空き缶でロケットストーブを自作!簡単DIYでアウトドアの調理台にも

シンプルな構造ながら、煙が少なく化石燃料を使わないという点で注目を集める「ロケットストーブ」。簡単に自作できるという簡易性もロケットストーブならではの魅力です。この記事では特に簡単な作り方をご紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

公開日 2016.08.11

更新日 2018.12.28

空き缶でロケットストーブを自作!簡単DIYでアウトドアの調理台にも

シンプル構造な簡単ロケットストーブの作り方をご紹介。

用意するものは、3つの空き缶・砂利のみ。特別な工具も特に必要なく、ホルソーとペンチとドリルがあればできちゃいます。

(ホルソーがなければドリルだけでも穴は空けることはできますね。)

時間も掛からないので、まずは自作ロケットストーブとしては丁度いい感じの大きさです。

このプロダクトをステップに、次はもっと火力が出る大きなロケットストーブを作りたいですね。

 

 

 

ホルソー、ドリルで穴を開ける準備。

 

ペンチで地道に穴を空けて、切り口も処理。

 

もう一つの空き缶をセット。

 

内側に入れる空き缶に切り口を入れて、組み合わせできるよう加工。

 

最終工程として、土、砂利も準備

 

しっかり敷き詰めたら完成!

 

 

ゴトク(五徳)も置ける空き缶サイズだったら、空き缶の上に置いて料理もしやすくなりますね。

 

 

 

via:https://www.youtube.com/watch?v=gQyU4lokVe4

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載