ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア

ブルックリンスタイルの魅力とポイントに触れながら、壁紙を使ってオシャレなブルックリンの雰囲気を作り出すテクニックをまとめました。 実際の壁紙の活用方法、効果的なインテリアの選び方や小物使いのコツ、アクセントとなる照明のポイントまで、使用実例を含めてご紹介します。

公開日 2019.11.10

更新日 2019.11.10

ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア

「ブルックリンスタイル」といわれて、なんとなくイメージはできるものの、具体的に何を取り入れたら雰囲気が作れるのか、ポイントを知りたい人も多いのではないでしょうか。ここでは、ブルックリンスタイルの壁紙の選び方をご紹介するとともに、ブルックリンスタイルを実際に部屋に取り入れる具体的なコツ、インテリアや小物などのアイテムのポイントを、実例とともにご紹介します。

これを読めばわかる!「ブルックリンスタイル」の基本

実際にブルックリンスタイルを演出するためには、どのような条件が必要なのでしょうか?
ここでは、「そもそもブルックリンスタイルって何?」というところから、ブルックリンスタイルを作るための必須条件、効果的なアイテムの取り入れ方、ブルックリンスタイルに欠かせない要素、そして「これぞブルックリン!」と思わせるコツに至るまでをお伝えします。実際にブルックリンスタイルを取り入れた例も併せて確認しながら、気軽にスタイルを生活に取り入れる方法を知っていきましょう。画像はInstagramで見つけた@ dwarf_niigata_japanさんの投稿からピックアップ。

ブルックリンスタイルってどんな雰囲気?

ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア
ブルックリンスタイルの特徴的な雰囲気は、ニューヨークのブルックリン地区に由来します。ここはもともと「家賃が安くて古びた場所」という印象のある土地でしたが、次第にアーティストが集まり、いつしかアート文化が発展してきたという歴史があります。そのため「ブルックリンスタイル」には、アーティスティックなテイストが欠かせません。古いものを活かして、シャビーな雰囲気をいかにオシャレに見せるか、というのがコンセプトです。そこで重要になってくるのが、何といってもレンガの存在感。古いレンガとアンティークの組み合わせで、ブルックリンスタイル独特のニュアンスが生まれるのです。
インテリアには基本的にヴィンテージ感あふれるものが多く、色味を暗めに落として、アンティークっぽさを効果的に出すのがポイント。オシャレなカフェやアンティークショップのようなデザインで、古びた雰囲気をあえて保持することにより、スモーキーでカッコいいデザインを目指します。ブルックリンスタイルは、インダストリアルスタイルと並んでいわゆる「男前スタイル」と称されることも多く、クールでカッコいい見た目が特徴的な雰囲気です。

「ブルックリン」ってどんなところ?

ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア
ブルックリンは、ニューヨーク州にある5区のうちの1つです。都会的できらびやかなイメージで有名なマンハッタン地区とは、イーストリバーをはさんで反対側に位置しています。ブルックリン自体の雰囲気は、マンハッタンとはまるで正反対。古い倉庫やアパートなどが立ち並ぶ、独特の雰囲気があるエリアです。
もともとは「移民や労働者の街」という要素が大きかったのですが、ニューヨークにありながら家賃が手頃であることから、ここ十数年でアーティストたちが集まる場所として徐々に発展してきました。それにともなって、オシャレなカフェやショップのイメージが大きくなり、いつしか街全体がアーティスティックな独特のスタイルを象徴するようになりました。今では「ブルックリン=シャビーでクール」と世界的に認められるようになったというわけです。

オシャレなブルックリンスタイルを作るコツ!

ブルックリンスタイルを作るためにキーとなるのは、壁紙や家具の組み合わせです。加えて、小物や照明などのアイテムにも、ブルックリンスタイルを決定づける選び方のコツがあります。では、具体的に何をどうやって使えばよいのでしょうか。ここからは、ブルックリンスタイルに欠かせないアイテムと、使い方のコツをご紹介していきます。

壁紙

ブルックリンスタイルは、古いアパートや工場などの無機質な雰囲気が特徴です。そのため、シャビーでヴィンテージ感のあるアイテムを用いることで、効果的にブルックリンスタイルを演出することができます。
壁紙を選ぶ場合、キーワードになるのは「いかに無骨であるか」ということです。
とくにブルックリンテイストに欠かせないのが「レンガ」の存在。アートの街ブルックリンを象徴するようなデザインです。また、同じように無機質なテイストとしてオススメなのが「コンクリート打ちっぱなし」や「サブウェイスタイル」のプリント壁紙。色味はグレーやくすんだエンジ色のような、オールドファッションなカラーを採用してみてください。壁紙をこれらのデザインに変えるだけで、部屋の雰囲気が一気にブルックリンスタイルに変わります。壁全面に使用すれば、まるでアメリカにいるような広がりある異空間が実現。一面のみにピンポイントで使用しても、メリハリのあるブルックリンスタイルになるので魅力的です。

家具

ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア
ブルックリンスタイルの家具といえば、古っぽいレザー感と黒アイアンのアイテムが欠かせません。レザーのヴィンテージ感と黒アイアンのシンプルさが組み合わさることで、理想的なブルックリンスタイルが叶います。
ソファはできるだけ彩度の低い落ち着いたカラーをチョイス。そうすることで、部屋全体の明度が下がり、無機質感をさらに強調してくれます。できれば、くすみや色ムラの強い暗めのカラーがよいでしょう。レザーの質感も、あえてピカピカの新品ではなく、アンティークっぽさの強いタイプを選ぶのがオススメです。
そのほかの家具としては、濃い茶色のニスやステインが塗られたむき出しの木目テーブルや棚も、ブルックリンスタイルには欲しいアイテムです。無骨な木の風合いが、アートでスタイリッシュな雰囲気を作ってくれます。その際、金具は黒で統一するのがオススメです。細かいパーツの色にも意識を向けることで、全体にまとまりが生まれます。画像はInstagramで見つけた@only_you_homeさんの投稿からピックアップ。

