虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

夏は、絶好のキャンプシーズン。長期休暇があるのはもちろんのこと、暑い日でも夜のキャンプサイトは涼しくなるので、心地よく過ごせます。しかし、そんな快適さの邪魔をしてくる存在が!ずばり、夏に元気いっぱいの虫たちです。特に蚊などの刺してくる害虫は病気の元にもなるので、しっかりとした対策をしましょう!役立つおすすめのアイテムを18個、こちらでご紹介します。

公開日 2018.08.27

更新日 2018.11.20

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

テント外に置くもの、身につけるもの、塗るものなど、虫除けには様々なタイプがあります。使う場を考慮して、自分にあったものを選んでみましょう。また、大自然の虫は、なかなかアグレッシブです。より効果を高めるために2、3個の虫除けグッズを併用してもいいですね。

【蚊取り線香タイプ】夏の風物詩!

蚊除け、といえばおなじみの蚊取り線香。キャンプでも、夏は必須と言っていいほどのアイテムです。テントの外で遊ぶ時、食事をするときに焚きましょう。火の扱いには、くれぐれもご注意を!

パワー赤函 森林香

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

殺虫及び忌避の効果があるとされているメトフルトリン配合の線香です。アブやハエにも効果を発揮する、蚊取り線香よりも強力なものです。線香が分厚くなっていて煙がパワフルにたくさん出るので、広範囲をカバーしたいアウトドアにはぴったりです。また、専用のケースに入れれば、腰からぶら下げて携帯することができますよ。テントから離れて森の中を歩くときなどにも便利ですね。

金鳥ハエとり線香

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

昔から多くの人に愛されている、「金鳥の渦巻」シリーズ。レトロなパッケージデザインが魅力的ですね。最近では、ローズの香り・ラベンダーの香り・微煙タイプなど、様々なラインナップが展開されています。こちらは、ハエにも殺虫効果を発揮するタイプ。効果は7時間ほど持続するので、長く屋外で過ごすキャンプにもぴったりの製品ですね。

【ウェアタイプ】虫を寄せ付けない、スコーロンを採用!

普通の長袖・長ズボンでも蚊から刺されないようにする効果はありますが、今回ご紹介するアイテムは、素材自体に虫除け効果があります。アウトドアは好きだけど、虫は苦手!という人には必須かもしれません。

スコーロン®とは?

A post shared by Foxfire (@foxfire_jp) on

アース製薬と帝人フロンティアが共同開発した素材『スコーロン®』とは、アース製薬と帝人フロンティアが共同開発した、虫を寄せつけない特殊加工を施した素材のこと。アウトドアブランド(Foxfireフォックスファイヤー)から、スコーロンを使ったラインナップが販売されているので、そちらをご紹介します。

MEN'S SCスラブシャンブレージャケット

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

薄くて蒸れにくいシャツ素材を採用しているので、暑い夏でも快適に羽織ることが可能です。手首までしっかり覆えるように、袖には親指を通す穴が開いています。蚊に刺され防止にはもちろんのこと、着用したときも優しいグレーカラーと相まって、柔らかい印象になりますよ。

SCパナマギンガムシャツ

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

部分的に「パナマ織り」を採用しているシャツです。パナマ織りとは、太目の糸でざっくりと織り上げている織り方のこと。風通しが良いので、涼しく感じられますよ。また、袖ぐりにはロールアップできるように、タブが付いています。調理をするときなどに、ささっとまくることができて便利ですね。カラーバリエーションは、ブラックのほかに夏らしいブルーも展開されています。

WOMEN’S SCアルティメットフーディ

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

防虫に加えて、吸汗速乾性のある「トランスウェット・スコーロン」素材に、さらに肌面撥水機能がプラスされたパーカです。汗をかいても素早く外側へ拡散。肌に当たる部分は、いつもさらさらにキープされます。また、フード部分のジップを閉めれば、顔の大部分が隠れるようになるので、虫をしっかりガードできるという優れもの。肘や肩の部分は生地が二重になっていて、突っ張ったときにも虫刺されを防止します。

WOMEN'S SCプレイドシャツ

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

春から秋にかけて、幅広いシーズンで使えるシャツです。多色使いで、自然との相性もばっちり。こちらの「ライトグリーン」のほか、ピンクがかわいらしい「モーブ」もありますよ。程よい丈の長さなので、パンツと合わせると足が長く見えるかも。ボタンを開けて、Tシャツの上から羽織るスタイルも似合いますよ。

ダウナーハット

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

あご紐付きのフィールドハットです。夏の外遊びには、つばが大きめの帽子が欠かせません。スコーロン素材のネックシェードが付いていて、虫除けはもちろん、日焼けも防ぎます。ハットの一部は通気性に優れた「ウィンドパス」素材を仕様しているので、長時間被っていてもムレにくく、快適です!

