オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック

使いやすく、洗練されたデザインの北欧風キッチン。憧れはするけど、具体的にどうしたら北欧風に近付くのかアイデアがまとまらず、悩んでいる方もいるのでは?ここでは、本格的なリフォームを考えている方はもちろん、気軽に楽しめるDIYや、ちょっとした工夫でもテイストを変えることのできる、テクニックとアイデアをご紹介します。

公開日 2019.07.18

更新日 2019.07.18

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック

温もりのあるシンプルさ。北欧風キッチンが気になる。

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
寒さが厳しい北欧諸国。積雪が多く、冬が長いことで知られています。家で過ごす時間が長いことから、快適に暮らせるよう工夫することでそのデザインは発展を遂げてきました。中でも北欧のキッチンは、シンプルさの中に温かみのあるデザインが特徴。比較的小さい家が多いので、サイズ感も日本の感覚に近く、参考になるアイデアがたくさんあります。自然をモチーフにしたカラーリングや、実用性の高さを好む点も日本で人気が出る理由のひとつでしょう。今回の記事では、独自の進化を遂げてきた北欧のデザインを取り入れて、使いやすくオシャレなキッチンを作るテクニックをご紹介します!

北欧風キッチンに取り入れたい人気のカラー

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
北欧風キッチンのポイントになるのは、ベースカラーとアクセントカラーです。

ベースカラー

北欧では、豊富な木材を基調にした家具とインテリアが中心となっていますので、ベースカラーには、白や木目のものを使うのがオススメです。壁や大きな家具など、キッチンの中で大きな割合を占める部分を明るいベースカラーにそろえることで、部屋全体が自然な感じに整います。

アクセントカラー

白や木目のようなベーシックカラーには、アース調の中間色を取り入れると、自然に溶け込みます。淡いグレイと黒を取り入れて、例えばカウンターなどをモノトーンにすると、モダンな感じに仕上がるでしょう。お好みのビビッドなカラーを取り入れることも、もちろん可能です。ここで失敗しないためのポイントは、できるだけ面積の狭い部分に少しだけ違うテイストの色を入れて、ベースカラーとの相性やバランスなどを見ながら慎重に選んでいく、ということでしょう。全体的にごちゃごちゃとした印象にならなければ成功です。

すぐに真似できる北欧風キッチン

ちょっとした模様替えをするだけでも、生活感のあるキッチンが北欧風に早変わりします。

ファブリックを上手に使う

どこか日本の絣模様にも似た北欧風の柄ですが、こうしたファブリックを使うことで、簡単にプチ模様替えをすることも可能です。まとまらないものを棚の中に収納し、ファブリックをカーテンのように使ってみましょう。あるいはものを入れたバスケットの上にふわりとかけて目隠しする、という技を使うと、見た目がスッキリします。また、同じ布や違う布を食器の下などにマットとして敷いてみたり、額に入れたり、ただキャンバスを包むようにして壁に飾ってみたりというようにも使えます。ほかにも、クッションとおそろいにしたり、ラグと上手にコーディネートしたりするなど、いろいろな使い道が考えられそうですね。

調味料ボトルを統一させてスッキリ

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
調味料入れなど色がごちゃごちゃしそうなものは、ベースカラーに合わせて、同じ色や形のものをそろえて並べるとスッキリします。棚や引き出しの中などに収めて、隠してしまうという方法もあります。しかし作業動線を考えると、すぐに使うものはキレイに並べて見せる収納にしたほうが、すぐに手が届いて便利かもしれません。
また、ガラスと木の素材が組み合わさった北欧テイストのボトルは、パスタ入れや粉類を入れるものなど、大きさが違うものを順番に並べてみるのも面白いです。

観葉植物などのグリーンを置く

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
白や木目を基調にした部屋には、グリーンを置くと、とても爽やかなアクセントになります。樹木という自然のものを取り入れることで、より北欧インテリアの雰囲気が増してくるでしょう。色の濃淡や葉の大きさ、背の高さなども考え、ぴったりのスペースが見つかれば、いくつか取り入れるのもステキです。

バスケットを使う

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
白や木目調がベースカラーのキッチンや、スチール製の棚にも、バスケットはよく合います。バスケットのブラウン系の色はアースカラーですので、違和感なくとても自然に馴染むのです。中には、普段あまり使わないものや、収納して隠したいものを入れるとよいでしょう。逆に、紙ナプキンやふきん、コーヒーフィルターペーパーなど色の馴染むものを入れて、見せる収納アイテムとして活躍させるのも一つのアイデアです。

DIYで北欧風キッチンを叶えるテクニック

手軽にDIYを楽しみながら、北欧風のキッチンを目指しましょう。

キッチンをスッキリ見せる棚

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
キッチンには、料理のためのツールがたくさんあります。お料理やお菓子作りが好きな人ほど、たくさんの器具が必要になってしまうものですよね。そこで、やはり収納に工夫が必要です。近頃は、 自宅で簡単に組み立てられる収納棚が売られていますが、なかなかぴったりのサイズが見つからない場合には、棚作り用のキットも販売されていますので挑戦してみましょう。完成したらファブリックを使って目隠しを作ってみるのもよいですし、棚の上に形や色で統一したツールをキレイに整理整頓して並べてみるのも、インテリアとして美しいキッチンになります。大切なのは、清潔感、そして同じパターンでものが並んでいるというリズムを表現することです。これにより、生活感を見えにくくすることが可能になります。

