ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

ユニークなフォルムと独特の存在感で高い人気を誇るコウモリラン。今回、そんなインテリアプランツを飾るのにもってこいな古材を使った壁掛けプランターの作り方をご紹介します。

公開日 2019.05.24

更新日 2019.05.24

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

壁に掛けても立たせてもOK!インテリアの強い味方

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター
インテリアプランツとして人気を集めるコウモリラン。その名前を聞くと“ラン科”と思われがちですが、和名ビカクシダ(麋角羊歯)と呼ばれる“シダ科”の仲間なんです。葉の形が鹿の角に似ていることから、そのプラケティリウムという学名がついたように独特なフォルムが特徴。他の木や岩石などにくっついて生活する着生植物です。今回そんなコウモリランを飾るためのオリジナルプランターの作り方をご紹介。工程はそこまで難しくないので、ぜひ挑戦してみてください。

作るもの

自立するので立たせてもよし、壁にかけてもよしの正三角形型コウモリランプランター。木材は全て古材を使用することで、コウモリランの存在感に負けない雰囲気抜群の仕上がりになっています。

材料

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター
・古材棒 20mm×50mmx500mm 3本
・リクレイムドスティック 5~10本
ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

STEP.01 古材棒の先端を30度にカット

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

正三角形の内角の和が180度になるので、1つの角が60度となります。そのため古材棒の先端を30度にカット。まずは分度器を使い、30度になるようにマーキングします。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

マーキングした位置でカットします。ズレないように慎重に作業を進めましょう。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

コウモリランのサイズ感を考慮し、この時点でプランターのサイズも決めておきましょう。今回は一辺450mmで作っています。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

カット後にしっかりと正三角形になっているか確認しましょう。

STEP.02 ビスを打ち込み固定する

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

サイズが確定したらビスを打ち込んでいきます。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

ボンドを塗り、クランプで固定したら下穴をあけます。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

あけた下穴に沿ってビスを打ち込んでいきます。勢いよくやってしまうと割れてしまうので慎重に作業を進めましょう。

STEP.03 裏板を貼る

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

続いてコウモリランの固定用裏板を貼っていきます。まずは間隔と配置のバランスを考えます。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

配置が決まったらカットする部分をマーキングします。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

マーキングした位置でカット。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

裏板が揃いました。本体よりも裏板が長いと不恰好になってしまうので、サンディングなどで調整しましょう。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

あとは枠作りと同じ要領で、ボンドを塗り、下穴をあけてビスを打ち込んでいきます。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

最後に全体をサンディングして整えたら、プランターはこの工程で完了。

STEP.04 苔玉を作る

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

乾燥状態の水苔を水に浸して元に戻します。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

もともと植えていた土を落とし、水苔を付けておにぎり状にしていきます。形が整ったら、園芸用ワイヤーで巻いて固定させます。

STEP.05 プランターに装着する

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

プランターの裏板の隙間に園芸用ワイヤーを通して、先ほど作ったコウモリランの苔玉を固定します。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

見事にオリジナルのコウモリランプランターが完成しました。

ウォールグリーンを楽しむ!簡単に作れて飾れるDIYプランター

古材の味のある雰囲気がコウモリランそのもの存在感を高めてくれる仕上がりとなりました。また水やりの際は霧吹きでも、直接そのまま水をかけても問題なしでした。

すでにコウモリランを育てている方や、今後購入を考えている方は自分でプランターを作ってみるのもいいのではないでしょうか。今回は古材にこだわってDIYしましたが、SPF材にワックスなどで古材風に仕上げたり、ペイントして華やかしたりするのも方法の1つです。もちろん形も決まりはありません。ぜひ自分好みのオリジナルプランターを作ってみてください。

監修 RECLAIMED WORKS 岩西 剛

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載