使用するトートバッグによりますが、最大2段のスタッキングが可能です。収納アイテムの大きさや量に合わせて、仕切り板を自由に設置してみましょう。
ゴチャゴチャとさようなら!収納力UPなトート専用スタッキングボックス
スタッキングボックスをトートバッグサイズで作るDIYをご紹介しました。キャンプに持って行くなら、バッグから取り出せば、そのままテントサイトの収納として使うこともできて大変便利。もちろん、バッグへの収納に限らず、インテリアとしても使っても◎。サイズや仕切り板をアレンジして作ってみてください!
監修 RECLAIMED WORKS 岩西 剛

INFORMATION

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載