初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

今回は、テントをまだ持っていないキャンプビギナー向けに、設置が簡単なテントをご紹介します!もちろん、2つ目を検討している方も、ぜひ参考に見てみてくださいね。

公開日 2018.07.09

更新日 2018.07.09

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

テントの選び方

テントを購入する前に、把握しておきたいのはキャンプに行く人数と予算の2つです。家族だけで行くことが多いなら、3〜4名用。友達も呼んでもっと大人数で行くなら、よりビッグサイズのものを選びましょう。大は小を兼ねる、とも言いますが、テントが無駄に大きいと、組み立てるのが難しい上に運ぶのも大変。区画が決まったキャンプ場ではスペースの取り過ぎになって、追加料金が発生してしまうことも…。やはり、ちょうどよいサイズを購入するのがおすすめです!
あとは予算に合わせて、デザインや機能性を見て選びましょう。今回はブランド別にご紹介していくので、お気に入りのブランドを決めてから、購入したいテントを探してみてもいいですね!

ユニークなアイテムが揃ってる!『DOD(ディーオーディー)』

A post shared by DOD (@doppelganger_outdoor) on

ディーオーディーのテントは、人と被らないユニークなデザインが魅力です。セットアップは簡単な設計になっていて、比較的リーズナブルな値段設定。見ているだけでワクワクするようなポップなデザインで、キャンプへのハードルを下げてくれますよ。

DOD01 クレイジーエックス

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

エックス型の奇妙にも思える形状は、まるで秘密基地!頭の部分だけが繋がっていて、微妙な距離感で寝ることができる、4人用のテントです。中央のミーティングスペースで顔を合わせる時のワクワク感は、子供の頃を思い出させてくれるかも?トップシートを取り外せばメッシュ生地が現れるので、星を見ながら寝ることもできますよ。

DOD02 パップフーテント

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

「パップテント」という、軍隊で使われていたテントにインスピレーションを受けて作られたのが、こちらのテント。タープが一体型になっていて、ソロキャンプにおすすめです。ポリコットン生地なので、ある程度近くで焚き火などをしても大丈夫。フロア部分は生地がない仕様ですが、虫や風は入りにくい設計です。コットと組み合わせて使いたいですね。

DOD03 タケノコテント

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

日本人がリラックスできるよう、裸足で食事を取ることができるワンルームのテントです。なんと、8.6畳もの大きな内部空間でゆったりと過ごすことができます。フロアシートは、靴置き場の部分だけシートを外したり、半分外したりと、自由に調節ができるのも嬉しいポイントですね。

DOD04 タープリーテント

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

広々としたタープがついた、2ルームテントです。2〜3名用のキャンプにぴったりの大きさ。インナーテントを取り外せば、トンネル状のシェルターとして活用できます。バーベキューをする際などに、食事をしたり、食材の保管場所にしたりと活躍しますよ!

こだわり派にはこちら!『Snow Peak(スノーピーク)』

フライシート、インナーテントのウォール、ボトム…それぞれのパーツにこだわりを持って、徹底的に磨き上げているブランドがスノーピークです。自然と調和するようなデザインに一貫性があるのも、ファンを離さない理由のひとつではないでしょうか。(参考:https://camphack.nap-camp.com/269)

Snow Peak01 テント ヴォールト SDE-080

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

スノーピークの中でもエントリーモデルとして位置付けられているのが、こちらのヴォールトです。かまぼこ型のアウトフレームのテントは構造がわかりやすく、初心者さんでもセッティングしやすくなっています。

Snow Peak02 ドックドーム Pro.6

ドックドーム Pro.6

フライシートにフレームをセットするタイプのドームテントです。各所にメッシュ素材を多用して、暑い季節でも快適に過ごせます。換気が十分にできることで、結露の防止にも繋がりますよ。

Snow Peak03 スカイネスト

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

宇宙船を思わせる、不思議な外観。こちらは、つり下げ式の一人用テントです。2本の木にハンギングして、地上から浮遊させることができます。メッシュ素材の窓がついているので、周りの景色を見渡すことができ、開放感が抜群ですよ!

Snow Peak04 カマエルドーム2

カマエルドーム2

カメラマンのために設計された、特別なテント“カマエルドーム2”。カメラの三脚を立てられる広い前室や、360度見渡せるような全方向窓などが特徴的。大自然の中で、貴重な一瞬を逃さないための工夫です。

ビギナーに優しい!『Coleman(コールマン)』

Coleman(コールマン)

とにかくサイズやデザインのバリエーションが豊富で、誰もが使いやすいということで定評があるのは、コールマンです。ウェブサイトには設営の方法などをYoutube動画で説明しているので、テントを張ったことがない初心者さんも安心して購入できますね!

Coleman01 タフドーム 3025

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

4〜5人でゆったり使える、ファミリー向けのテントです。高さが175cmほどあるので、大人でも立って移動できますね。「アシストクリップ」がついていることで、1人で設営することも可能です。

Coleman02 ビラデルマーリバイバル

ビラデルマーリバイバル

限定販売でつくられた、特別仕様のテントです。まるで小さな一軒家のような、レトロなデザインが魅力的。キャンプサイトでは、注目を集めること間違いありませんね!

Coleman03 タフスクリーン2ルームハウス

初キャンプに使うテントはどれにする?ビギナーにオススメの20選

広々としたリビングスペースが特徴的な、2ルームテントです。アルミ合金製メインポールが使用されているので、強風でも大丈夫。設営だけでなく、撤収の方法も動画で紹介されています。

Coleman04 アイスフィッシングシェルターオート/M

アイスフィッシングシェルターオート/M

その名の通り、氷上での魚釣り専用です。ガス圧式なので、半自動的にセットアップができます。ワンタッチで素早く設営できるのは、寒い環境では嬉しいポイントですね。

93件中1 - 56件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載