DIYの小技でもう一工夫

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
オシャレに見せる収納法を選ぶのでしたら、ツールハンガーなど、ドライバーだけで取り付けられそうな既製のものも売られています。また、棚やツールと一緒に色をコーディネートするなら、壁紙を使うこともオススメです。DIYで作業をする場合には、裏に糊がついた壁紙なども便利です。また、本物のタイルにするのは手間とお金がかかりますが、立体的に作られた壁紙を使うと、レンガやタイルのようなテイストを味わいながらも、簡単に貼り付けられるというメリットもあります。初心者でもチャレンジできそうなアイテムが販売されていますので、ぜひ、チェックしてみてください。

リフォームで本格的な北欧風キッチンを実現

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
思い通りの北欧風キッチンを手に入れるには、プロに任せるのも一つの手です。

システムキッチンを選ぶ

本格的に思いを叶えたい場合には、やはりプロに任せるのが安心です。DIYよりも、リフォームできる範囲が格段に広がります。予算なども含めアドバイスを受けることで、多くの情報を同時に入手することができますので、より理想に近いキッチンを手に入れられるでしょう。
キッチンの中心となるシステムキッチンの色や素材一つで、印象が大きく変わります。白や木目をベースカラーに選択するのなら、システムキッチンはベースカラーに重ねるサブカラーとして、ほんのり色が入ったものをコーディネートするのもステキです。例えば、白と爽やかなブルー、あたたかみのあるサーモンピンク、淡いグリーンなどはいかがでしょうか。また、システムキッチンを含め、部屋全体を白っぽい木目調に統一してしまうのも北欧風です。ナチュラルな家具のように見えるシステムキッチンには、くつろげる印象があります。
また、日本ではキッチンの天板のマテリアルにはステンレス素材を使うことが基本のように思いがちですが、北欧では、ぬくもりの感じられるタイルや石などの素材もよく使われています。近頃は、手入れのしやすい人工大理石などもありますので、よく検討して取り入れたいものです。長く付き合うキッチンをリフォームするのですから、せっかくなら、たくさんのアイデアの中から一番お気に入りのものを選びたいですね。

床や壁

北欧では、部屋が広く感じられるという理由からも、やはり白っぽい色が一番よく使われます。また、それに準じて、空間の広がりを感じさせてくれる淡い色合いの壁も好まれます。ただし床は、「木目の入った床があるだけで北欧が感じられる」というイメージもあるくらい、木製の床が多いようです。キッチンやダイニングのラグはアクセントに羊の皮が敷かれていることも多いですが、北欧風と言われるものはほかにも幾何学的な模様や、抽象的なパターン柄のもの、石の模様などいろいろあります。色合いも、モノトーン調のものからサブカラーとして使える淡い色のものまでさまざまです。好みでチョイスしましょう。

北欧風のキッチン雑貨

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
北欧では、木製のワゴンにカッティングボード、フライ返しなど、やはり道具にも木を使って作られたものが多いです。また、陶器はラインがシンプルでも、個性的な形や色をしたものをよく見かけます。ユニークなものはいろいろありますが、例えばガラス製のカバーと木製の台がついたチーズドーム、白樺の木の皮で編まれたコーヒーフィルターケースなどがそうでしょう。そうして見つけた特別なアイテムを見せるように、上手く工夫しながら収納するのが北欧スタイルなのです。また、ポピュラーですが、アクセントカラーにもなるカラフルなプリントの施されたふきんがオシャレなので、何枚かそろえてバスケットの中に入れておくのもよいでしょう。

壁紙で北欧風を楽しむ

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
ベースカラーを選ぶとなると、その大部分を占める壁紙が重要です。同系色の濃淡や薄いストライプ、ドット柄などを選ぶと、雰囲気を壊さずに遊び心を取り入れることができて、楽しいコーディネートになります。また小さい範囲で、ビビッドな色合いの壁紙を使用するなどしても、キッチンが楽しくなるのではないでしょうか。北欧風の壁紙には、やはり淡いトーンのものが多いですが、レンガの模様や黒いものも選択の範囲に入ります。また、棚の後ろや、少し単調な感じのする場所には、木製のように見えるモザイク模様や木立の柄のウォールステッカーなどを利用するのもよいでしょう。

まとめ

オシャレな北欧風キッチン空間!憧れスタイルを叶えるテクニック
北欧風にするには、やはりキッチンをスッキリ広々と見せる工夫が大切です。またDIYで北欧風を目指すのなら、一度に仕上げるのではなく、常にバランスを考えながら一箇所ずつ変えていくことをオススメします。業者に依頼する場合には費用はかかりますが、しっかり相談してからお任せすれば、完成度の高い、理想通りのキッチンが手に入ることでしょう。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載