レザーカバーをDIYしてより渋いスキットルに

公開日 2016.01.08

更新日 2017.04.05

レザーカバーをDIYしてより渋いスキットルに

アウトドアブームの昨今、スキットルやウイスキーボトルをバックパックに忍ばせている人が多いのでは? 裸のままでもアメリカンムードが漂ってクールですが、レザーでひと工夫すれば一層ネイティブにキマります。ショート&イージーなデコラ術を身につけましょう!

 

材料と道具

■愛用のスキットルやボトル

■ボトルを余裕持って一周できるだけの薄めの革

■3×5㎝ほどの革端切れ

■はさみ

■待ち針

■ミシン

 

 

作り方

STEP. 1

レザーでスキットルやボトルをキツめに包み、待ち針によってしっかり固定。もし寸足らずの革しかないなら、2枚でサンドして両サイドを留めましょう。

 

 

STEP. 2

ミシンを使ってソーイング。ワイルドに仕上げたいなら手縫いにチャレンジを。縫い終わったら完成です。

 

 

革の端切れを取り付けると、ベルトへ装着できるようになってとても便利に。

 

 

あえて縫いしろを広くとり、ステッチ部分が強調されるよう計算するのもアリ。よりウエスタンな雰囲気を醸し出せます。応用次第では縫わずにレースアップすることだって可能です。切り抜いて飾りを作ったり、さまざまな種類のレザーを使ったり、自分らしいデコレーションに挑戦してください。

 

via:http://www.poppytalk.com/2014/06/diy-leather-flask-cover.html

 

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク