モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?

この記事では、コンクリートキッチンの魅力について紹介しています。キッチンをコンクリートにすることによるメリットやデメリットを解説するとともに、コンクリートキッチンのアイデアや実例も紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

公開日 2019.10.04

更新日 2019.10.04

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?


モダンでオシャレな雰囲気が漂うコンクリートキッチン。コンクリートは一見無機質ですが、どこかシックなオシャレさを感じさせます。そんなコンクリートキッチンに憧れていても、実際に取り入れようと思うと、その使い勝手が気になることでしょう。そこでこの記事では、コンクリートキッチンの魅力やメリット・デメリット、実際にコンクリートを取り入れた参考例をご紹介します。合わせてDIYやリメイクなどでできるコンクリート風のキッチンの作り方も解説しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

コンクリート・モルタル・セメントは何が違うの?

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?
コンクリート風壁紙やクッションフロアなど、近年はコンクリートデザインが人気を博しています。コンクリートを取り入れたインテリアデザインの代表例としては、コンクリートキッチンが挙げられるでしょう。コンクリートキッチンについて詳しくご紹介する前に、ここでは混同されがちなコンクリート・モルタル・セメントという3つの材料について、どのような違いがあるのかをご紹介します。

コンクリートの特徴と主な用途

コンクリートとは、セメントに水と砂、砂利を加えて混ぜ合わせたものです。圧縮や衝撃に強いので、建物の外壁や駐車場の舗装、ブロック塀などとして幅広く使われます。ただし、コンクリートは押される力には強いですが、引っ張られる力に弱いという特徴があるため、おもりをぶら下げるなどして引っ張られる場所で使用すると、ひび割れが発生する恐れがあります。

モルタルの特徴と主な用途

モルタルとは、セメントに水と砂を加えて混ぜ合わせたものです。砂利が入っていない分、コンクリートよりもソフトな材質なので、接着剤、レンガやブロックの目地、コンクリートの仕上げなどに使われます。

セメントの特徴と主な用途

前述しているとおり、セメントはコンクリートやモルタルを作るための材料の1つとなる粉です。石灰石や粘土などを砕いて作られます。水を加えると固まるという特徴があるため、砂や砂利のつなぎのような役割を担っています。

コンクリートをキッチンに使うメリットとデメリット

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?
続いて、コンクリートキッチンについてご紹介します。ここでは、キッチンの床を土間コンクリートにした際のメリット・デメリットをチェックしてみましょう。

ちなみにここでいう土間コンクリートとは、地面の上に床板を張らず、コンクリートなどで仕上げたものを指します。土間コンクリートは玄関の靴を脱ぐ部分や、キッチン、リビングなどに取り入れられる施工方法です。土間は地面と同じ高さなので、床を張る部分より一段低くなるのが特徴。では、キッチンに土間コンクリートを取り入れることで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

キッチンを土間コンクリートにするメリット

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?
土間コンクリートにするメリットは、ずばり掃除のしやすさです。完全防水というわけではありませんが、コンクリートは水に強いため、キッチンで気になる油汚れも、水と洗剤を使って洗い流せます。

また、一戸建ての場合、庭とキッチンをつなげることで外との行き来がしやすくなるというメリットもあります。ホームパーティーを庭で開催したいなら、土間コンクリートのキッチンがオススメです。また、庭に畑がある家などでは、土間コンクリートのキッチンにしておくことで、外で採れた野菜をキッチンまで気軽に持ち込めるでしょう。

キッチンを土間コンクリートにするデメリット

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?
一方、土間コンクリートにすることによるデメリットも存在します。例えばキッチンでは長時間立ったまま作業をするため、コンクリートのような硬い床では足腰に疲れが溜まりやすくなりがちです。キッチンは毎日使用するので、負担が蓄積してしまうことも考えられます。

ほかにも、ガラスや陶器などでできた食器や調理器具を誤って落としてしまった際に、割れたり、欠けたりしやすいというデメリットがあります。また、長年使用していると、コンクリートがひび割れを起こしてしまうのも、デメリットといえるでしょう。

「コンクリート風」ならキッチンのどこにでも使いやすい!

一方で、コンクリートキッチンにするなら、床だけでなく、壁や調理台そのものにもコンクリートを使用したいと考えている人も多いことでしょう。しかし、壁や調理台にコンクリートを使用するには、大がかりな施工が必要になる場合もあります。そこで、ここからはどなたでも簡単に取り入れやすい「コンクリート風」のリメイク・DIY・プチリフォームの方法や、それに使用する便利アイテムをご紹介します。

キッチンにコンクリート風を取り入れるアイデア

1.塗料
現在お使いのキッチンの壁や床に、コンクリートの色合いを模した塗料を塗ることで、コンクリート風のキッチンをDIYできます。塗るだけなので、キッチン周りだけでなくさまざまな小物にも使え、家全体をコンクリート風に揃えられます。ただし、壁や床の材質、塗料の素材によってはうまく発色しないことも考えられます。一度、見えづらい部分などで試し塗りをしてから使用することを推奨します。画像はカタチハウスさんが公開されている事例です。

