アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!

これからアイランドキッチンを設置しようと検討している方へ向けて。そのメリット・デメリットをはじめ、人気の秘密や人によって使いにくいかもしれない点などをお伝えします。また、すでに設置している方にも参考になる、使い勝手を良くするリフォーム例などについても合わせてご紹介します。

公開日 2019.09.10

更新日 2019.09.10

アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!

アイランドキッチンには魅力がたっぷり!今回は、アイランドキッチンのメリット・デメリットやリフォーム費用の目安、使い勝手を良くするアイデアを紹介します。これからリフォームする方に向けてアイランドキッチンの参考価格や事例などもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

意外と知らないアイランドキッチンの特徴とは?

アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!
アイランドキッチンは、作業台やシンクが島のように壁から独立しているスタイルのキッチンです。アイランドキッチンは、構造がそれ以外のキッチンと大きく異なります。一番の違いはもちろん、他のキッチンは壁と少なくとも1面は接しているのに対して、アイランドキッチンは壁から完全に独立しているという点です。
その他、リビングと対面する形になっている点も違いとして挙げられます。料理中もリビングやダイニングにいる人と向かい合うことができ、また部屋全体を見渡せるため、開放感を得られるでしょう。

アイランドキッチンのメリット

ここでアイランドキッチンのメリットや人気の秘密をご紹介します。

まず、自分好みにカスタマイズしやすいという点が挙げられます。キッチンに棚などの収納スペースを比較的自由に加えることができ、自分の生活に合った収納を実現させることが可能です。収納スペースの他にも、キッチンの前にカウンターやダイニングテーブルを設置するなど、理想のライフスタイルに合わせてカスタマイズできます。

また、開放的な空間を演出できるのも人気を集めているポイントです。アイランドキッチンの場合、キッチンの周囲に仕切りや壁がありません。キッチンの周りも動線が確保されていて、自由に行き来できます。そして、キッチンにいながら部屋全体を見渡せるので、開放感を覚えながら料理を楽しめるのも魅力的。場合によっては、リビングにいる人とコミュニケーションをとりながら料理をすることも可能です。壁に向かって備え付けられた一般的なI型キッチンなどは目の前が壁になるため、リビングからの声が聞こえにくかったり、いちいち耳を傾けなければならなかったりと、楽しく会話をすることは難しいでしょう。
アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!
さらに、大人数で作業しやすい点も魅力のひとつです。周囲に壁がないため、360度どこからでもキッチンにアクセス可能。動線が限定されず、大人数での作業もスムーズに進められるので、料理教室などでも採用されています。家族や友人にも料理や配膳を手伝ってもらったり、子どもと一緒にキッチンに立ったりと、キッチンの用途が広がります。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!
続いてデメリットや注意点について紹介していきます。まず、アイランドキッチンの設置には広いスペースが必要になります。アイランドキッチンは壁と接していない上に、利便性を考えると壁とキッチンの間にも人が通れる程度のスペースがあるとよいでしょう。そのため、十分なスペースがない家の場合はそもそも設置することができません。

無理に設置しようとすると、リビングのスペースを侵食する形になり、生活する空間が窮屈になってしまうおそれがあります。また、汚れが飛び散りやすいのも気になる点のひとつです。壁がない分、確かに開放感はありますが、汚れも周囲に飛び散りやすくなります。通常のキッチンなら汚れが飛ぶのはキッチン内だけで済みますが、アイランドキッチンの場合は床やリビングまで飛び散ってしまう可能性があるのです。時間が経った油汚れは落ちにくいので、掃除の際に手間がかかるかもしれません。
アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!
さらに、においも部屋に広がりやすいのもデメリットとなるケースがあります。料理の香ばしいにおいが広がるだけなら問題ありませんが、生ゴミや不快なにおいも同様に広がってしまうのはイヤですよね。また、料理の際に出る煙を油煙といいますが、その中に含まれている油汚れも、においと同様に部屋中へ広がってしまいます。

近年は防災の点からIHクッキングヒーターを設置する家庭が増えていますが、IHクッキングヒーターを使用して出た煙は、ガスコンロを使ったものと比べてあまり上昇せず、換気扇まで到達しにくいという特徴があります。換気扇を回しても、うまく換気されない可能性があり、その点も汚れや煙が部屋中に広がりやすい一因です。

また、アイランドキッチンはリビングと一体になっているため、少しでも汚れていると、部屋全体が汚い印象を与えてしまいます。確かにアイランドキッチンは開放感がありますが、リビングからキッチンの汚れや散らかりが見えてしまうのは難点でしょう。アイランドキッチンを設置するなら、できるだけこまめに掃除する必要があります。

アイランドキッチンのリフォーム費用の目安

アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!

