小屋をDIY!床や壁も簡単に自作

秘密基地への憧れは、大人になっても健在ですか?子供の頃はダンボールでしたが、大人がその気になれば、DIYで丈夫な小屋を建てられます。今回は、世界中から集めた小屋のアイデアをご紹介します! 

公開日 2017.12.25

更新日 2018.09.14

小屋をDIY!床や壁も簡単に自作

小屋は、自分で作れるの?

まず、小屋ってそもそも自分で建てていいの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。建築物を建てる際には、基本的には「建築確認申請」が必要です。これは専門的な知識がいるので、自分ひとりではなかなかできません。ただし、10平方メートル以下の小屋であれば、原則、申請しなくても問題ない実例も!(ただし、防災地域など、地域によっては例外もあるので、事前に確認しましょう)
「小屋」に定義はありませんが、自作できる小屋のサイズは「物置」くらいのイメージです。サイズは小さくても、デザインを工夫することで、快適な空間を作ることができますよ。
今回は海外から集めた、素敵な小屋やスモールハウスのアイデアをご紹介します!日本のルールではDIYできないものもありますが、外装のデザインや全体のイメージなど、参考にしてみてはいかがでしょうか。

人気記事

小屋DIY IDEA 1〜10!

小屋 001

荷物を船に積むためのコンテナを利用して作られた小屋です。こちらを紹介しているサイト「SMALL HOUSE BLISS」によると、丈夫なコンテナを使用することで、耐震性も高いとのこと。中にはキッチンやバスルーム、リビングや寝室もあって、コンパクトな暮らしを送れるほどの充実っぷり。面積としては大きくはありませんが、窓を大きくすることで、広々と感じられます。

小屋 002

様々な暮らしのアイデアをまとめているサイト「CountryLiving」では、廃材を再利用した小屋が紹介されています。素材が錆びた貯水タンクとは、斬新なアイデアですね。直径3メートル以上ありそうなタンクの側面を切って窓をはめ込んでいます。また、BBQを楽しめそうなウッドデッキも併設されていて、思いっきり自然を感じられそうですね。

小屋 003

Miller Kendrick Architectsによって作られた小屋は、イギリスのウェールズにあります。外観の木材など、できる限り地元の資源を使用して作られているとのこと。直線的な外装と、曲線が多用された内装のコントラストが、モダンな雰囲気を作り出しています。内装の曲線は骨組みとして使われている合板が連なってできていて、まるで合わせ鏡の中にいるようです。

小屋 004

最先端のデザインを紹介しているウェブサイト「designboom」では、宙に浮いているかのような小屋が掲載されていました。ベンハギンズ氏が設計した「kudhva」という小屋です。斜めになったピラミッド型のデザインは、近未来のようですね。子供の頃に思い描いた秘密基地は、まさにこれだったのかもしれません。一見涼しげな様子ですが、ゴム材でしっかり断熱されているので、暖かさは保てるようです。

Kudhva: Installation:Occupation Edit#2

小屋 005

webマガジン「dezeen」からピックアップしたのは、杉から作られた小屋です。ロンドンに設置されているそうですが、どこか日本的な素朴さも感じられます。夜に明かりを灯すと、木材の間から光がもれて、小屋全体がランタンのように輝くという、粋な設計です。昼間は反対に、太陽の光を室内にたっぷり取り入れることができますね。

小屋 006

「Architects+Artisans」で紹介されているのは、スチール製の小屋。洪水の多い地域のためにも、床が高い設計にしたそうです。日本の高床式倉庫ではないですが、湿気対策にもなりそうですね!金属製だと無機質なイメージになりがちですが、デッキに木材を使ったり、扉をビタミンカラーにしたりすることで、暖かい雰囲気に仕上げています。部屋の中には、グリーンとオレンジを基調にした北欧風のインテリアを置いています。

小屋 007

「ARK SHELTER」では、自然と共生できる「箱舟」をコンセプトにした小屋が提唱されています。室内にはキッチン、トイレも完備。サンルームも付いているので、太陽の光と熱を取り入れることができます。全体の様子は下記の映像で見られますよ。

Ark.shelter promo video

小屋 008

小さな家のような装飾のこちらの小屋は、「CountryLiving」で紹介されています。車庫ほどの大きさですが、天井が高いので圧迫感がありません。ロフトにはベッドが置かれていて、天窓から入る日差しで、気持ちよくお昼寝できそう。水道などは通っていませんが、小さな冷蔵庫と台があれば、ミニキッチンの出来上がり。隠れ家でホームパーティーをすれば、盛り上がること間違いなしですね!

