コールマンのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

アウトドア用のテーブルを購入したいけれど、種類がありすぎて選べない……!とお困りの方はいませんか?迷っているなら、アウトドアブランドの王道「Coleman(コールマン)」がおすすめです。豊富なラインナップの中から、編集部イチオシの20選をご紹介します。

公開日 2018.10.04

更新日 2018.10.18

コールマンのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

種類豊富なアウトドア用のテーブル。サイズや素材、性能、価格帯はブランドによって変わってくるものです。そんな中、今回ぜひおすすめしたいブランドが「Coleman(コールマン)」!

アメリカオクラホマ州で生まれた「Coleman(コールマン)」は、キャンパーでなくても、誰もが知っているアウトドアブランドではないでしょうか。ビギナーでも安心な使い勝手の良さと、デザインの幅広さに定評があります。

もちろん、アウトドア用のテーブルも種類豊富に取り揃えられています。今回は、大人数用のテーブル、コンパクトなテーブル、食事を楽しむテーブルの3つのカテゴリに分けて、20種類ものアイテムをピックアップ。自分のアウトドアスタイルに合うアイテムを、探してみてください!

ファミリーや友達と使いたい!大人数用テーブル

4~6名でも広々使えるような、大きいサイズのテーブルはこちらです。大は小を兼ねる! とも言うので、まだアウトドア用テーブルを持っていないという人なら、まずはこの中から選んでみてはいかがでしょうか。

ナチュラルモザイクリビングテーブル

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

ウッドテイストでありながらも、華やかなモザイク柄が魅力的。天板は、抗菌作用のある素材を使っているので、小さいお子様がいるキャンプでも安心して使えます。40cmと70cmの2段階に高さを調節できて便利です。

ナチュラルウッドロールテーブル

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

コンパクトに収納できる、ロール式のテーブルです。天板をくるくると丸められるので、持ち運びが楽ちん。耐荷重量は約30kgなので、他のテーブルにも引けを取りません。高さは40cmと70cmに調整可能。様々なアウトドアシーンで活躍しそうな一台です。

ILリビングテーブル/120プラス モザイクウッド

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

Colemanとグラフィカルなデザインが特徴的な「Monro(モンロ)」のコラボレーションによって誕生したレーベル「INDIGO LABEL(インディゴレーベル)」のテーブルです。紫がかった天板に、ブロンズカラーのフレームがよく似合っていますね。他に見ない珍しいデザインなので、キャンプサイトでも注目を集めそうです。

イージーロール2ステージテーブル

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

設営・収納がとっても簡単なロール式テーブルです。シンプルイズベストを体現している外見も魅力的!すべてアルミニウム素材なので、汚れが付いてもさっと拭き取れて、長く綺麗に使えます。天板がズレない設計になっているので、複数人で食事をしても安心ですね。

ナチュラルモザイクファミリーリビングセット

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

ベンチがセットになっているテーブルです。中央にパラソルを差せるので、海辺のバーベキューなどにもおすすめ。天板の内側にベンチを入れて畳むので、コンパクトに収納できます。持ち手もついていて、持ち運びが簡単。車の中でも、スペースを取りません。

ナチュラルモザイクピクニックセット

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

先にご紹介したものより、ひと回り小さなサイズがこちらです。基本は2名ですが、椅子を追加すれば4名程で使用できます。高さは40cmと低めなので、ロースタイルのキャンプにはこちらがおすすめ。スツールは小さいながらも、約80kgまで耐えることができますよ。

コールマン ピクニックテーブルセット

Colemanのテーブルは、アウトドアシーンで間違いない!<おすすめ20選>

こちらも、ベンチシート付きの便利なセットです。先ほどご紹介したものとは反対に、ベンチの中に、テーブルを収納できます。重量は12.2kgと重めですが、丈夫な持ち手がついているので、比較的持ち運びは簡単です。座面に入ったColemanのロゴも格好いいですね!

81件中1 - 30件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!