趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。

引っ越して終わりじゃないのがリノベ賃貸。せっかくの出会いだったんだから、部屋のコーディネイトもこだわりですよね。ということで、今回もリノベーション賃貸ブランドREISMのプロフェッショナルチームが提案するコーデ術をご紹介していきます。日常にも落とし込みやすいテクニックも紹介しているので、要チェックです。

公開日 2021.01.21

更新日 2021.02.22

趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。

ワンランク上を目指すコーディネート!リノベ賃貸との上手な暮らし方

間取りを変更して生活動線を見直したり、より機能的な設備や資材を取り入れたりすることで、家の資産価値をあげ、住人のライフスタイルに合わせて、既存の物件を再設計することを意味するリノベーション。そんな同コンテンツも派生して、リノベ賃貸という形で貸し出しを行っている企業も出てきています。これまでDIYer(s)も、リノベーション賃貸ブランドREISMの協力のもと、実際に賃貸リノベに引っ越した人にクローズアップした連載や、コンセプトを設けた賃貸リノベシリーズの各カテゴリー紹介などを行ってきました。
そして本記事では、そんなリノベ部屋をさらにランクアップするべくためのインテリアコーディネートをご紹介します。せっかくコンセプトを設けた一味違う賃貸に引越したのだから、ワンランク上に楽しむ小粋なテクニック知っておいて損はなし。ということで、今回もREISMのプロフェッショナルチームが作り上げた空間を参考に、オススメのインテリアやコーデ術のポイントなど紹介します。
それではまず、今回の舞台となるお部屋をご覧いただきましょう。
趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。
まるで洋館のような重厚さとノスタルジックさを醸し出すクラシックなスタイルが魅力のリノベーションシリーズ「Anti」から、日暮里にあるお部屋をチョイス。特筆すべきはコンクリートとラワン材で囲まれた壁と丁寧に使い込まれた床材のような深いブラウンのフローリングによる味わいのある風合い。そして室内の一角には、今回のインテリアのキーとなる広々としたデスクが設けられています。その他にも2つの窓は採光も優れており、日中は静かで落ち着いた書斎の様な空間。ひとたび夜に変わればガラス戸に映るボールライトの灯りがクラシカルな印象を一層引き立ててくれます。
家具などの物がなくても雰囲気十分ですが、この部屋がどう変わるのか...。

ガチヴィンテージをまずは一つから

趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。
こちらが、REISM流のインテリアコーディネイトが施された部屋の様子。Antiのコンセプトでもある“ヴィンテージ家具のような経年変化を楽しむ部屋”が見事に具現化されています。この部屋の注目すべきはズバリ、ヴィンテージアイテムとの付き合い方。
趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームの作り方!
最初から全てを本気のヴィンテージで揃えるとなるとハードルが高く躊躇してしまいますが、まずは1つでも本格的な物を置くことで、落ち着いた空間になるんだとか。例えば家具ならチェストやチェア、スツールなどはワンルームでも取り入れやすいです。
趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームの作り方!

2人で座ってもゆったりなソファはアッシュ材にブラウンの着色をしたソファフレームとカーキのシートが好相性。細部までヴィンテージに見られる細工を施したこだわりのあるデザインも部屋との雰囲気にマッチします。

趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。

ソファ前に置いたのはヘキサゴン型が特徴的なテーブル。1つでちょっとしたコーヒーテーブルやサイドテーブルとして、複数個でコーヒーテーブルとしてお使いいただけるコンパクトなリビングテーブルです。天板も、ブラック、グレー、ベージュ、ガラスの4種類から選べるのも嬉しいポイント。

家具以外のヴィンテージ雑貨を取り入れるのであれば、オブジェ的なものがハマるんだそう。一見ガラクタのように見えるものでも、組み合わせ次第でウィットのある空間のアクセントになります。

備え付けのデスクをワーキングスペースに

趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。
テレワークも当たり前となったこのご時世。せっかく家でも仕事をするなら、そのスペースはやはりこだわりたいところ。ただ、事務的なスペースになってしまうとAntiの雰囲気を壊してしまうので、チェアはオフィスチェアではなくダイニングチェアをあわせ、ワンルーム内でもインテリアに馴染むようにしています。照明もアンティークっぽいデザインのものをチョイスし、雰囲気をアップ。
趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。

ヴィンテージアイテムならんで照明はインテリアをランクアップさせるので、素敵なものにこだわるのがおすすめです。お引越ししても使い続けることができるので、少し高くても憧れデザインのものを選ぶのがポイント。

趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。

コーヒーが趣味ならミルやメーカーもあえて見せる位置においても絵になります。その道具1つ1つもこだわりたくなりますね。

9.9畳のワンルームを備え付けのデスクを活かしたテレワークの空間、ソファとリビングテーブルのあるスペースをくつろぎの空間、とゾーニングしてコーディネートされた空間。使用用途は分けながらもテイストに統一感を持たせたことで、見事なヨーロピアン・ヴィンテージ風の落ち着いたインテリアとなりました。
趣味と暮らしとテレワーク。わがまま叶えるワンルームを作るコツ。
加えて今回はテレワークも意識したスタイリング。 ワンルームの中にお洒落な仕事スペースを作るというのは、参考になったという人は多いのではないでしょうか。プロ直伝のこのテクニック、ぜひとも自分のものにしちゃってください!!

そして、インテリアとして紹介してきた家具たちはREISMのセレクトショップ、「REISM SELECT」で購入可能なんです。家具だけでなく、キッチン用品や古着など幅広いラインナップとなっているのでお見逃しなく!

また、紹介した物件である日暮里のAntiは現在入居中ですが、REISMのサイトではウェイティング登録ができる機能を完備。登録をしておくだけで、退去の予定を優先的にお知らせしてくれる便利な機能なんです。物件が気になった方はコチラのご登録もぜひお忘れなく!

INFORMATION

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク