インテリアでここまで変わる!ワンルームで作るオールドハワイアン生活

仮に気に入ったリノベ部屋と出会い、引っ越したところで終わりではありません。次なるステップは部屋のコーディネイトです。ということで、今回はリノベーション賃貸ブランドREISMが提案するコーデ術をご紹介。プロ目線だからこそ、痒いところに手が届く技たちはぜひ参考にしてください。

公開日 2020.09.30

更新日 2020.09.30

インテリアでここまで変わる!ワンルームで作るオールドハワイアン生活

せっかくのリノベ賃貸、ワンランク上のコーディネートを目指したい!

老朽化した自宅や購入予定の中古物件に新たな息吹を加えるリノベーション。今や市民権を得たことで、賃貸リノベという言葉を耳にする人も多いのではないでしょうか。これまで、リノベーション賃貸ブランドREISMの協力のもと、実際に賃貸リノベに引っ越した人にクローズアップした連載や、コンセプトを設けた賃貸リノベシリーズの各カテゴリー紹介などを行ってきました。
今回は、そんなリノベ部屋を120%楽しむためのインテリアコーディネートをご紹介。ただ住んで終わりではなく、せっかくこだわりの部屋に引越したのだから、ワンランク上に楽しむ小粋なテクニック知りたいじゃありませんか。ということで、REISMのプロフェッショナルチームが作り上げた空間を参考に、オススメのインテリアやコーデ術のポイントなど紹介します。
それではまず、今回の舞台となったお部屋をご覧いただきましょう。
これぞ劇的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術
ハワイで生まれ育った人たちというハワイ語をテーマにOld Hawaiianのスタイルを取り入れたリノベーションシリーズ「Loco」の日暮里にある物件です。玄関からガラス建具越しに広がる2面採光の明るい室内は、赤みのある無垢の床や、ベージュの塗装壁、古材のアクセントでどこか懐かしい空気を演出。シーリングファンがゆったりとまわる天然素材のクロス天井も非日常を味わせてくれます。また、バルコニーも広々としているので、うたた寝するもよし、晩酌を楽しむもよし。季節の移ろいを感じながら、スローな休日を過ごせる空間となっています。

インテリアコーディネートされていなくともポテンシャルは十分なこのお部屋。一体ここからどのよう変化するのでしょうか...。

今っぽさを感じる抜け感がポイント

これぞ劇的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術
こちらが、インテリアを配置したお部屋の様子。都内とは思えない大人の余裕を感じさせるリゾート部屋に大変身。Locoのコンセプトをさらに深く落とし込み、オシャレなのに、肩肘を張らずに過ごせるようなリラックス感を醸し出す、広がりのある空間に。
これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術
自然と暮らしている人のイメージが湧き上がるこちらのお部屋。暮らしているだけで、なんだか様になってしまいそう。休日は、音楽を聞いたり、映画を見たり。はたまた植物に水をあげているだけでも満たされるような、そんな充実した暮らしが連想されます。こんなに素敵なお部屋だと、お友だちを家に呼びたくなってしまいますよね。
これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術

渋みのあるACME Furnitureの棚には趣味であるレコードプレイヤーを設置。合わせて雰囲気に合う小物も追加させていました。

これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術

リビングの主役となるソファーは同じくACME Furniture。一人暮らしでも十分な2人掛けで、リゾート感あるデザインのものがチョイスされていました。

これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術

ウッドと同じくこだわったのが、アイアンやレザーなどの素材も使い。どことなく懐かしい、スローなイメージを演出してくれます。

室内だけでも十分に素敵な仕上がり。ポイントとしてはコテコテ過ぎない、今っぽさを感じるリゾートテイストを狙うことなんだそう。

ベランダの植物を眺めながら日光浴

これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術
室内に続いて忘れてないらないのが、ベランダ。趣味である植物を育てるにはうってつけの空間です。果たして、コチラはどんなインテリアが組まれているのでしょうか。
これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術
室内に続いてコチラも見事に様変わり。ウッドチップを敷いてナチュラルな雰囲気を演出し、木製のデッキチェアを配置。植物を多数配置することで南国感が溢れ出る空間に。もとからのレンガタイルもアクセントとして活躍してくれています。
これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術

植物用のグッズをまとめるのに便利なトランクカーゴも配置。植物も置け、収納力も高めてくれます。

ここまで小粋な技が光る細やかなインテリアを紹介してきました。そんなテクニックたちも通しで見てみると、やはりリゾートテイストを崩さないための色味と素材の統一感。そして、ものを増やす足し算だけではなく、無駄なものを削ぎ落とすという引き算の重要性も感じました。
これぞ感動的ビフォーアフター!巧なリノベ賃貸のコーデ術
今回はリゾートスタイルに特化したインテリアコーディネートのご紹介でしたが、「リラックス感を出しつつお部屋をお洒落にしたい!」と願う方には参考になったのではないでしょうか。ぜひ、自分らしさをプラスして、オリジナルのリゾートスタイルを突き詰めてみてください。

なお、設置されているインテリアはRESIMのセレクトショップ、「REISM SELECT」で購入可能。気になるアイテムがある人はぜひチェックをしてみてくださいね!

また、紹介した物件である日暮里のLocoは現在入居中ですが、REISMのサイトではウェイティング登録ができる機能を完備。登録をしておくだけで、退去の予定を優先的にお知らせしてくれる便利な機能です。物件が気になった方はご登録もお忘れなく!

INFORMATION

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク