【DCM de DIY】グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

DCMが展開するオリジナル工具を使ってDIYを楽しむ「DCM de DIY」。第1回目となる今回は、DCMブランドの『グルーガン』をピックアップ。このグルーガンとすのこがあれば、かんたんに便利なすのこ棚がDIYできますよ。

2018.04.16

【DCM de DIY】グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

毎月DCMおすすめのオリジナル工具にフィーチャーする「DCM de DIY」ですが、今回はグルーガンを使ってすのこ棚のDIYに挑戦します!
グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚
こちらがDCMブランドから発売している、『グルーガン』。ピストル型のシルエットをした本体に、グルーと呼ばれるスティック状の樹脂製接着剤を差し込んで使用するもので、かんたんに材料の接着を行うことが可能です。コンパクトなサイズ感かつスピーディに接着作業を行えるため、壁面装飾やちょっとした棚作りなどに大活躍するんです。
ということで、早速すのこ棚をDIYしていきましょう!今回はDCMホーマック八王子みなみ野店にあるお客様工作室でDIYしてみました。
グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

店内に構えた広々としたお客様用のDIYスペース。購入した木材のカットやかんたんなDIYであれば、こちらのスペースで作業可能です。

材料

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

材料はDCMブランドの『桐すのこ』ミニサイズを5枚使用しています。2枚組となっているので、合計3点用意すればOK!

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

こちらはターナー色彩から発売されている、『ミルクペイント』シリーズ。ベースとなる塗装にミルクペイントのスノーホワイトカラー、アンティーク風にアレンジをするのにアンティークメディウムを使用しています。

※『ミルクペイント』シリーズは店舗によってお取り寄せになる場合がございます。

作り方

STEP.01 すのこにミルクペイントで塗装する

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

すのこはそのまま使用しても問題ありませんが、塗料を使ってペイントすればより自分らしいデザインが楽しめるんです。そこで今回はミルクペイント スノーホワイトを使って白く塗装したあと、ミルクペイント アンティークメディウムでアンティーク風にアレンジしていきます。塗装が終わったら約20~30分ほど乾燥させましょう。

STEP.02 グルーガンですのこを接着する

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

グルーガンにスティック状の樹脂製接着剤をセットしたら、コンセントを電源に差して約5分ほどで使用可能に。トリガーを引くことで、グルーガンの先端から溶け出した樹脂製接着剤が出てきます。その手軽さが、DCMブランドのグルーガンのおすすめポイント。

溶け出した樹脂製接着剤が出てきている様子がこちら。出てきたばかりの樹脂製接着剤は熱いので、火傷に注意しながら作業してくださいね。

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

すのこの端部分に樹脂製接着剤を出したら、熱が冷める前にもう1枚のすのこと接着します。この時に強くトリガーを引くと、樹脂製接着剤が多く出てしまうので、少しずつ出すように意識しましょう。DCMブランドのグルーガンは軽量設計なので、初めての方にも作業しやすくなっているんですよ。

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

溶けた樹脂製接着剤が固まってしまう前に、すのこ同士を接着します。樹脂製接着剤が柔らかいうちにギュッと固定したのち、数秒で樹脂製接着剤が固まります。スピーディな接着ができるのも、グルーガンの大きな魅力の一つなんです。

STEP.03 すのこを組み立てていく

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

先ほどの要領で、すのこを日の字型に組み立てていきます。

グルーガン1つで作る、かんたん便利なすのこ棚

中段部分にも樹脂製接着剤を出していきましょう。

47件中1 - 25件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載