【ハッカ油タイプ】自然由来の虫よけスプレー

ミントから抽出した植物油を利用した「ハッカ油」。私達には嬉しい清涼感ある香りは、虫が苦手とするものなので、防虫効果が期待できます。適量を使用すれば、天然由来なので肌に優しいとされているので、幅広い年齢層で使えますね。

ナチュラルハーブスプレー

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

ハッカ油だけでなく、ゼラニウム油、コウスイガヤ油、ユーカリシトリオドラ油など、天然由来の植物油をブレンドしたスプレーです。さらに、安心の国産のものが使われています。肌荒れの原因になるといわれている「ディート」は使用されていないので、小さなお子さんにも使うことができるそう。また、肌以外にリネンなどにも使えるので、洋服にスプレーするのもおすすめですよ。

ハッカ油のSUUU

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

可愛らしいパッケージが魅力的な、日本製のハッカ油です。 10mlの小さなスプレーから、500mlの大容量ボトルまで5つのサイズで販売されています。大きなボトルを購入すれば、自分でスプレーにしたり、薄めて使ったりできておトクですね。

ガレージゼロ ハッカ油

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

ジャパニーズミントを使用したハッカ油です。身体に直接かけるのではなく、タオルや衣類にかけて虫除けに。20mlの小さなサイズなので、胸ポケットなどに入れて携帯できますね!こちらも大きいボトルが販売されているので、詰め替えが可能です。

続いて、キャンプシーンの虫除けだけに終わらず、活躍してくれるアイテムが登場。

【キャンドルタイプ】優しい炎で虫をブロック

揺らめく炎がキャンプの雰囲気を盛り上げてくれる、キャンドルタイプの虫除けグッズもあります。余ったらすぐに消して次回に持ち越せるので、経済的。燃焼時間も、長いものが多く販売されていますよ。

キャプテンスタッグ 虫よけバケツキャンドル

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

アウトドアメーカー「キャプテンスタッグ」から発売されている、バケツ型のキャンドルです。虫たちが苦手とされている、柑橘系の香りが漂います。キャンパーの中では、いつもこれを愛用しているため、「この匂いがしないとキャンプに来た気がしない!」という声もちらほら。燃焼状況にもよりますが、約25時間という燃焼時間も嬉しいポイントですね!

ロゴス アロマ缶入キャンドル

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

アウトドアブランド「ロゴス」からは、缶入りのキャンドルをピックアップ。忌避効果があるといわれているシトロネラハーブを配合しています。コンパクトなサイズながらも、連続燃焼時間は約13時間。替芯がついているので、長く使うことができますよ。

カメヤマキャンドルハウス シトロネラカラーバケツキャンドル

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

こちらも同じく、シトロネラの香りがするキャンドルです。ポップなマーブル模様が、キャンプサイトを華やかしてくれそうですね。「オレンジミックス」の他、「ターコイズミックス」「ピンクミックス」のカラーバリエーションがありますよ。芯が太くなっているところにも、ご注目ください。炎が大きくなり、屋外の風でも消えにくい秘訣です。

【スクリーンタープ】物理的に虫をブロック!

日本で昔から屋内で使われてきた蚊帳の、アウトドアバージョンが「スクリーンタープ」です。メッシュ素材で仕切ることで、あらゆる虫をブロックできます。

メッシュテント タッセル付

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

4面がメッシュ素材になっているタープです。中に入れば、虫のことを気にせず食事をしたり、昼寝をすることができます。別売りのフライシートをかぶせれば、普通のテントに早変わり。昼はタープとして、夜はテントとして使用できますね。

サンシェルター ラニーメッシュ

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

キャプテンスタッグのタープです。メッシュ以外の部分はシルバーコーティングされていて、強い日差しをはね返します。定員は、大きめな6名用。家族でのびのびと過ごすことができますね。

FIELDOOR スクリーンテント

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

面積が3m×3mの、4面をメッシュ生地にできるテントです。就寝用のテントの隣において、リビング用として活用してみてはいかがでしょうか?風通しはよく、虫は通さないので、日中も心地よく過ごせます。

【ランタンタイプ】光で虫を寄せ付けない!

キャンプやバーベキューなど、夜のアウトドアには必須アイテムのランタンですが、暗いところで明かりをつけると、どうしても虫が寄ってきてしまいます。そこで、なるべく虫を寄せ付けない、工夫を凝らしたランタンをご紹介します!

SOTO 虫の寄りにくいランタン

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

「ハーフストライプホヤ」を採用し、虫が気付きにくい波長の光にしています。人間が感じる明るさは同じです。また、一部にリフレクターをつけて、虫がいる森側への光を遮断するという装備も。至れり尽くせりの一台ですね!

ロゴス アロマたいまつ

虫除けはキャンプに欠かせない!対策グッズ18選

地面にさして使うたいまつです。これ1本で、なんとロウソク50本分の明るさ。燃焼時間は約3時間なので、夕食時にちょうどいいですね。虫が苦手とするシトロネラが配合されています。

虫除けグッズのご紹介は、以上です!虫が嫌がる匂いを発するものや、殺虫成分を含むもの、物理的にブロックするものなど、様々なガードの方法がありました。どのアイテムも、肌の弱い方や、小さなお子さま、ペットを同伴している場合には、よくよく成分を確かめてからご使用ください。

また、自然環境にも影響が出る場合があるので、使いすぎは禁物です!虫も自然の一部なので、自分たちが刺されない程度に使っていきたいですね。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!