2.壁紙
塗料を塗るのは大変そうという方にオススメなのが、壁紙です。コンクリート調の壁紙なら、壁に貼り付けるだけでコンクリートキッチンに近づけられます。また、ブロック模様や打ちっ放し模様、色ムラがある模様など、商品によって好きなコンクリートデザインを選べるのも嬉しいポイントです。もちろん、ほかの部屋の壁紙にも使えるので、部屋によっていろいろなデザインを楽しんでみてもよいでしょう。

3.フロアタイル
床一面をコンクリート風に仕上げてくれるのがフロアタイルです。フロアタイルなら、フローリングの上から敷くだけなので、ひとりでも簡単にDIYができます。中には接着剤が不要なものもあるので、アパートやマンションなどの賃貸にお住まいの人も、キッチンをコンクリート風に仕上げられます。お手頃な値段のものを購入すれば、DIY費用も抑えられるでしょう。画像はRoomClipで見つけたchiiiii0808さんの事例です。


4.カッティングシート(リメイクシート)
カッティングシートとは、薄手の粘着剤付き塩ビフィルムのことです。壁紙より薄いため切り貼りがしやすく、いろいろな場所に使用できます。コンクリート調のカッティングシートは、通販サイトや100均などでも購入できるため、DIYにうってつけです。

参考にしたい!コンクリートキッチンの実例

最後に、実際にコンクリートを取り入れたキッチンの実例を見ていきましょう。より具体的にコンクリートキッチンについてのイメージを持ちたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

本物ならではの重厚感が素敵なコンクリート打ちっ放しのキッチン

これから家を建てようと思っている方にオススメなのが、基礎工事段階で調理台を打ち込む、建物一体型のキッチンです。本物のコンクリートを使った調理台は、重厚感たっぷり。とくに調理台だけをキッチンの中央に設置するアイランド型のキッチンにすることで、コンクリートの調理台を際立たせられます。また、グレーが基調の床と、白い壁との相性が抜群で、オシャレなキッチン空間を演出してくれます。画像はhomifyで見つけた久保田正一建築研究所さんの事例です。

大きなコンクリート天板が作るスタイリッシュなキッチン

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?
1からキッチンを作ろうとお考えなら、調理台とダイニングテーブルを1つにし、大きなコンクリート天板で覆ったダイニングキッチンもオススメです。ダイニングの中央に浮かぶコンクリートのテーブルは存在感抜群。重たく、冷たい印象のあるコンクリートも、細長いテーブルに用いることですっきりとしたスタイリッシュさが感じられるようになります。調理台だけでなく、周りの壁にもコンクリートを用いれば、統一感のあるインテリアに。天井や間接照明にもこだわることで、よりムードのあるダイニングに仕上げられるでしょう。画像はSUVACOで見つけた田辺芳生さんの建築事例です。

キッチンカウンターをコンクリート風塗料でリメイク

モダンで素敵!コンクリートキッチンのメリット・デメリットは何?
塗料を使ったDIYでも、コンクリートの雰囲気を楽しめます。こちらは原状復帰できる形で、コンクリート風にリメイクしたキッチンカウンターです。カウンターに直接塗料を塗るのではなく、一度ベニヤ板で覆ってから塗料を塗っているのがポイント。ベニヤ板もマスキングテープの上から両面テープで取り付けてあるだけなので、剥がしたい時には簡単に取り外せます。同じ方法を使えば、いろいろな場所をコンクリート風にリメイクできるでしょう。こちらはLIMIAで見つけたranranさんのアイデア。ぜひ参考にしてみてください。

コンクリート風壁紙はLDKとの相性も抜群

壁紙を使用したコンクリート風DIYもオススメです。LDKなら、部屋全体の壁をコンクリート風に仕上げられるので、部屋の雰囲気をガラッと変えられます。コンクリートはモノトーンだけでなく、木目調とも相性抜群!コンクリート×木目調では、オシャレなカフェのような雰囲気を演出できます。観葉植物なども取り入れれば、より温かみのあるコンクリート調の部屋を作れるでしょう。画像はRoomClipで見つけたmalco-yanさんのアイデアです。

シームレスがクールなコンクリートデザインのクッションフロア

クッションフロアで床をコンクリート調にしたいとお考えの方に、ぜひ参考にしてほしいのがこちらの実例です。クッションフロアのDIYは、1枚が30~40cmの正方形のものを敷き詰めることが多いですが、コンクリート調にしたい場合はシームレスがオススメ!シームレスとは「途切れがない」という意味で、クッションフロアを一続きに敷くことを指します。こうすることで、より本物のコンクリートに近い印象となり、途中で切れ目が入ることへの違和感もなくなります。家具を全て移動させ、シートがよれないよう気を付けるのは大変ですが、仕上がりは抜群です。ぜひ試してみてください。画像はRoomClipで見つけたchiiiii0808さんの事例です。

憧れのコンクリートキッチンは、リフォームやDIYで作り出せます。本物のコンクリートを取り入れたいなら思い切ってリフォームを検討してみましょう!それが難しいなら、DIYでコンクリート風にして楽しむことも可能です。ご紹介したアイデアをぜひ参考にしてみてください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載