一枚革のエプロンをDIY

公開日 2015.09.25

更新日 2017.05.13

一枚革のエプロンをDIY

かっこいいエプロンが欲しいけれど、なかなか理想のものに出会えない方、いませんか?

そんな方におすすめなのが、「本革1枚で作るエプロン」

大きな本革1枚をそのままエプロンにしてしまうという、豪快な男性向けのエプロンです。

本革は特殊なミシンでしか縫えないように思われがちですが、薄めに加工してあるやわらかめの革なら、もちろん家庭用ミシンで縫うことができます。

お気に入りの質感の1枚革を探して、そのままエプロンにしてしまうなんて、なんともワイルドで贅沢!

そんなことができてしまうのも、まさにDIYならではの魅力ですね。

さて、早速DIYしてみましょう!

 

■材料と道具

・本革1枚(薄手で適度なハリのあるもの)

・15mm幅のテープ(ナチュラルな革素材に合う、綿や麻素材のもの)

・糸

・裁ちばさみ

 

■作り方

 

STEP 1

型紙のとおりに革を裁断します。このとき、エプロンの裾になる部分は、そのままの形を残せるように裁断の位置を調整してください。 ポケットは好みのサイズにカットします。

 

 

STEP 2

縫い代のある5辺を2つ折りにして縫います。 一番上にくる首下の部分は、最後に縫ってください。

 

STEP 3

ループ部分になる革(テープ)をカットします。

 

STEP 4

STEP3でカットした革をループにして、テープつけ位置に縫い付けます。

 

STEP 5

ポケットを好みの位置に縫い付けます。

 

STEP 6

テープを、ループにして縫い付けた革に結び付けます。あえてテープの端処理はせず、ワイルド感を出しています。テープの先になるほうは、玉結びにします。首にかかるテープは、右側を革のループに結びつけ、左側は革のループに通して玉結びをして、ループから抜けないようにします。この玉結びの位置を変える事で、長さ調整ができるようになっています。

 

完成!!

 

かっこいい革のエプロンは、作業場にかけておくだけで絵になりますね!

1枚革そのものの素材を生かしきった、ワイルドなエプロンに仕上がりました。

こんなエプロンをつけてDIYをしていたら、それだけでテンションが上がること間違いなしの1品です。

縫う部分が少ないので、初心者でも簡単に作ることができます。

自分の気に入った1点ものの革を探して作ってみてくださいね!

(生地の縫製や裁断のときに怪我などをしないよう、気をつけて行ってください。)

◼︎ACO

ファミリーフォトグラファー、1児の母。
ママのためのハンドメイドウェブマガジン、イベント主催。ママの育児情報サイトで写真撮影、キャンプについての記事も連載中。育児の傍ら、家族の生活雑貨、洋裁、石鹸作り、ベランダガーデン、ファミリー キャンプなど、家族の趣味や生活全般に関するものをDIYしている。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載