部屋の中央にキッチンを設置する特殊な工事のため、一般的な壁に面したキッチンからのリフォームの相場は150万円以上になる場合も多くあります。以下が工事費用の事例です。

・解体工事費用:約5〜10万円
・壁のクロス張り替え:約5万円〜
・電気系統工事:約5万円〜
・給排水管工事:約5万円〜
・キッチン取り付け費用:約15万円〜
・IHクッキングヒーターなどのオプション:約15万円〜
・背面収納:約20万円〜

しかし、費用はキッチンの設置に伴って発生する工事や商品のグレード、オプションによっても大きく変わってきます。グレードの高い商品や必要のないオプションを削っていけば、相場よりも安くすることは十分可能でしょう。

【一戸建て編】アイランドキッチンリフォームにかかる費用の目安

独立型キッチンからアイランドキッチンへリフォームした事例をご紹介しましょう。このリフォームでは、キッチンに面する壁を取り除く工事を行っています。部屋自体の広さは変わっていなくても、以前と比べると広く明るくなった印象ですよね。また、独立型キッチン特有の、壁に囲われた閉塞感がなくなりました。

費用は150万円程度で、工事期間は10日間でした。スタンダードなアイランドキッチンで、床や壁のクロス張り替えの必要がなければ、この程度の値段に抑えるられます。アイランドキッチンのグレードによっては、300万円をゆうに超えることもあります。

【マンション編】 アイランドキッチンリフォームにかかる費用目安

続いてはマンションでのリフォーム例です。マンションの場合、一戸建てと比べるとリビングのスペースが限られてきます。そのため、無理やりアイランドキッチンを設置すると、閉塞感を覚えてしまうことがあるでしょう。

でこの事例では、キッチンの設置と同時に、リビングの隣にあった和室をリビングスペースに取り込むことで、広々とした空間を実現しています。光が行き渡りやすくなり、部屋全体も明るくなりました。

ふた部屋をひと部屋にした間取り変更と腰壁の設置、スタンダードなアイランドキッチンの設置で200万円かかり、工事期間は20日間。壁を壊す大掛かりなリフォームのため、日数がかかっています。

アイランドキッチンの価格はどのくらい?

ここで、アイランドキッチンのグレードごとの価格を確認しておきましょう。

まず、サイズは240~270cmの範囲に収まるものがほとんどです。大きくなるにつれて値段は高くなり、240cmのものと270cmのものでは数万円程度、値段に差が出ます。たとえば240cmの「TOTO ミッテ」は48万円ですが、270cmの「TOTO ミッテ」は50万7,000円〜に設定されています。

収納のタイプは開き扉と引き出しがありますが、これは引き出しタイプの方が値段が高くなります。開き扉タイプの「ハウステック カナリエ」は56万2,000円〜ですが、引き出しタイプの方は61万4,000円〜です。

カウンターにはステンレスと人工大理石がありますが、多くのメーカーはステンレスの方が高い傾向にあります。たとえばステンレスタイプの「トーヨーキッチン BAY」は106万2,000円〜ですが、人工大理石タイプは111万6,000円~設定されています。

アイランドキッチンを快適に使うコツとアイデア!

アイランドキッチンでは、少しものが乱雑に置かれているだけでも、部屋全体の掃除が行き届いていないように見えてしまいます。そこで、見せる収納を試してみてはいかがでしょうか。

たとえば、株式会社サオビさんのホームページで紹介されているように、キッチンの上に吊り下げ収納が可能なパイプをつければ、あっという間に収納スペースを確保できます。

吊り下げ収納は見せる収納として、グラスなど見栄えがいいキッチングッズを整然と並べるとよいでしょう。部屋全体の雰囲気がグッと引き締まるはずです。このように収納スペースを作り、キッチンの上にものを置かないようにすれば、清潔でスッキリした印象を与えられるでしょう。
他油はね対策として、コンロを使うときだけ立て掛けられる油はねガードを用意するという手もあります。『リノベと暮らしとインテリア』の管理人cocoyukoさんが紹介している方法は、手軽に取り入られる対策法です。コンロの使用中に油はねガードをに立て掛けるだけなので、スッキリした印象を損ないません。また、折りたためばちょっとした収納スペースにしまえます。立てかけを外せばフラットな状態に戻り、カバーできなかった油はねの掃除がしやすいのも嬉しい点です。
アイランドキッチンのリフォーム費用はどのくらい?使い勝手向上のアイデアもご紹介!
アイランドキッチンには、多くのメリットが多くある反面、デメリットもあります。しかし、そのデメリットは収納スペースを確保したり、コンロの位置やガードを立て掛けたりなど工夫することで、解消できる類のものです。また、アイランドキッチンはライフスタイルに合わせてカスタマイズしやすい点が魅力的。ライフスタイルの変化などを機に、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載