BORDERLESS FIELD/OAKLEYのアイウェアとのぞむ絶景

アイウェアを中心にアパレルなどを展開するアメリカ発のOAKLEY。確かな技術力が落とし込まれたアイウェアは、デザイン面でも大きな支持を集めています。今回はそんなOAKLEYのアイテムたちとともに、アウトドアアクティビティを楽しみます。

公開日 2019.03.04

更新日 2019.03.07

良好な視界を確保するアイウェア

今回の目的地である中央アルプスに構える木曽駒ケ岳へ到着。標高2,956mという大きな山ではありますが、ロープウェイの利用も可能で、初心者の方でもトレッキングが楽しめます。

雲ひとつない晴天に恵まれた、すり鉢状の地形が特徴的な千畳敷カール。都市生活であれば問題のない晴れ模様ですが、標高の高い山では紫外線もよりいっそう強いものに。標高1,000mにつき、10%ほど上がるとも言われているんです。

そんな山でのアクティビティを支えるアイウェアが、STRAIGHTLINK™️。Polarized(偏光レンズ)を採用することで、乱反射する眩光を防ぎ、鮮明な視界を確保します。

良好な視界確保の重要性は、乱反射する眩光による障害だけではありません。傾斜があり、岩が転がる山でのトレッキングでは、足の踏み出しも大切なポイント。登山・下山時の安全性に関わるんです。

STRAIGHTLINK™️の特徴はレンズだけではなく、フレームにも。目を大きく覆うレンズシェイプのほか、Unobtainium®️製のイヤーソックがしっかりとグリップしてズレを防ぎます。

着用アイテム
EYEWEAR:STRAIGHTLINK™️ MATTE BROWN TORTOISE W/ PRIZM™️ TUNGSTEN POLARIZED|OO9336-0758|¥33,000+TAX
39件中12 - 19件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載