レザーグリップをDIY!縫わない&金具不使用で簡単!

レザーを縫うのは初心者にはハードルが高い…。そんな方にもオススメの方法を海外のアウトドアメディアで発見したので、ご紹介します!

公開日 2016.09.27

更新日 2019.12.27

レザーグリップをDIY!縫わない&金具不使用で簡単!

DIYツールやアウトドアギアにレザーのグリップを装着しているの、あれかっこいいですよね!ただ、レザーを縫うのは初心者にはハードルが高い…。そんな方にもオススメの方法を海外のアウトドアメディアで発見したので、ご紹介します!

 

材料と道具

■お好みのレザー(薄すぎたり、柔らかすぎないもの)

■定規

■鉛筆

■レザーパンチ(穴を開ける道具)

■ハサミ

■マスキングテープ

 

以上。針も糸も金具もいりません。

 

レザーパンチは、持ち手の部分がペンチやニッパーのようになっていて握って開けるタイプ(800円くらい〜)と、筒状のものをハンマーで叩いて開けるポンチとも呼ばれるタイプ(100 均でも見かけます)がありますが、お好みで。

 

作り方

作り始める前に、まずは構造をご説明します(その理由は後ほど)。

 

STEP.01

左右の端から1cmほどのところに鉛筆でラインを引き、穴を開ける位置に十字に印をつけます。位置のポイントは3つ。

(1)片側の両端が半円以下になるように。

(2)印と印の間は穴の直径よりやや広めに。

(3)左右の丸の位置は互い違いになるように。

位置を決めたら、印に沿ってパンチで穴を開けていきます。

via:http://www.primitivearcher.com/

STEP.02

穴の真ん中から、写真のように切れ目を入れます。片方の端は斜めに角を落とし、もう片方は両端を矢印型にカット。

via:http://www.primitivearcher.com/

STEP.03

矢印型にカットした部分から順に、切れ目を入れた部分を組んでいきます。

via:http://www.primitivearcher.com/

via:http://www.primitivearcher.com/

STEP.04

最後まで編んだら完了!お好みでエッジをサンディングしたり、オイルを塗ったりしても。

via:http://www.primitivearcher.com/

さて、ここで問題になるのは、緩まないようにぴったりサイズに作るには?という点。

 

一番確実なのは、実際に使うレザーを2枚小さくカットし、練習がてら作ってみて、それを使って測る、という方法なんです。

 

via:http://www.primitivearcher.com/

1(左上)小さくカットした2枚のレザーを、先ほどの要領で一枚にします。

2(右上)実際に装着する部分にぴちっと巻いて、マスキングテープで足りない分をつなぎます。

3(左下)組んでいた部分をほどいてハンドルから外し、

4(右下)レザーの長さを決めます。

 

これで、サイジングもバッチリなレザーグリップが作れます!お気に入りのギアをより使いやすく、かっこよく、DIYでカスタムしてみませんか?

レザークラフトでアウトドアをもっと楽しく

レザーグリップをDIY!縫わない&金具不使用で簡単!
針も糸も金具も使わずに、しかもかっこいいレザーグリップを作る方法をご紹介してきました。天然皮革を使用するレザークラフトでは、ほとんどの場合、糸や革ひもを縫ったり編み込んだりして作品を仕上げます。糸や革ひもには「締め込み」や「固定」という役割と同時にデザインを「引き締める」という大切な役割もあります。ボタンやスタッド(鋲)などの金具も同様です。そのため、これらを何も使わずに締め込みや固定をすることは、けっこう画期的なことなんです!今回はもう一例、レザークラフトで作るグリップ(ハンドルカバー)をご紹介します。こちらも縫う必要がなく、アイデアあふれる作品ですよ!

レザークラフトで作る小物・シェラカップのハンドル

ドリンクを入れたり調理に使ったりと用途の多いシェラカップですが、時にはハンドルが熱くなってしまうことも。そこで、レザーを使ってハンドルカバーを作ったのがゆうさん。型紙からレザーを切り出したら、あとはハンドルに巻き付けるように編み込んでいくだけで完成です。こちらはゆうさんのアイデアです。ゆうさんは、ご自身で運営しているブログ「Greyscat」にて型紙を公開しているので、ぜひ参考にしてください。

巻き方簡単!グリップテープでお手軽DIY

いくらレザーを縫う必要がなくても、レザークラフトはちょっとハードルが高い、という人もいらっしゃるのでは?そんな「ちょっと自信がないな…」という人のためにとっておきのアイデアがあります。シンプルにグリップテープを使用する方法です。

スポーツ用品のミズノには、実はワークウェアや工具、関連用品を扱う部門があることをご存知でしょうか?このミズノのワーキング部門と、アウトドアブランドのMikanとのコラボにより生まれたハンマーグリップテープは、ポリウレタン製ながらも、レザー感のある見た目がアウトドアの雰囲気を盛り上げてくれるお役立ちアイテム。巻き方も簡単で、ハンマーのグリップエンドからテンションをかけつつ、少し重ねながら、らせん状に巻いていくだけ。付属のテープで巻き始めと巻き終わり部分を固定すれば、あっという間にレザー風グリップの完成です。邪道と言われてしまうかもしれませんが、グリップテープはバーベキューやキャンプ用ツールのハンドルが壊れてしまった場合にも応急処置として使えますよ。

近年は、レザークラフトの初心者向けワークショップや、専門的な技術が学べる講座も増えています。レザーはアウトドアの雰囲気を盛り上げてくれるアイテム。レザークラフトを少しずつマスターして、既製品にはない、使うほどに味わいの深まるアウトドア小物を作ってみませんか?

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク