【DIY工具】BLACK+DECKER:コードレス丸ノコをリコメン!

DIYer(s)編集部が気になるツールやプロダクトを実際に使用して、読者の皆様へ本当にオススメできるものだけをご紹介する連載シリーズ「DIYer(s) リコメンド」。今回はBLACK+DECKERの丸ノコをご紹介。

【DIY工具】BLACK+DECKER:コードレス丸ノコをリコメン!

斜めのカットもお手の物!スイスイ使えるコードレス丸ノコ。

今回「DIYer(s)リコメンド」で紹介するのは、BLACK+DECKERの18Vコードレス丸ノコBDCCS18B。BLACK+DECKERおなじみのキャッチーなブラックxオレンジのボディカラーは健在です。マルチエボは持っているけれど、その次に何の電動工具を買ったらいいのか悩んでいるユーザーにオススメしたいツールです。

BLACK+DECKERとは?

1910年に創業したBLACK+DECKERは、1916年に世界初となるピストル型電動ドリルを発売しました。その後、1961年には世界初となるコードレスドリルを世に送り出すなど、積極的な商品開発が行われました。その高い品質は折り紙付きで、かつてはウォルト・ディズニー・ワールドや自由の女神像の初の改修工事の際に、オフィシャルツールスポンサーを務める程です。
2012年にはDIYerから絶大な人気を集める、マルチエボシリーズが誕生。これにより、プロからDIYerまで積年の願いであった1つの工具で複数のツールを使いこなすことが可能になりました。
現在ではマルチエボシリーズだけではなく、共通バッテリーで駆動するコードレス丸ノコやサンダー、ジグソー、スピーカーなどを展開。我々DIYerのDIYライフをサポートしてくれています。

コードレス丸ノコのリコメンポイント!

BLACK+DECKERのコードレス丸ノコは、ほかの丸ノコと同じく円形のブレードが高速回することで、木材のカットを行います。ノコギリを使って行うカットに比べて、その作業効率の差は歴然。直線のカットを効率化したい方は、ぜひ取り入れていただきたい電動工具です。
また、丸ノコをオススメする理由がもう一つ。それはツーバイ材のカットが行えること。マルチエボの丸ノコヘッドでは、ツーバイ材のカットが出来なかったんです。これによりDIYの幅がぐっと広がりますね。

リコメン①:取り回しやすい軽量設計!

コードレス設計な上に、約2.1kgという軽量設計のコードレス丸ノコ。女性でも取り回しやすいのが嬉しいポイントです。

リコメン②:50度まで設定可能な切断角度!

コードレス丸ノコの嬉しいポイントは、最大50度まで切断角度が変更可能なこと。ほかにも切り込みの深さの調節も容易に行えます。

こちらが切断面約45度でカットした様子。綺麗にカットできています。

リコメン③:使いやすく安全なスイッチ設計

ブレード回転のストップ&ゴーは、手元にあるスイッチを使って行います。上記写真の人差し指の部分がセーフティスイッチ、中指がスタートスイッチです。セーフティスイッチを押した状態でなければ、スタートスイッチは反応しません。

リコメン④:18Vシリーズバッテリーを採用!

大きなパワーを提供する18Vシリーズバッテリーを採用。マルチエボシリーズをはじめとした、BLACK+DECKERの多くの電動工具で使用されているので、1つのバッテリーで複数の電動工具へ使い回すことが可能です。

BLACK+DECKERのコードレス丸ノコでDIY!

最後に、BLACK+DECKERのコードレス丸ノコがあればDIY可能なプロダクトをご紹介。お気に入りのプロダクトを見つけて、ぜひDIYしてみてくださいね。

TOOL SPEC

価格:本体のみ¥9,980+TAX、バッテリー付属¥15,980+TAX
本体サイズ:幅33.5×奥行19×高さ24.5cm
定格電圧:18V
無負荷回転数:3,700回/分
チップソー寸法:外形140mm×内径10mm
切断角度調節:0-50度

そのほかのリコメン!はこちら

32 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!