小物

ブルックリンスタイルに欠かせない小物といえば、ズバリ「英字」です。フォトフレームに英字新聞をはさんでディスプレイしたり、カフェのメニューのようにブラックボードに白で英字をペイントしたりなど、部屋の随所にアルファベットを取り入れることで、さりげない「ブルックリン風」が仕上がります。
また、無機質な部屋にあえてグリーンを取り入れるのも効果的。それも、いかにもおおざっぱな状態で設置するのが、オシャレ感を演出するコツです。さっぱりした室内に少しばかりの温もりが足されることで、メリハリが生まれます。その際、カラフルな花を用いると一気に明るいイメージがアップして、ブルックリンスタイルから離れてしまうため、あくまでエアプランツなどにとどめておくことがポイントです。
黒のワイヤーフレームを活用するのも手です。小物を引っかけるのにも便利なうえ、ワイヤーフレームそのものがブルックリンテイストと相性がいいので、見た目も使い勝手も良好なアイテムとして使えるでしょう。

照明

ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア
照明のチョイスでポイントになってくるのも、色味とアンティーク感です。
黒のフレームに電球が付いているタイプや、アイアンペンダント・ライトといった無骨なデザインの照明がぴったりです。「むき出し感」がブルックリンの雰囲気をさらに味わい深くしてくれます。またシーリング・ファン付きの電球には、天井を高く見せてくれる視覚的な効果があるのに加え、深いアンティーク感を演出してくれるので、リビングの天井などに最適です。ブルックリン風をさらに求めるなら、照明の種類はできれば温かみのある電球色をチョイスしたいところ。照明の傘の部分は、黒またはシャビーゴールドのものを選ぶのがオススメです。画像はInstagramで見つけた@ ichi976.craftworksさんの投稿からピックアップ。

お部屋作りを楽しもう!ブルックリンスタイル壁紙の参考実例

ここからは、壁紙を用いてブルックリンスタイルを自宅で上手に再現するコツをご紹介していきます。DIYやアレンジをする際の参考にしてみてください。

コンクリート柄壁紙でガレージ感が魅力のブルックリン風に

画像はRoomClipで見つけたakiさんのコーディネートです。ブルックリンスタイルには欠かせない無骨感を演出するのに、コンクリート柄の壁紙は効果大。冷たくむき出しになったコンクリートの感じが、全体に表れています。古いアパートのガレージを改装したようなアーティスティックな雰囲気がポイント。室内全体のコンセプトが、一気にこれで決まります。

ブルックリンスタイルと言ったらレンガ柄の壁紙!

同じくRoomClipで見つけたLACROWAさんのアイデアです。賃貸マンションの一室にレンガの壁紙を貼るだけで、一気に空間をブルックリンテイストに。アイアンのペンダントライトや黒い間仕切りカーテンなど、ダークカラーの小物と組み合わせるとスタイリッシュでオシャレな雰囲気にグレードアップ!
「レンガ×ブラックボード×白アルファベット」の組み合わせで、完璧なブルックリンスタイルが完成します。

ブルックリンスタイルな壁紙で壁面収納をもっとオシャレに

ブルックリンスタイルは壁紙で作る!オシャレ&カッコいいお部屋のアイデア
ブルックリンスタイルの壁紙を用いることで、キッチン周りの収納も一気にオシャレに変身!収納には、ウッドテイストを取り入れてヴィンテージ感をアップさせています。
全体的にダークカラーでまとまっているので、落ち着いたブルックリンスタイルが実現。小物にもエアプランツを用いるなど、全体にブルックリンらしさをさりげなく散りばめる工夫がされています。画像はInstagramで見つけた@ and_a_plusさんの投稿からピックアップ。

アクセントクロスを貼って存在感を出す

画像はhouzzに掲載されているElaine Musiwaさんの事例。いくつかの壁のうち、一面だけアクセントクロスを用いるのも効果的な方法です。ブルックリンテイストでダーク&シャビーなカラーが多い中、濃いネイビーはインパクトカラーとして映える色。それでいてブルックリンスタイルのアンティーク感を損なわないので、かなり使えます。そこだけギュっと引き締まったイメージとなり、部屋に清潔感が生まれるでしょう。いわゆるコアなブルックリンスタイルに、スタイリッシュさもプラスしたい、という人にオススメです。

男前リビングにオススメのブルックリンスタイル壁紙

ブルックリンスタイルな「男前リビング」に欠かせない要素といえば、やっぱりレンガ。白いリビングの壁の一部に取り入れるだけで、グッとブルックリンスタイルらしくなります。プリントがきれいに整っているものより、色味にムラがあるものの方が男前な雰囲気を表現できるでしょう。レンガ壁紙は人気があり、100円ショップでも大抵の種類が揃っているため、気軽に購入できるのが嬉しいポイントです。また、レンガ壁紙にはクッション壁紙のものも多いので、アクセントに最適です。壁の下部分だけ、玄関の壁の一部分だけ、といったように部分的に活用してみるのもありでしょう。画像はRoomClipで見つけたRACROWAさんのアイデアです。

一部分だけでも、壁紙をうまく取り入れることで、簡単にカッコいいブルックリンスタイルのお部屋は手に入ります。ぜひこの記事も参考にしながら、ご自宅のDIYに取り組んでみてはいかがでしょうか。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載