小屋 009

チェコのプラハにある小屋は、SF映画に出てきそうな不思議な佇まい。なんと、3フロアもある立派な建物です。なめらかな外観に反して、内装は柱や梁が張り巡らされた、直線的なデザイン。幾何学的なインテリアと相まって、ますます不可思議な雰囲気です。スロープを上がって小屋に入るという仕掛けも、宇宙船らしさを演出していますね。

小屋 010

まるで別荘のようなこちらの立派な小屋は、ロシアに建てられています。ほとんどパーテーションのない構造で、建物の手前と奥にある大きな窓と合わさって、開放感があります。今までご紹介したアイデアでもあったように、大きな窓は小屋にとって重要なポイント。狭いはずの空間を広々と感じさせるだけでなく、周囲の自然と一体になれるような心地よさも与えてくれます。

小屋DIY IDEA 11〜20!

小屋 011

森の中に溶け込んでいるこちらの小屋は、「dezeen」で紹介されています。白木と黒を基調にしたモダンな内装を見ると印象が変わるので、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。山の傾斜を利用して建てられていて、写真で見ると奥側のロフトからも、外に出ることができます。

小屋 012

スウェーデンの建築家Erik Kolman Janouch氏が作った小屋は、ノルウェーの伝統的な建築から着想を得たとのこと。岩盤の上に建てられた小屋は、耐久性にも考慮して作られたようです。屋根のほかには出っ張ったところがないので、風の影響もあまり受けません。デザインは、周りに広がる美しい景観を壊さないようにと、注意深く造られています。オリジナリティがありながらも、控えめでいることはプロのなせる技ですね。

小屋 013

たくさんの小屋のアイデアをまとめたサイト「SMALL HOUSE SWOON」で紹介されているのがこちら。イギリスにあるカントリー調の小屋です。リゾートにあるコテージのような立派な外観は、カントリーとモダンの掛け合わせから生まれています。木目を見せながらも、屋根や外から見えるインテリアは黒で統一。室内は白が基調になっていて、心安らぐ雰囲気が魅力です。

小屋 014

「うなぎの寝床」と呼ばれそうな、細長い小屋のアイデアもあります。扉2つ分ほどの細さですが、キッチンやシャワーも完備。食器や日用品は、天井まである棚を使って、上手に収納されています。ウッドデッキも扉を塞ぐようにして、収納することができるようです。

小屋 015

一見、開放感のあるカントリー調の小屋ですが、実はすごい仕掛けがあるんです。こちらは骨組みとガラス窓だけの内側の層と、壁や屋根がついた外側の層が可動式になっています。天候や気分に合わせて、ガラス窓の層だけにしたり、写真のように2つの層を開け放つことができます。劇場のようにもしたいし、パーティーもしたいし、星の下で寝たいし…というたくさんの要望を叶えるために、この形になったとのこと。それにしても、すごいアイデアですね!

小屋 016

見ての通り、その名も「フランス」という小屋です。青は寝る場所、白は昼間に活動する場所、赤は簡易キッチンが置かれていて、ただの見た目重視のデザインではないんです!青は睡眠に適した色だから、という理由まであるとのこと。遊び心が満載ですね。

小屋 017

真っ白の立方体という、潔ささえ感じられるシンプルなデザインの小屋もありました。ダイニングやリビングにある大きな窓から、沿岸の美しい景色が望めます。階段下のスペースにベッドがあったりと、小さいながらも工夫された配置で、快適に過ごせそうです。

小屋 018

これなら、真似してDIYできそうなサイズ!カラフルな色使いと手作り感溢れるデザインで、まるでおもちゃ箱のようですね。掲載されているサイト「inhabitat」では、子供たちが一生懸命に制作している姿も見ることができますよ。家族で小屋作りの夢も膨らみますね!

小屋 019

ロンドンのアーティストのインスタレーションとして作られたのが、こちらの小屋です。前面の部分が折りたたみ式で開くようになっています。徹底的に無駄を省いた小屋にしてみるというのも、面白いアイデアかもしれません!

小屋 020

背の高いこちらの小屋にも、すごい仕掛けが隠されています。手動で、建物ごと回転させることができるのです。暑い日には太陽のない方向に大きな窓を向けるなど、太陽を利用して暮らせます。子供達でも動かすことができるようで、その様子は下記の映像でご覧いただけますよ。

359 Rotation

シンプルなものから、サプライズな仕掛けがあるものまで、たくさんのアイデアはいかがでしたか?中には一流のデザイナーや建築家が関わっていて、とても真似できないものもありますが、その発想の自由さを参考にしてみてはいかがでしょうか。世界に一つとない、自分だけの秘密基地のアイデアが浮かぶかもしれません!

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!