食べられる観葉植物をDIY!

公開日 2015.07.29

更新日 2017.05.29

食べられる観葉植物をDIY!

薬味として冷奴やそうめんなどに活躍する小ネギ。1回きりで捨てていませんか? 実は葉をカットしたネギの根は、水に浸しておくとまた葉が生えてきます。簡単に何度も栽培でるこの小ネギを観葉植物として、部屋のアクセントにしてみましょう。

 

■用意するもの

小ネギ

いらなくなったガラスボトル

チョークボードテープ

チョーク

包丁

 

作り方

1.購入した小ネギをカットします。そのとき、根の白い部分を多めに残します。カットしたネギは料理に使用しましょう。

2.根部分を水に浸しておくと、1-2日で新しい葉が出てきます。

3.ガラスボトルは、ある程度高さがあるものがよいです。今回は、アメリカ・ブルックリンにあるウイスキー「King County Distillery」のビンを使用。中をきれいに洗浄します。チョークボードテープを利用して、ボトルをアレンジします。

4.ある程度、葉が伸びてきたら、根をガラスボトルに入れ替えます。ポイントはひとつの容器にいっぱい入れないこと。また、水を多く入れると根腐れしてしまう恐れがあるので、根の白い部分が浸る程度にしましょう。

 

部屋の日当たりのよい場所におけば完成。葉は必要なときに利用できます。3-4回使用すると葉が細くなります。そのときは新しい根に替えましょう。ダイニングやキッチンに緑があると癒されますよね。匂いもなく、とても育てやすいです。

 

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載